電子音楽&デジタルアートの祭典「MUTEK.JP」、今年はリアルとオンラインで開催決定!

第一弾ラインナップでは真鍋大度、Kyoka、AOKI takamasaとFumitake TamuraによるNeutralらの出演が発表されている。
SHARE
2020.11.12 05:00

今年で5周年を迎える電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP」が、12月9日(水)〜13日(日)の5日間に渡り、リアルとオンラインを組み合わせたハイブリッドなフェスティバルとして開催されることが決定した。



リアルとオンラインの2軸で最先端ライブパフォーマンスを体験できるイベントに!  


今回の開催にあたり、「MUTEK.JP」は、「世界規模でこれまでの日常を一変させてしまったコロナ禍において、今年もフェスティバルの開催を決心するまで、さまざまな懸念や想いがありましたが、コロナ禍の今こそ「MUTEK」は新鋭気鋭なアーティストコミュニティのサポート、日本の文化芸術振興のため、新しい発想と表現を追求する音楽/デジタルアート/メディア芸術の革新的コンテンツプログラムを安心安全にお届けしたいと考えました」とコメント。 


そういった背景から「MUTEK.JP 2020」の最先端ライブパフォーマンスを体験できるリアルイベントは、12月10日(木)〜12日(土)に各日150名の限定人数で昨年も会場のひとつになっていた「渋谷ストリーム ホール」にて実施されることが決定。新型コロナウイルス感染拡大防止対策を会場ガイドラインに基づいてイベントを行う。



リアルイベント第1弾出演ラインナップが発表  


日本や世界各国の素晴らしいアーティストたちのパフォーマンスを世界中に届けるオンラインイベントは12月9日(水)〜13日(日)の5日間に渡ってMUTEKヴァーチャルプラットフォームから配信されるが、開催発表と同時に先述のリアルイベント第1弾出演ラインナップも明らかになったばかり。  


12日10日(木)は革新的かつ先進的なオーディオビジュアル・パフォーマンスに焦点を当てたプログラム「A/Visions」が開催される。 


この日は、アンドロイドロボットのオルタ3と能楽師によるプロジェクト「傀儡神楽 ALTER the android KAGURA」(株式会社ミクシィの特別協賛プログラム)による一夜限りのパフォーマンスとNYの老舗アンビエントレーベル“12k”からリリースを重ねる音楽家Corey Fullerと彼が結成したBreak Ensemble(波多野敦子[Viola] / 須原杏[Violin] / 一ノ瀬響[Piano] / 千葉広樹[Contrabass])によるエレクトロニクスと生楽器が織りなすライブとメディアアーティストの山本信一がビジュアルでコラボレートするパフォーマンスがラインナップされている。



続く、12月11日(金)&12日(土)の2日間はエレクトロニックミュージック、デジタルアート、テクノロジーの交差点を探求した実験的ライブパフォーマンスを紹介するプログラム「Nocturne」を開催。 


11日(金)は真鍋大度が今年のSónar+Dで発表したレクチャーパフォーマンス作品のアップデートバージョンを披露するほか、ベルリン拠点のプロデューサーKyokaとメディアアーティストShohei Fujimotoによるレーザーを用いたオーディオビジュアル・パフォーマンスや“Shrine.jp”や“Project Mooncircle”からリリースする関西拠点のプロデューサーKafukaと、プログラマーのKezzadrixによるオーディオビジュアル・パフォーマンスも披露される。



12日(土)はピアニストEiichi Sawadoとライブペインティング・アーティストAkiko Nakayakaによるコラボレーションライブに加え、今年2枚の新作EPをリリースしたAOKI takamasaとFumitake Tamuraによるビートプロジェクト「Neutral」のライブパフォーマンスが届けられる。



上記の「渋谷ストリーム ホール」でのリアルイベントの模様は、MUTEKのヴァーチャルプラットフォームよりリアルタイムで配信され、国内の新進気鋭アーティストが一同に集い、日本が誇る芸術文化の魅力を東京から世界に向けて発信される。



オンラインイベントでは、「MUTEK.MX」とコラボ  


また、オンラインイベントでは、開催17回目を迎える「MUTEK.MX」(メキシコ)と「MUTEK.JP」(日本)のコラボーレションが決定。2つの都市で同時開催する「MUTEK」フェスティバルの模様が、ヴァーチャルプラットフォームより配信される。 


このように今回の「MUTEK.JP」では、「MUTEK」のグローバルネットワークを活用し、メキシコと東京がオンライン上でコラボレーションすることで、「MUTEK」が世界中で抱える30万人以上のファンに向け、アーティストパフォーマンス、カンファレンス、エキシビジョン、ワークショップなど様々なプログラムが発信される。 なお、オンラインイベントのラインナップ等は後日発表される予定。また、2020年11月末まで「MUTEK Montréal 2020」のアーカイヴ映像と音源の無料公開も行われる。 


【イベント情報】

名 称:MUTEK.JP 2020 Edition 5

日 程:2020年12月10日(木)〜12日(土)

会 場:渋谷ストリーム ホール


出 演:

傀儡神楽 ALTER the android KAGURA [JP]

Corey Fuller + Break Ensemble × Synichi Yamamoto [US+JP]

Daito Manabe [JP]

Eiichi Sawado & Akiko Nakayama [JP]

Kafuka & Kezzardrix [JP]

Kyoka & Shohei Fujimoto [JP]

Neutral (Fumitake Tamura + AOKI takamasa) [JP]

and more


料 金(各日150名限定):

12月10日(木)18:30 開場/19:00開演/21:00終演 [A/Visions] 4,000円

12月11日(金)18:00 開場/18:30開演/22:30終演 [Nocturne 1] 4,000円

12月12日(土)18:00 開場/18:30開演/22:30終演 [Nocturne 2] 4,000円


チケット購入:

https://tokyo.mutek.org/jp/tickets



<オンラインイベント>

名 称:MUTEK.MX + MUTEK.JP online

日 程:2020年12月9日(水)〜13日(日)

会 場:MUTEKヴァーチャルプラットフォーム

料 金:後日案内


主 催:一般社団法人MUTEK Japan

特別協賛:東急株式会社

オフィシャルサイト: https://tokyo.mutek.org/


written by Jun Fukunaga




SHARE