ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    レビュー|TAEYOの新フェーズを予感させる夏のアンセム「OMW feat. 藤田織也」

    2022/06/30 (Thu) 19:00
    BsideNews

    20歳の注目R&Bシンガー藤田織也を迎え、グラミーノミネーターのstarRoがプロデュースした新曲「OMW」の魅力を紐解く。

    この記事をシェア

    ヒップホップを軸にジャンルを突き破り進み続けるアーティスト、TAEYOがメジャー1stアルバム『Pale Blue Dot』から約9か月ぶりのリリースとなるニューシングル「OMW」を配信リリースした。

    フィーチャリングには20歳のR&Bシンガー藤田織也を招き、トラックプロデュースはグラミー賞のノミネート経験もあるプロデューサーstarRoが担当。三者三様の持ち味を発揮しつつ新たな扉を開いた最新作「OMW」の魅力を紐解いていこう。

    夏の始まりと共に新しいフェーズを予感させるTAEYOの新曲「OMW」

    2015年、SoundCloudにアップした音源が注目を集めたことからTaeyoung Boy(テヤンボーイ)として本格的に活動を開始。天性のスキルとタレント性でアンダーグラウンドシーンでの存在感を高め、2020年にはTAEYO名義でEP『ORANGE』を引っさげメジャーデビュー、大きな話題を呼んだ。

    2021年にはメジャー1stアルバムとなる『Pale Blue Dot』をリリース。今の日本のヒップホップシーンを牽引する豪華客演アーティストとプロデューサーが参加したことはもちろん、楽曲のクオリティの高さ、音楽性の幅広さは期待を大きく上回るもので、ヒップホップヘッズだけでなく様々な音楽リスナーの耳を刺激した。

    毎度リスナーの予想を飛び越えてくるTAEYOが2022年の夏、9ヶ月ぶりにリリースするのが本作「OMW」だ。“On My Way”=“道の途中”を意味するタイトルの通り、暑い夏とともにTAEYOの新たなシーズンがスタートすることを予感させる、疾走感にあふれた楽曲に仕上がっている。

    フィーチャリングに参加した藤田織也は、20歳ながら儚さと強さ、セクシーさと優しさが共存する歌声を持ち、今後の活躍が期待されるSpotifyの「Early Noise」にも選出された注目のR&Bシンガーだ。TAEYOとはTaeyoung Boy名義で活動していたインディーズ時代に「FUTURE」という楽曲でもコラボ経験があり、古くからのファンは2人の再タッグに歓喜したことだろう。

    「OMW」は“TOKIOの街ぶっ飛ぶ飛行機 ノリを変える俺ら未来人”というTAEYOのバースからスタートする。初っ端から、これからの音楽シーンを引っ張っていこうとする気持ちが感じられる、テンション高めのリリックだ。

    藤田織也の歌う“電撃的東京 Came straight from the bottom”はコンクリートジャングルである東京でサバイブする彼らの強い意思表示としても受け取れる。英語も堪能な藤田織也ならではの、日本語と混ぜた自然なライミングも耳に心地よい。

    疾走感のあるバースからフックでのドラマチックな上ネタの展開。思わず体が揺れてしまうサウンドはさすがのstarRoクオリティだ。フックに入る直前に音が抜かれ、“I'll be on my way”というリリックを際立たせる。サウンドにおけるハイライトは楽曲後半のブリッジにあると言えるだろう。フックよりもさらに複雑に音が入り乱れ、都会の喧騒を想起させるサウンドの上で、“足絡まるけどまだtry”とTAEYOが歌う。

    この2年間、世界的な混乱の中で人々は不安と向き合いながら手探りで歩を進めてきた。暗闇の中でも歩みを止めずにいられたのは、いつも私達の近くにあった音楽のおかげだと感じている人も少なからずいるはずだ。日々変わりゆく情勢の中で、不安や焦りを感じていたのはアーティストたちも同じ。それでも“誰にどう言われたって 止まらない激しい衝動”“飛ぶ like a butterfly”と迷いを断ち切り、新しいフェーズへと進む意志を感じさせてくれるのが本作「OMW」の最大の魅力だろう。

    繰り返される“I'll be on my way Yah Yah Yah Yah”というフレーズから想像する、満員のクラブで皆がハンズアップして盛り上がる様子。完全に今まで通りとはいかなくとも、また会えたことを喜び合い、全身で音を浴びる多幸感を、私達は取り戻すことができたのだ。

    “I got wing”と、これから更に加速していくことを匂わせるTAEYO。これからどんな道を歩み、どんな音楽の扉を開けてくれるのだろう。きっと予想はできないだろうが、続く道の先はその名の通り、太陽が燦々と降り注いでいるに違いない。

    【リリース情報】

    OMWジャケ写
    TAEYO「OMW feat. 藤田織也」
    配信 : https://lnk.to/TAEYO_OMW
    2022年6月29日(水)配信

    TAEYO メジャー1stアルバム『Pale Blue Dot』
    配信:https://lnk.to/PALE_BLUE_DOT
    CD:https://physical.lnk.to/TAEYO1stAL

