ネットを席巻した「YannyかLaurelか」バイラルビデオ。声の主を発見、真実を語る

どのように聴こえるか論争まで巻き起こした話題のバイラルビデオの声の主はJay Aubrey Jonesというオペラ歌手兼俳優だった。その人物が語る真実とは…。
SHARE
2018.05.30 02:05

今月半ば頃に突如、ネット上を席巻した「Yanny(ヤニー)かLaurel(ローレル)か」のふたつのうち、どちらの名前が聴こえるかというバイラルビデオ。 


話題の「Yanny(ヤニー)かLaurel(ローレル)か」論争  


このビデオは当初、アメリカの高校生がInstagramに投稿。その後、Online掲示板のRedditやTwitter、YouTube、Facebookで拡散されたことによって、世界中の人々がどちらに聴こえるかを議論することになった。




さらにそこにセレブや政治家も加わり、議論は加熱。例えば、1000万人のフォロワー以上のフォロワーを抱えるモデルのChrissy Teigenは、「Laurel」だと主張する1人で、彼女はTwitter上で「明らかにLaurelよね。どうすればYannyに聴こえるのか、まったく分からない」と投稿。



一方、カナダはトロントの市会議員であるNorm Kellyは、「もし、Laurelという風に聴こえるなら、耳を掃除しなさい」とChrissy Teigenとは反対側の意見を主張している。




聴こえ方が違うのは高周波を聴き取れるかどうか説  


このような狂騒とも言える「YannyかLaurelか」論争に対し、Dylan Bennettというゲーム開発者は、「心配しないでいいよ。君は頭がおかしくなったわけじゃない。高周波音が聴こえる人はこの音声が「Yanny」と聴こえるし、もしかしたら『Laurel』とも聞こえる場合もある。もし高周波音が聴こえないなら、おそらく「Laurel」と聴こえるだろう」と音声データ付きのツイートを投稿。またオランダにあるマーストリヒト大学のLars Riecke聴覚・認知神経科学助教授も「低周波音を全て排除すると「Yanny」と聴こえ、高周波音を全て取り除くと「Laurel」と聴こえる」と科学的な見地からこの論争に対する発言を行なっている。



論争の答えについて声の主が真実を語る 


このように大論争をネット上に生み出した議論だが、最近、問題の声の主が発覚。The Press Of Atlanttic Cityによると、その声の主はアメリカのアトランティックシティー出身の男性で、42年間に渡り、オペラ歌手兼俳優として活動してきた Jay Aubrey Jonesだったとのこと。


そして、この論争の答えは実は「Laurel」で、彼は11年前にオンライン口頭辞書Vocabulary.comでの仕事としてその言葉を録音。その作業が行われていた当時彼は少なくとも3万6000以上の単語やフレーズを録音したそう。またこの議論が話題になり始めた当時、その声の主である彼はそれに気づかず、Vocabulary.comのプロデューサーから連絡を受けて初めて、この音声データがバイラル化していることを知ったという。




その後、騒ぎが加熱する中で、多くのメディアが声の主の正体が彼であることを発見。その結果、Time誌、NPR、Yahooファイナンス、HLNといったアメリカ国内の有名メディアやオーストラリア、ブラジルなど外国のメディアからもインタビューされることになったそうだ。



本人の知らないところで、空前絶後のバズを呼び起こしたこの「YannyかLaurelか」論争。ちなみに筆者は何度聴いても「Laurel」にしか聴こえなかった口だ。論争の答えは声の主が明かすように「Laurel」ではあるのだが、実際のところ、みなさんはどう聴こえましたか? 「Yanny」という風に聴こえた人は、挙手お願いします! 


written by Jun Fukunaga  


source:

http://www.pressofatlanticcity.com/atlanticcitystory/yanny-or-laurel-debate-centers-on-the-voice-of-an/article_f95c0e4f-2cb0-5b0f-b9d0-f2a663d80a37.html

http://www.bbc.com/news/blogs-trending-44136799


photo:

Cloe Feldman Twitter





SHARE