注目のSSW・ZINとプロデューサーデュオ・906 / Nine-O-SixによるダブルネームEP『KNOWN UNKNOWN』リリース

906が生み出すJazzを軸としたグルーヴィーなビートの上で、ZINとHonda Hitoshiによるブルージーで情感豊かなリリックと、独自のフロウ、メロディが絶妙に混ざり合った唯一無二の作品に仕上がっている。
SHARE
2020.04.08 07:00

SIRUP、Mori Zentaro等も所属、関西を中心に集まった総勢11人のアーティストコレクティブSoulflexのメンバーとしても活躍するシンガーソングライター・ZINと、大阪にて結成されたプロデューサーデュオ・906 / Nine-O-SixのダブルネームによるEP『KNOWN UNKNOWN』が4月8日より配信リリースされた。



906が生み出すJazzを軸としたグルーヴィーなビートの上で、ZINとHonda Hitoshiによるブルージーで情感豊かなリリックと、独自のフロウ、メロディが絶妙に混ざり合った唯一無二の作品に仕上がっている。


音楽への愛をリズム感豊かに歌った「A Muse」、亡き友人への思いを綴った「Batida Diferente」、906の真骨頂Jazzサンプリングを生かしたスロウビートに忘れられない人への気持ちを歌いあげた「Unforgettable」、introやinterludeなど細部まで音のこだわりを詰め込んだ全7曲で構成されている。


"KNOWN UNKNOWN”=既知の未知と名付けられたEPタイトルには音楽活動をする上での二組の強い意志が込められている。


ZINと906 / Nine-O-Sixが出演したblock.fm特番「BHOYZ BE Radio by ZIN」のアーカイブ視聴はこちらから。


BHOYZ BE Radio by ZIN

https://block.fm/radios/831






【リリース情報】




最新EP 『KNOWN UNKNOWN』

https://linkco.re/Cm4p07Ae



【ZINプロフィール】




Neo SoulやHIPHOP, JAZZに魅了され、関西エリアのクラブ・ライブハウスにて音楽活動をスタート。1st EP『YELLOW』、2nd EP『RIPE』リリースをきっかけに、数々のコンピレーションアルバムに楽曲が収録されるなど注目を集める。2013年よりNewYorkへ拠点を移し、全米最大級のゴスペルフェス<McDonald’s Gospelfest 2014>に男性ソロヴォーカリスト部門でファイナリスト5名に選出、New JersyにあるPrudential Centerのステージに立ち話題を呼ぶ。2016年に帰国後、EP『AQUA PREFACE』をリリースし、iTunes R&B/SOULランキング1位を記録。現在は東京に拠点を移しソロ活動はもちろん、関西を中心に集まった総勢11人のアーティストコレクティブ<Soulflex>のメンバーとしても活躍する注目のシンガーソングライターだ。

Twitter:https://twitter.com/ZIN_SOUL

Instagram:https://www.instagram.com/zin_soul/


【906 / Nine-O-Sixプロフィール】




2010年大阪にて結成されたトラックメーカーデュオ。 ジャズのサンプリングを分解、再構築し、ブラックミュージック特有の揺らぎをもったグルーヴと、暖かいメロディーに乗せた緻密なラップが見事に融合された作品は、ヒップホップ界はもちろん、ジャズ界やダンス業界などからも高い支持を集めている。 現在は東京を拠点にトラック制作の他、ジャズミュージシャンとコラボレーションしたライブ等、活動の幅を広げている。

Twitter:https://twitter.com/906_codomo

Instagram:https://www.instagram.com/906nineosix/





SHARE