ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    今、R&Bに再注目すべき理由とは?aimiに訊く“R&B新時代”の到来

    2022/02/14 (Mon) 19:00
    Moemi

    海外で再燃しているR&Bシーンの今を、最新EPをリリースしたばかりのaimiにインタビュー。

    この記事をシェア

    R&Bシンガーソングライターとして、また“R&Bの今”を伝えるキュレーターとして活動するaimiが3rd EP『Chosen One』をリリースした。

    “R&B新時代へのラブレター”として作り上げたというEPリリースを記念して、現在のR&Bシーンの盛り上がりと魅力、そして今のR&Bを聴く中で生まれたaimi自身の表現について話を訊く。

    aimi
    aimi

    R&Bシンガーソングライター。幼少期にソウルやディスコミュージックを聴き始め、90's、 00's R&Bに影響を受ける。2020年5月にデビューEP『Water Me』をリリースし、初登場iTunes R&B/ソウルチャート1位を獲得。リード曲「Sorry」がJ-WAVEのSONAR TRAXに選ばれ、パワープレイされる。2021年2月に2nd EP『Changed 4 Good』をリリースし、国内だけでなくアジア圏でもストリーミング数が上昇。最新R&B楽曲やアーティストを紹介するラジオ番組や連載コラムを自身で担当するなど国内で音楽シーンを盛り上げる活動をしながら、日本から世界に向けてプロデューサーShingo.Sと共に本格的なR&Bにこだわり、発信している。2022年2月9日に3rd EP『Chosen One』をリリースし、さらに注目を集めている。

    R&B黄金期は今なのかもしれない

    ーaimiさんは“R&Bシーンの今”を伝えるためにラジオ「Vibe-In Radio」での発信やコラム執筆などの活動もされていますが、実際に今のシーンを見てどう感じていますか?

    私もまだまだ勉強中ではあるんですが、海外のR&Bシーンは今、すごく多様化が進んでいるなと感じています。ここ数年でアーティスト数もリリースの数もすごく増えていると思うんですね。

    ー多様化というと、アジアをルーツに持つR&Bアーティストも増えましたよね。

    はい。日本をルーツに持つアーティストだとJoyce WriceやUMIはかなり存在感を放っているし、88rising所属のインドネシアのNIKIも人気ですよね。H.E.R.も実はフィリピンの血が入っているし、Sinéad Harnettもタイのミックス。本当にどの国からR&Bスターが出てもおかしくない状況ってすごいことだと思います。

    ー日本にもそういった海外の盛り上がりは伝わっていると感じますか?

    そうですね、今日本ではシティ・ポップがすごく注目を集めている中、R&Bはそのシティ・ポップのひとつの要素として感じられているような印象を受けています。“都会的なサウンド”を形作るひとつのジャンルというか。

    ただ、R&Bは歴史があるしカルチャーがある。私自身、R&Bはサウンドだけを表すものではないと思っているんです。海外のR&Bアーティストを見ていると、R&Bってその人の生き様を表現していて、いわゆる“おしゃれなサウンド”というだけではなく、もっと人間臭いものでもあると感じていて。海外はその部分の懐が広くて、今どんどんと多様化しながら大きくなっていると感じています。

    ーそういった流れの中でaimiさんが魅力的に感じているアーティストはいますか?

    aimiというプロジェクトを始めようと思ったとき最初に深く聴いていたのはH.E.R.とJhené Aikoですね。私自身もともとギターの弾き語りをしていたので、ミュージシャンシップのあるH.E.R.のようなR&Bシンガーはすごく新鮮に感じました。今は、楽器が弾けたり自分で打ち込みまでするR&Bアーティストが増えていますよね。日常に溶け込むようなチルなR&Bを歌っているシンガーにはすごく惹かれます。

    最近だとAmber Markのデビューアルバム『Three Dimensions Deep』にすごく衝撃を受けました。いろんな音楽性をR&Bマナーに昇華していて、ポップ寄りではあるけれどちゃんとR&Bだなと思って。Amberのような音楽性のアーティストは今まであまりいなかったように感じていて、また新しいR&Bのサウンドが生まれたんだなと思います。

