『FIFA19』のサントラに韓国テクノの女王ペギー・グーら注目アーティストが参加

人気サッカーゲーム最新作『FIFA19』は9月28日発売。
SHARE
2018.09.14 02:00

EAスポーツが誇る人気サッカータイトル『FIFA』シリーズ最新作『FIFA19』が9月28日に発売される。


その名の通り、国際サッカー連盟FIFA公認のもと選手やクラブチームが実名で登場。世界中のサッカーファンを虜にするPlayStation®4用ソフトウェアである。





毎回注目を集める『FIFA』サウンドトラックに注目アーティストが多数参加


『FIFA』を手がけるEAスポーツのスポーツゲームタイトルには世界中から厳選されたアーティストのトラックがBGMに使われることが多く、ゲーム内に収録される楽曲にも注目が集まる。


昨年発売された同タイトル『FIFA18』のサウンドトラックにはMura Masa(ムラマサ)やODESZA(オデッザ)、The XX(ザ・エックスエックス)などが収録された。




そして最新タイトル『FIFA19』では韓国出身でベルリンを拠点に世界中から支持を集める注目のフィメールDJ Peggy Gou(ペギー・グー)、Blur(ブラー)のDamon Albarn(デーモン・アルバーン)率いるバーチャル・バンドGollilraz(ゴリラズ)、Major Lazer(メジャー・レイザー)のDiplo(ディプロ)と、覆面アンセムシンガーSIA(シーア)、UK出身のシンガー・ソングライター LABRINTH(ラビリンス)による大型ユニットLSD(エル・エス・ディー)、楽曲「Feels Like Summer」のMVでHIPHOPシーンを俯瞰した目線で見つめ、adidasとの契約も先日発表された旬な男Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)、Summer Sonicで来日を果たした新鋭ティーンアーティストBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)らが収録されている。


 



Peggy Gou、ファッションブランドとレーベルを立ち上げる


『FIFA19』サウンドトラック収録アーティストの中で、FUJIROCK FESTIVAL'18で来日したペギー・グーをピックアップしたい。韓国出身、UKを経て現在ベルリンを拠点に活動する“コリアン・テクノ・クイーン”だ。ペギーはFUJIROCKでRED MARQEEステージ、Day1深夜の「Planet Groove」に登場し、テクノセットを披露。端正なルックスから放たれるストイックなビートと、ダンサブルなグルーヴを展開し真夜中の苗場をロックした。


この日の最後にかけたのは自身のEP『ONCE』に収録された「It Makes You Forget (Itgehane)」。今回『FIFA19』のサウンドトラックにも収録されることとなった曲である。母国語である韓国語で彼女自身のボーカルを挿入し、浮遊感のあるメロディとシンプルなビート、ディスコも彷彿とさせるエクレクティックなナンバーとなっている。


 

Ninja Tuneからリリースされたこの曲は来日記念として、カラーヴァイナルエディションが発売されるなど日本でも人気が高い。また、ペギーはi-dのインタビューでファッションブランドと自身のレーベルを立ち上げることを語った。インタビューに寄ればOff-WhiteのイベントでDJした際、Off-Whiteを運営するNGG(New Guards Group)とブランド設立に関するミーティングアプローチがあったとのこと。


ベルリンに拠点を移してからは音楽に専念してきたと語る彼女はもともと、韓国・仁川からUKに渡り、ファッションを専攻して学んだ経歴がある。NYでファッション誌 BAZAARのエディターとして働いていたこともあり、ファッションにも多様に関わってきたペギーにとっては自然な流れかもしれない。


ますます活動の幅を広げるPeggy Gouから目が離せない




手がけるファッションブランドの名前は『Kirin(キリン)』。レディースのラグジュアリーなストリートブランドとしてローンチされる。ゆくゆくはユニセックスブランドとして展開したいとのこと。


ブランド名は日本語でのキリンと同義である。ペギーはキリンが好きなのだ。自宅には大きなキリンの置物がありタトゥーもアイコニックな彼女の大腿部にはキリンの絵が彫られている。ペギーのギグでは、ファンによって持ち寄られた韓国の太極旗のほか、キリングッズを見かけることも多い。


そしてもうひとつ、自身のレコードレーベル『Gudu』を立ち上げる。韓国語で“靴”を意味する言葉だ。“Peggy Shoe”とファンから愛されるペギー。ファンがペギーのDJ中に履いている靴を掲げ「ペギー・グー、ペギーシューズ! 」と叫んだことからこの愛称が広まった。さらに自身の名前を含んだ“Gou do”という言葉もかけているという。


レコードレーベルは彼女と同じ、アジア出身のアーティストがさらに海外で活動できるようサポートすることをテーマに掲げる。一方で、ジャンル、性別、出身国問わず、ペギーが気に入ったアーティストであれば歓迎するつもりだと話している。


ファッションブランドにレコードレーベルとますます活躍の幅を広げるペギー・グー。アジアサッカーの強豪国出身である彼女の魅力は『FIFA19』サウンドトラックを通してサッカーファンにも伝わっていくはずだ。『FIFA19』は9月28日発売。サッカー好きも音楽好きもぜひチェックしてほしいゲームである。





ペギー・グーと同じくドイツ・ベルリンを拠点とし、“世界一美しいテクノDJ”と言われるNina Kraviz(ニーナ・クラヴィッツ)が9月15日〜17日にかけて開催される『ULTRA JAPAN 2018』に出演する。美しさだけではなく、その技術と感性は超一流だ。ぜひともチェック。


こちらも合わせて:世界一美しいと言われる女性テクノDJ NINA KRAVITZ(ニーナ・クラヴィッツ)に注目

written by Tomohisa“Tomy”Mochizuki


source:https://www.residentadvisor.net/news/42427

http://www.fifplay.com/fifa-19-soundtrack/

http://www.fifplay.com/fifa-18-soundtrack/

https://i-d.vice.com/en_us/article/zmkdpe/korean-techno-queen-peggy-gou-is-launching-a-fashion-line


photo:Ninja Tune



SHARE