ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    Richie Hawtinがエレクトロニックミュージックの博士号取得に向けた奨学金プログラムを開始!

    2023/01/24 (Tue) 22:30
    Jun Fukunaga
    Richie Hawtin Facebook

    奨学金プログラムに合格した学生にはRichie Hawtinによる個別指導も行われる予定だ。

    この記事をシェア

    テクノシーンのベテランプロデューサー/DJのRichie Hawtinが、イギリスのハダースフィールド大学の学生を対象にした、エレクトロニックミュージックの博士号取得に向けた奨学金プログラム「Richie Hawtin PhD Scholarship in Electronic Music, Cultures and Production」を立ち上げたことを発表した。

    学生がエレクトロニックミュージックの分野でキャリアを築くことを支援する奨学金

    この奨学金プログラムは、エレクトロニックミュージックの文化やサブカルチャー、クラビング、レイヴ、音と社会の関係を研究する学問、民族誌学、オーディエンス、ビジネスとマーケティング、法的側面などのトピックを研究する機会を提供し、学生がエレクトロニックミュージックの分野でキャリアを築くことを支援するもの。

    合格者は、本コースの授業料が全額免除される。また、学費免除に加え年間1万7668ポンド(約280万円)の奨学金が支給される2つの奨学金プログラム「Creative Music Production Scholarship」や「Nitin Sawhney Scholarship in Popular Music」への参加も自動的に検討されることになる。

    合格者にはRichie Hawtinによる個別指導も行われる予定

    プレスリリースによると、3年間の博士課程を通じて、Richie Hawtin自身がハダースフィールド大学の「世界的に有名なスタッフ」とともに個別指導のサポートを行う予定もあるとのこと。ハダースフィールドのキャンパスにはレコーディングスタジオが20施設以上あり、いずれも最高級のハードウェア、ソフトウェア、プラグインを備えている。またハダースフィールド大学の音楽部門は、音楽研究においてイギリスで5位にランクされており、QS世界大学ランキングでは25位にランクインしている。

    Richie Hawtinは2015年にハダースフィールド大学から、“エレクトロ・ミュージックシーンにおけるリーダーシップ(統率)とミュージック・テクノロジーにおける探究と教育”の分野において名誉博士号を授与されている。

    今回の奨学金プログラム立ち上げについて、「ハダースフィールド大学との関係を継続し、その博士課程奨学金プログラムに参加できることを光栄に思う」とRichie Hawtinはコメント。

    また「過去30年にわたり関わってきたテクノカルチャーの多くの分野について、自分の経験と見識を提供することを望んでいる。学生がこの業界の過去と内部構造を探求し、現代の視点から新しい批評的分析を提供する手助けしたい」と述べている。

    なお、「Richie Hawtin PhD Scholarship in Electronic Music, Cultures and Production」の奨学生として選ばれるの学生は1名のみ。応募は2023年2月10日までとなり、2023年9月から開始される予定だ。

    関連タグを見る:

    この記事をシェア