    一番王道のR&Bらしさを感じるのはSummer Walkerですね。去年出たアルバムがド直球のR&Bで、まさにカルチャーを背負っている人だなと。Mary J. BligeやAaliyahのような、うまくいかない恋愛をテーマにした楽曲でヒットしたアーティストって多いと思うんですが、デビューアルバム『Over It』を一緒に作り上げた恋人London on da Trackとの破局をテーマに次のアルバム『Still Over It』を書いてしまうという、まさにR&Bなアーティストだと感じました。

    あとは、Victoria Monéはソングライティングも秀逸だしダンスも踊れて、デスチャ世代のリスナーが観ても楽しめるR&Bをやっているなと思っています。他のアーティストに楽曲提供もしながら、表舞台でも活躍していて、本当にすごい人ですよね。

    ー過去から積み重なっているR&Bカルチャーを踏まえつつ、先程おっしゃっていた“人間臭さ”に繋がるものをどのアーティストにも感じますね。

    そうですね。R&B黄金期と言われる90〜2000年代を代表するアーティストがいまだに現役で新譜を出していて、そのアーティストたちを聴いて育ってきた若い世代がこれまた新譜をどんどんと出している。そのことが今のシーンの一番の面白さじゃないかなと思っています。カルチャーの中で世代を超えてお互いにインスパイアし合いながら作品が世に出されている、これって本当にすごいことだなと。だから正直、今がR&Bの黄金期なのでは?なんて思っているんです。

    今のR&Bを追う中で見つけた“自分にしかできない表現”

    aimi
    ー今回のEP『Chosen One』は「“R&B新時代”へのラブレター」という思いを込めて作られたとのことですが、改めて作品のコンセプトについてお聞かせください。

    “今のR&Bを聴いている人は納得できて、聴いていない人でも楽しめる作品”を目指して作りました。海外のようにR&Bスターが多ければ「チルなサウンドならこのアーティスト、バウンシーなものはこのアーティスト」と棲み分けができると思いますが、まだ日本ではそこまでの勢いはない。今のR&Bの幅広さを私が表現するとしたらどうすればいいのか、と考えたときに、まとまった作品を作る必要があるなと思ったんです。だから今のR&Bサウンドを象徴する要素をぎゅっと詰め込んだ作品が出来上がりました。

    「“R&B新時代”へのラブレター」という言葉には2つの意味があって。今は様々なサウンドを表現するアーティストがいて、そんな“R&Bの新時代”を日本からも観ているよ、というR&Bカルチャーへの愛を送るという意味がひとつ。もうひとつは新しいR&Bの魅力をまだ知らない人にも伝えたいという思いです。「Vibe-In Radio」やコラム執筆で今のR&Bを発信する活動をする中、その思いがどんどん強くなって、それを自分の作品で表現しようと思ったんです。

    ー前作『Change 4 Good』を出した後の活動での変化が表現されているんですね。

    そうですね。前作と大きく違うのは自分の声や表現を見つけられたことだと思っています。今までは“本場のアーティストにはかなわない”という気持ちがどこかにあったのですが、様々なアーティストの楽曲と出会う中で、先程も話した“人間くささ”がR&Bの魅力でもあるんだということに気づいて。トレンドを追いかけるだけでは生き様を表現するR&Bは作れないと感じたので、自分の人生に起きたことを正直に書いて、嘘のない、自分にしかできない表現ができたと思っています。

    ー表題曲「Chosen One」は“私達は皆選ばれし者である”という意味ですが、この思いにたどり着いたきっかけや出来事などはありましたか?

    やっぱりコロナ禍が大きいですね。今振り返って、2019年まで日々何気なく過ごしていた日常がなんて素晴らしいものだったんだろうと改めて思ったんです。好きな時に好きな人に会えて、お酒を交わせて、ハグができて、家族にもいつでも会えて。だからこそ、今みんなが制限されて苦労している中、日々を踏ん張れていること自体がすごいことだと思う。そんな想いからこの言葉にたどり着きました。「少しだけお祝いしない?(Can we celebrate for a minute?)」というフレーズから始まって、コロナ禍を生き抜いてきた全ての人に捧げたい楽曲です。
    aimi
    ーあるがままでいいんだ、というメッセージに励まされる人も多いのではないでしょうか。