    トラックリスト

    1. ATTACK! feat. Ryugo Ishida (prod. starRo)
    2. LET'S GET IT!! (prod. starRo)
    3. NEW SEASON (prod. CELSIOR COUPE)
    4. NOBODY (prod. CELSIOR COUPE)
    5. ANRI (prod. Droittte)
    6. HOOD (prod. JiN)
    7. RIDE (prod. JiN)
    8. ALL FOR YOU (prod. CELSIOR COUPE)
    9. TOO MANY STARS feat. ShowyRENZO (prod. PULP K)
    10. KEEP IT COMING feat. Masato Hayashi (prod. starRo)
    11. CHO FIRE feat. JNKMN (prod. ES-PLANT&R.I.K (SHIMIZU BEATS))
    12. REALIZE feat. AJAH (prod. starRo)
    13. RUNNIN' (prod. CELSIOR COUPE)

    発売日: 2021年9月15日(水)
    商品形態: CD / 配信
    PCCA.06059 / 3,520円(税込)
    CD封入特典:オリジナルフレグランスカード

    TAEYO (タイヨウ) PROFILE

    TAEYO
    Taeyoung Boy(テヤンボーイ)として2015年、SoundCloudにラップ音源をアップしたところ、 予想以上の反響を受けたことから本格的に活動をスタート。 HIPHOPの枠を超えたリリックとラッパーならぬメロディーセンスでネット上でファンを一気に獲得する。 また音楽だけに留まらず、ファッション+カルチャー面で大きな指示を得ており、 モデルやレセプションでの稼働、アパレルブランドとのコラボなど、 ファッション業界からの期待値も高まっている。
    2020年5月、TAEYOに名義変更しメジャーデビューすると同年にChaki Zulu、BACHLOGIC、CELSIOR COUPEをプロデューサーに迎えたEP『ORANGE』を発表。 2021年9月にはメジャー1stアルバムとなる『Pale Blue Dot』をリリースした。

    ■公式サイト
    https://taeyo.jp
    ■各DSPアーティストリンク
    https://lnk.to/TAEYO
    ■Instagram
    https://www.instagram.com/kidtizzle/
    ■Twitter
    https://twitter.com/kidtizzle_
    https://twitter.com/InfoTaeyo
    ■YouTube
    https://www.youtube.com/channel/UC9cwB90G5R_xcgVBPC_d5Rg
    ■WREP
    https://wrep.jp/

    藤田織也 PROFILE

    KenyaFujita_artist1
    儚さと強さ、セクシーさと優しさが共存する天性の歌声を持つ20歳のシンガー。
    幼少期からブラックミュージックに触れ合う環境で育ち、JUJUと武道館ライブで共演、その後の様々なメディアへの露出、12歳からの3年半に渡る渡米、そして渡米中のアポロシアターアマチュアナイトでのWeekly No.1獲得など、数々の輝かしいキャリアを持つ。
    帰国後にグループ“Bleecker Chrome”を結成し、2019年にリリースした1st EP「Born Again」はHIPHOP/R&Bシーンで高い評価を得て、東京と大阪でワンマンライブも開催。
    2020年からソロ活動を本格始動し、2021年1月に1st single「ALL MINE」、9月に2nd single「MIRROR」をリリース!!
    またTOYOTAとのタイアップsingle「SIGN」のリリースや、D.LEAGUE avex ROYALBRATS「So Free」のリリースなどでも話題に。
    ソロやグループとして、AK-69「Next to you」、PETZ「Never Stop(prod.VLOT&ChakiZulu)」「Endless Rage」、tokyovitamin「FAME」などにも客演参加。
    2022年にはグループとして 1st Album「SEVEN THIRTY ONE」をリリース。
    Spotify Early Noiseにも選出されるなど、シーン最注目の存在である。

    関連タグを見る:

    この記事をシェア

    あわせて読みたい

    関連する番組はこちら

    08/15 UPDATE
    TOKYO's NO.1 HIP HOP RADIO
    Yanatake渡辺志保

    注目の新レーベルSELF MADE”初のコンピAL「We Made It」大特集!KOWICHI, Candeeが生出演!
    夏のビッグタイトル連発!最新USヒップホップ情報

    2022/08/15 22:00
    |
    60 min
    08/12 UPDATE
    世界中から集めた最新チューンをどこよりも早く紹介
    ☆Taku TakahashiTJO

    今回は久々にスタジオから通常生放送✨
    国内外の新譜を沢山紹介します🎤
    大好評のコーナーSample this のコーナも🔥

    2022/08/12 21:00
    |
    60 min

    TOP NEWS

    08/15 UPDATE
    TOKYO's NO.1 HIP HOP RADIO
    Yanatake渡辺志保

    注目の新レーベルSELF MADE”初のコンピAL「We Made It」大特集!KOWICHI, Candeeが生出演!
    夏のビッグタイトル連発!最新USヒップホップ情報

    2022/08/15 22:00
    |
    60 min
    08/15 UPDATE
    カワムラユキがお送りするチルアウトプログラム
    カワムラユキ

    shibuya OIRAN chill out Radio エピソード39。今回はゲストにAmps(@DJ_Amps)をお迎えし2000 Balearic Trance 特集をお送りします!

    2022/08/15 21:00
    |
    60 min
    08/15 UPDATE
    MA55IVE THE RAMPAGEの今をイチ早くキャッチ
    THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

    今回はLIKIYA,山本彰吾,浦川翔平が登場!ランドプ・マンスリー・ピックアップではEminemを特集🔥
    さらにiScreamから届いたコメント、楽曲もオンエアします📻

    2022/08/15 20:00
    |
    60 min