ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    Joy Orbison、ハイパーポップとクラシックなウォブルベースを取り入れた最新曲「2M3 2U」リリース!

    2022/11/21 (Mon) 19:00
    Joy Orbison Facebook

    2000年代UKダブステップ風ウォブルベースが今後の新たなベースミュージックシーンのトレンドに?

    この記事をシェア

    2000年後半にダブステップの名曲「Hyph Mngo」をリリースしたことで知られるJoy Orbisonが最新曲「2M3 2U」をリリースした。

    ハイパーポップにインスパイアされた4つ打ちのUKベース最新曲

    「2M3 2U」は、ハイパーポップにインスパイアされた4つ打ちのUKベース曲で、Joy Orbisonの人気曲「pinky ring」と同様のトーンで、活気がありながらも低音の効いた楽曲になっている。

    同曲について、Joy Orbisonは「この曲は、ハイパーポップをUK風にアレンジしたような曲だと思う。でも、少し低音が効いたヘビーさもあるんだ。ボーカルは『ブレードランナー』や『フィフス・エレメント』の文字化けした愛のメッセージのサンプルかもしれないし、メインのリフは若い頃にユースクラブ(主に10代の若者向けの余暇活動のための組織)のパーティーでかけていたDJ Narrowsのレコードを思い起こさせたんだ」と述べている。

    2000年代UKダブステップ風ウォブルベースの復権なるか?

    Joy Orbisonは、昨年、テクノ、ハウス、ドラムンベース、UKガラージなどからグライムやロック、パンクまで多様な分野にインスパイアされた初の長編作品となる14曲入りミックステープ『still slipping vol.1』をリリース。クラブサウンドのアンセムへの回帰を果たした彼の今夏の"ウォブル"なDJセットは、多くのレイバーたちにとって夏のサウンドトラックとして親しまれてきた。そんなJoy Orbisonは、最新曲でクラシックな00年代UKダブステップ風ウォブルベースを取り入れており、その要素について「面白いトップラインは最近の僕の世界では少し欠けているようで、現代のドラムンベースと彼らの最もキャッチーなウォブルの無限の探求に間違いなく影響を受けている」と述べている。

    今後、Joy Orbisonが最新曲で取り入れた2000年代UKダブステップ風ウォブルベースは、クラブシーンで復権することになるのだろうか? 今後のシーンの動向に注目していきたい。

    なお、Joy Orbisonは、今年10月にJorja Smithの「Rose Rouge」をUKファンキー風のビートで再構築したリミックスをリリースしている。未聴の人は最新曲とあわせてチェックしてほしい。

    関連タグを見る:

    この記事をシェア