    そうだと嬉しいですね。以前はお金やモノをたくさん持っている人が勝ち組といった、どんなことでも競争で勝ち負けがあるような世の中だったのが、パンデミックで全てまっさらになって、勝ち負けではなくそれぞれの価値観を大切にするという風潮が少しずつ強まっていると感じていて。だからこそ、あなたが生きているだけで素晴らしいし、ひとりじゃない、みんな一緒だよ、という思いも伝えたかったんです。私の楽曲は英語の歌詞が多いですが、日本語を入れることでよりメッセージを伝わりやすく書いて、それを表題曲にしているのも私の思いです。

    ー“今のR&Bサウンド”を詰め込んだEPということで、他の楽曲に関しても1曲ずつ聴きどころを聞かせてください。

    Baby
    去年Silk Sonicが70年代ソウルのオマージュのアルバムを出し大ヒットするというのは、R&Bシーンにとってすごくアイコニックな出来事でした。その流れを汲んで、サンプリングサウンド、ソウルフルな歌いまわしで“大切な人を守りたい”という温かくシンプルなメッセージを歌っています。EPの入り口としても“Warm Welcome”できるように1曲目にしました。

    Good Without You
    みんな大好きアフロビートにチャレンジした一曲です。WizKidやTemsのようなナイジェリアンアーティストが極上のR&Bアルバムを出してくれたおかげで、本格的なアフロビートの入ったR&B曲も益々増えているので、それを私なりに昇華した曲を作ってみたいと思って。私がメロディーのアイデアをいくつも作って、それをプロデューサーのShingo.Sがパズルのように組み合わせるという形で完成しました。アフロビートは日本においてもまだ新しいサウンドだと思うので、私にとっても挑戦になりましたね。

    歌詞は、自分にとって健康的ではない人間関係を手放して自分の道を行く、という思いを歌っています。強気な中にもナイーブさを含んだ表現を意識しました。

    Way Too Much
    この曲のトラックがShingo.Sから送られてきたとき、あまりにも自分の心とぴったりはまったトラックで驚いたんですが、トラックに導かれるように、その時心の中にあったものを泣きながら一気に歌詞とメロディーに落とし込んだ曲です。

    今回のEPは“大切なものを愛する”という内容と、“不必要なものを手放す”という内容に二極化しているんですが、この曲は後者。愛が強ければ強いほどそこには悲しみがあって、愛が行き過ぎたときは傷ができてしまうと思っていて。だから愛情でも友情でも行き過ぎはよくないな、ということを歌っています。私の人生の課題でもあるし、まるで宛先のない手紙を書いているような気持ちで書き上げました。

    The Fool, The Lovers
    この曲は今一番旬なR&Bサウンドを意識して作った曲で、先行リリース時には海外のプレイリストにもたくさんリストインして、海外のリスナーにも届けられた楽曲です。「Way Too Much」とこの曲は繊細な歌唱表現にもすごくこだわりました。内容は私の大切な人に実際に起きた出来事で。自分のことのように辛かった気持ちから書き上げました。

    歌詞を書いた後に知ったんですが、タイトルにある“The Fool”と“The Lovers”というタロットカードがあって、その意味は“後先を考えずに恋をする二人”という意味。偶然にも歌詞の内容とぴったり一致してしまうという…。MVでもタロットが登場するので、ぜひ映像も楽しんでほしい楽曲です。

    Best of Me
    この曲は90年代のサウンドを今のR&Bに昇華するというテーマで、コーラスワークもゴージャスな感じになっています。“最高の私を知っているのはあなただけ、でもあなたにはそれはまだ言ってないんだよ”という、小悪魔的なキュートな内容。最後の方に日本語も少しだけ入れていて、日本のアーティストだということが海外のリスナーにも伝わったら嬉しいですね。バウンシーなサウンドが好きな方にはおすすめ。DJ HASEBEさんからも「この曲好き」と言っていただきました(笑)。

    Lovesick
    R&Bで“Lovesick”というと結構ドロドロした内容のことが多いんですが、私はカラッとした“Lovesick”を表現したくて。愛に生きて愛を楽しんで、愛で成長していくということを書きました。R&Bの楽しさを伝えるには90年代のサウンドが一番わかりやすいと思ったので、90年代バイブスを今のサウンドに仕上げています。

    ーありがとうございます。本当に今のR&Bの幅広い表現にチャレンジした作品になっているんですね。このEPのリリースパーティーを楽しみにしているリスナーも多いと思います。

