テクニクスのターンテーブル「SL-1200」新作が発売か? イベント「Technics7th」に登場との噂

現地時間1月7日に世界配信されるアメリカでのイベントにて"ターンテーブルの名器"の新作発表か?
SHARE
2019.01.07 04:00

ターンテーブルの名器として知られるテクニクスの「SL-1200」シリーズの最新作が発表されるかもしれないという噂に注目が集まっている。  


グローバルイベント「Technics7th」にて最新版「SL-1200」発表か?  

テクニクスは、現地時間1月7日にアメリカ・ラスベガスのBellagio Hotel内にあるClub Hydeでイベント「Technics7th」を開催することを発表。イベントではそのSL-1200シリーズにフォーカスし、同シリーズの愛用者で、世界で活躍するトップクラスのDJである去年末から来日ツアーを行なっていたDerrick Mayのほか、Kenny Dope、Cut Chemist、DJ Kocoらが出演することが決定している。




イベントは日本時間1月8日13時~16時の間に日本のDOMMUNEでも配信が予定されているのだが、現在、ネット上では「SL-1200」シリーズの最新版となる「SL-1200 MK-7」が発表されるのでは? との見方もある。その理由は先述のイベント名にもある”7”という数字だ。 テクニクスの「SL-1200 MK-6」は、2007年に販売されており、その後、高額すぎるハイエンドオーディオファン向けのSL-1200が発売されるまでシリーズとしてのリリースはなかった。そのことから、DJ向けのクラブ仕様SL-1200の発売がファンの間では待望されており、今回、SL-1200をこよなく愛する有名DJたちを集めて行うイベントだけあって、SL-1200 MK-7が発売が発表されるのでは? という噂のきっかけになっている。




SL-1200 MK-7の発売が発表されるかに注目  


なお、テクニクスやその親会社であるパナソニックは現在までに正式にSL-1200 MK-7が発売されることについての言及は行なっていない。またテクニクスのクリエイティブ・ディレクターは、2017年にNew York Timesのインタビューで、クラブ向けも良いが、もっと一般のオーディオファン向けにSL-1200を販売したいと語っていたことから、今回の噂はその当時の同社の方針に反することになるという指摘も。 


クラブミュージックのファンとしてはハイエンド向けも良いが、従来のクラブ、DJ向けSL-1200シリーズと同価格帯の最新版リリースにやはり期待してしまう。果たして噂されているとおり、テクニクスからSL-1200 MK-7の発売はあるのか? まずは明日の「Technics7th」配信に注目したい。 


written by Jun Fukunaga

source:

https://mixmag.net/read/technics-rumored-to-unveil-new-sl-1200-dj-turntable-this-month-news

http://www.dommune.com/reserve/2019/0108/


photo: Dydric




SHARE