YENTOWN/PRPRが集結。ユニークなソックスブランド『FUN』がPOPUP&PARTY開催

東京発のソックスブランド『FUN』が福岡、鹿児島でPOPUP&PARTYを行う。YENTOWNのkZmや『INF SOUND』のメンバー、MARZY、NABEWORKS、ISHIKAWAらPRPRが出演。
SHARE
2018.04.27 03:00

「LIFE WITH FUN」をコンセプトにMade in TOKYOにこだわったソックスブランド『FUN』が福岡・鹿児島でPOPUP&PARTYを開催する。『FUN』のソックスは履き心地はもちろん、パッケージ装丁まで手が込んでいるこだわりの逸品だ。柄が左右でみると違ったりとギミックも楽しい。タフなマインドとチルいユーモアを忘れない、ストリートキッズのための嗜み『FUN』の最新コレクションが九州に上陸。





昼はPOPUP、夜はPARTY。『FUN』が持つ二面性を表現したイベントが開催


「FUN」を手掛けているのはYENTOWN(エンタウン)、PROPER PEDIGREE(プロパーペディグリー以下:PRPR)のメンバーNABEWALKS(ナベワークス)だ。block.fmでもアイドル的存在感を発揮するMARZY(マージー)先日リミックス音源を発表したRyutaro Ishikawa(リュウタロウ・イシカワ)らと活動をともにし、block.fmのプログラム『INF SOUND』にも参加。デザイナー、DJとして活躍している。




kZm、MARZY、Ryutaro IshikawaらYENTOWN/PRPRメンバーも参加


『FUN』のソックスの特徴はプロダクトだけでなく、その売り方も魅力的。日本国内ではNUBIANなどセレクトショップでの取り扱いの他、NABEWALKS自身が「ツアー」と称しさまざまな土地へと赴き、土地の人々と交流する行商スタイルでの販売を創立当初より行っている。


今回のPOPUP&PARTYの舞台は九州。福岡のセレクトショップ Refgees、鹿児島のセレクトショップ Re’verthの全面協力のもと27,28日の2日間にわたり開催。夜のPARTYでは2日間ともにNABEWALKSとMARZY、2日目の鹿児島では「DIMENSION」が絶好調、孤高のDREAM CHASER kZmとPRPRの屋台骨Ryutaro Ishikawaが合流し、ゲスト参加。九州の夜を熱くする。













今期のテーマは『Gs Life』ストリートのチルな空気感を表現


今回のツアーは『FUN』の2018SSシーズンのコンセプト名をとって「Gs Life Tour」と題されている。せっかくなので『FUN』やデザインテーマについてNABEWALKSに話しを聞きコメントをもらった。


NABEWALKS今期の柄には狼とかバラ、割れたハートが落とし込まれています。仲間やチルな日常を表現したモチーフや言葉を取り入れました。最近チルっぽいインストの曲を結構掘っていて、それに影響を受けたのかもしれません。


『FUN』はDJ以外の自分を表現をする場所です、なぜソックスなのかというと、自分のブランドを何か始めてみようとしたときに、思いついたのがソックスだったんです。ソックスって身近にあるものだし、『LIFE WITH FUN』というブランドコンセプトは「楽しい」がいつも側にいたら最高かなと。


左右を履き替えることで見た目が変わるものや、今ままでに無かったスタイルの柄、カラーリングを取り入れ楽しんでもらえるソックスを作っています。


まずは今期のルックをチェックして、福岡・鹿児島のツアーに行ける人はぜひ参加してみよう。そしてNABEWALKSやその仲間たちと交流してみてほしい。きっと新しいストリートの楽しみ方を教えてくれるだろう。










27日福岡・28日鹿児島。GWの幕開けにふさわしい『FUN』POPUP&PARTY


ファッションは足下からというけれど、スニーカーだけでなくソックスにまで気を配るのがストリートマナーである。スポーツブランドロゴもいいが、『FUN』のソックスなら柄や配色で足下のコーディネイトがもっと楽しくなる。block.fmきってのストリートファッションリーダー、MARZYの足下だって『FUN』で彩られている(はずだ)。最後にNABEWALKSからのメッセージで本稿を締めくくりたい。


NABEWALKS今回は福岡のRefugeesさん、鹿児島のRe’verthさんで2日間やります。いつもありがとうございます。そしていつも一緒に回ってくれているMARZYももちろん一緒です。鹿児島にはkZmも、ISHIKAWAもいます。楽しみです。みんないつもありがとう。


近くの人はもちろん。ちょっと足を伸ばしてGWの九州旅行にもいいかもね。



written by TOMYMOCHIZUKY


source:https://www.lifewithfun.jp/home


photo:FUN



SHARE