    リリースパーティーでは新曲はもちろん、過去の楽曲も含めてみんなが楽しめるセットを用意しようと思っています。私の中で“R&B for ALL”というキーワードがいつもあるんですが、お子さん連れでも学生さんでも、どんな人でもオープンに楽しめる空間を作りたいですね。

    今のR&Bをお祝いしたEPなので、日本でもそのサウンドを表現している人に参加してほしいと思って、ゲストとしてSARA-JとLOARくんに出演してもらうことになりました。日本のR&Bシーンを盛り上げていくであろう2人です。ゲストDJはマイメン、「Vibe-In Radio」のDaBookさんとAKITOさん。私を育ててくれているといっても過言ではない2人ですね。

    ーまとまった作品が出て一区切りだと思うのですが、今後はどのような活動を予定していますか?

    今年はコラボレーションイヤーにしたいと思っています。去年は呼んでいただいて参加することはあったのですが、私が気になっているアーティストやビートメイカーの人とより密に一緒に制作して、コラボ作品を作りたい。作品を出し続けて、ライブでもいろんな場所を訪れて、シーンに貢献していきたいですね。いつか世界中の人に「J-R&Bってイケてるね!」と言ってもらえるように、地道に頑張っていきたいです。
    aimi

    【リリース情報】

    ChosenOne_ジャケ写
    aimi 3rd EP『Chosen One』
    発売日:2022年2月9日(水)

    Tracklist:

    1. Baby
    2. Chosen One
    3. Good Without You
    4. Way Too Much
    5. The Fool,The Lovers
    6. Best Of Me
    7. Lovesick

    ▼配信URL
    https://orcd.co/EP_chosenone

    【イベント】
    aimi Chosen One リリースパーティーフライヤー
    “Chosen One” Special Live Event
    会場:恵比寿 Time Out Cafe & Diner[LIQUIDROOM 2F]
    料金:前売券 ¥3,000 (+1drink) 当日券 ¥3,500 (+1drink)
    日時:4月2日(土) OPEN/START 17:00
    出演:【LIVE】aimi, Sara-J, LOAR
       【DJ】 DaBook, DJ AKITO(Chilly Source)

    ■イベント詳細・前売り券予約
    https://www.aimimusicofficial.com/events/chosen-one-special-live-event

    info:Time Out Cafe & Diner
    03-5774-0440
    https://www.timeoutcafe.jp

    2月9日(水)前売りチケット予約受付開始
    ※定員に達した時点で予約受付を停止いたします

    aimi

    【HP】
    https://www.aimimusicofficial.com

    【SNS】
    https://twitter.com/aimi_music
    https://www.instagram.com/aimimusicofficial/
    https://directone.jp/fan/artists/loveocean

    関連タグを見る:

    この記事をシェア

    あわせて読みたい

    関連する番組はこちら

    05/05 UPDATE
    R&Bの今をお届け
    aimiDaBookDJ AKITO

    今回も最新のR&B楽曲を紹介&解説!Sydの最新アルバムについてaimiが熱くトーク✨

    2022/05/05 20:00
    |
    60 min

    TOP NEWS

    05/16 UPDATE
    カワムラユキがお送りするチルアウトプログラム
    カワムラユキ

    shibuya OIRAN chill out Radio EPISODE 26。Chillout Music for Vacation Vol.5、仙台定禅寺通りのバレアリックコーヒーロースターをイメージして選曲とトークをお送りします。

    2022/05/16 23:00
    |
    60 min
    05/16 UPDATE
    TOKYO's NO.1 HIP HOP RADIO
    Yanatake渡辺志保

    話題騒然!Kendrick Lamarニューアルバム「Mr. Moral & The Big Steppers」総力特集!
    凱旋MCbattle さいたまスーパーアリーナの裏側/BBMA速報/Lil Keed訃報 他

    2022/05/16 22:00
    |
    60 min
    05/16 UPDATE
    月曜からビートメイク
    KMadd.some labels

    KM Monday Beat Cypher Vol.12。今回は、90年後半のTrip Hopより少し後ろのElectronica – IDM – Abstract Hip Hopをキーワードに選曲していきます。先日開催されたDJ KRUSH活動30周年イベントに出演した際に披露したKM edit楽曲もO.A.

    2022/05/16 21:00
    |
    60 min