YouTubeが新機能「Super Thanks」発表! クリエイターの公開済み動画でも投げ銭可能に

アーティストなど音楽クリエイターのマネタイズ方法もさらに多様化することに!?
SHARE
2021.07.23 04:00

YouTubeが「Super Chat」「Super Stickers」「チャンネルメンバーシップ」に続く収益化機能となる「Super Thanks」を発表した。



クリエイターの公開済み動画でも投げ銭可能に


すでに実装されている「Super Chat」や「Super Stickers」はライブ配信向けの機能だが、「Super Thanks」はクリエイターが公開済みの動画に投げ銭できる機能だ。


動画の視聴者は、視聴中に「Super Thanks」を選択すると、2ドル、5ドル、10ドル、50ドルの4つの価格帯で投げ銭でき、購入すると「Thanks!」というアニメーションが表示される。また、投げ銭の特典として、購入者はクリエイターとコメントのやりとりが可能になり、購入の証として購入者のコメントはカラフルにハイライトされる。

現在は、日本を含む世界68カ国でiOS/Android、デスクトップのYouTubeで一部のクリエイターに向けたベータ版の利用が開始されており、年内にはYouTubeパートナープログラムの対象となるすべてのクリエイターが利用可能になる予定だ。



"Super ChatやSuper Stickersのようなほかの収益化機能をうまく補強することができる"


Super Thanksのベータ版テストに参加していたNicholas Ashbaughによると、「Super Thanksでは、視聴中の動画を中断することなく、視聴者が楽しみながらクリエイターを支援できる。購入時のアニメーションが表示されることで通常の動画でもクリエイターはライブ配信のように動画を観てもらっていることをとより強く感じるし、この機能はSuper ChatやSuper Stickersのようなほかの収益化機能をうまく補強することができる」とのこと。


YouTubeは、現在、アーティストがMVを公開するほか、ライブ配信や音楽キュレーションチャンネルのプラットフォームとしても活用されており、音楽ファンも日常的に利用している。


今回の「Super Thanks」導入をきかっけにアーティストなど音楽クリエイターのマネタイズ方法もさらに多様化していくのではないだろうか?


MVや音源をYouTubeで公開している音楽クリエイターにとっては要注目の機能になりそうだ。


written by Jun Fukunaga


source: https://blog.youtube/news-and-events/introducing-newest-member-supers-family-super-thanks/


photo: pixabay

 

SHARE