やくしまるえつこ『わたしは人類』が突然変異! アート・リンゼイや真鍋大度によるリミックス音源などを初公開の特別企画がスタート

特別企画『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』が六本木ヒルズで開催。
SHARE
2020.02.14 09:00

やくしまるえつこが”人類滅亡後の音楽”をコンセプトにバイオテクノジーを用いて制作、音源と遺伝子組換え微生物で発表した作品『わたしは人類』。この作品は世界最大のメディアアートの祭典 アルスエレクトロニカ・STARTS PRIZEグランプリを受賞、その後も各地の美術館で展示され、現在開催中の森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」でも話題を呼び続けている。


”変異”を重要な要素のひとつとして位置付けている『わたしは人類』が、今度は六本木ヒルズ全域を巻き込んで突然変異。


六本木ヒルズを舞台にした特別企画 やくしまるえつこ『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』が本日2月14日スタート(3月29日まで開催)。


『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』は、スマートフォンで特設サイト(https://hillslife.jp/yxmr/ )を開いて六本木ヒルズを歩き回ることで、やくしまるが仕掛けた5種類の『わたしは人類』変異体を見つけていくユーザー参加型企画。各変異体エリアに到達すると、『わたしは人類』が変異した様々な音楽や画像を体験することが出来る。


変異体は、アート・リンゼイや真鍋大度による初公開リミックス音源や、同じく初公開となるウィスット・ポンニミットが『わたしは人類』をモチーフに描き下ろしたマンガ作品、そして2つのライブバージョンを含む計5種。


やくしまるえつこ『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』




特設サイト https://hillslife.jp/yxmr/

会期 2020年2月14日(金) 〜 3月29日(日)

会場 六本木ヒルズ全域

・「わたしは人類」(Arto Lindsay remix)

・「わたしは人類」(Daito Manabe remix)

・「わたしは人類」(Wisut Ponnimit manga remix)

・「わたしは人類」(変異ver. at YCAM)

・「わたしは人類」(調べる相対性理論)



やくしまるえつこ衣裳展の最終期もスタート


2月15日からは、3期にわたり六本木ヒルズ森タワー52F 東京カルチャーリサーチにて開催されている『YXMR FASHION RESEARCH やくしまるえつこ衣裳展』の最終期もスタート、SINA SUIEN制作によるやくしまるえつこオリジナル衣裳の数々が初展示(2月26日まで)。『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』や、『わたしは人類』が展示されている森美術館「未来と芸術展」とあわせて楽しむことができる。


さらに、『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』を記念して『YXMR FASHION RESE-ARCH やくしまるえつこ衣裳展』のポスターも突然変異。コラージュアーティスト・河村康輔によるコラージュビジュアルを用いた変異版ポスターが公開された。


『YXMR FASHION RESEARCH  やくしまるえつこ衣裳展』



#3 SINA SUIEN

会期:2020年2月15日(土)~2月26日(水) 

https://tcv.roppongihills.com/jp/exhibitions/yakushimaruetsuko/

会場:東京都 六本木ヒルズ森タワー52階 東京カルチャーリサーチ

時間:10:00~22:00(入場は閉場の30分前まで)

料金:無料 ※展望台・森美術館の入館料が必要


森美術館ミュージアムショップでは、普段ライブ会場でしか手に入らないやくしまるえつこ・相対性理論グッズを販売中。本日から『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』を記念したスペシャルTシャツも販売スタートとなる。



*やくしまるえつこ『わたしは人類』展示中

森美術館『未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか』

https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/future_art/index.html

会期:2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)

会期中無休

会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)

料金:

一般  1,800円

学生(高校・大学生)1,200円

子供(4歳~中学生)600円

シニア(65歳以上)1,500円





SHARE