若手ラッパーの登竜門!! XXL誌による「2020 Freshman Class」注目の新人ラッパー12人が発表

すでにヒットを飛ばしているNLE Choppa、Polo Gの他、TikTokで人気を獲得した24kGoldnも選出。
SHARE
2020.08.13 03:00

毎年ヒップホップファンの注目しているXXL誌による期待の新人ラッパーを選ぶ企画「Freshman Class」の2020年版が発表された。近年ではリリースのサイクルが早まっており、新人を選ぶというこの企画自体に疑問を投げかけるアーティストも多いが、昨年選ばれたのはDaBaby(ダベイビー)やRoddy Ricch(ロディー・リッチ)、Beyoncé(ビヨンセ)やCardi B(カーディ・B)ともコラボしたMegan Thee Stallion(ミーガン・ジー・スタリオン)と納得のラインアップ。


今年もすでに人気のラッパーもいるが、さらなる飛躍を約束されたと捉えてリストを見ると来年以降がさらに楽しみになること間違いなし!! 選ばれた12人の中から特にマストな5人を紹介していこう。






デビューアルバムリリース直後に選出:NLE Choppa


2019年1月にリリースしたシングル「Shotta Flow」で人気を獲得し、それ以降フィーチャリングで参加する曲も多くなっていた、メンフィス出身のNLE Choppa(NLE・チョッパ)。さらに彼は先日デビューアルバム『Top Shotta』をリリースしたばかりとあって波に乗っていると言っていいだろう。『Top Shotta』からはLil Baby(リル・ベイビー)をフィーチャーした「Narrow Road」、Roddy Ricchをフィーチャーした「Walk Em Down」が注目曲となっている。



アトランタ出身の注目株: Lil Keed


世代交代の激しいアトランタのヒップホップシーンにおいて、次世代筆頭候補として人気を集めているのがLil Keed(リル・キード)。自身のレーベル「YSL Records」を率いるYoung Thug(ヤング・サグ)とは住んでいたのが近所ということもあって、2019年にFreshman Classに選ばれたGunna(ガンナ)らとともに同レーベルと契約を結んでいる。


そんなLil Keedも今月に入ってニューアルバム『Trapped on Cleveland 3』をリリースしたばかり!! Young Thug、Gunnaといったレーベルメイトはもちろん、Future(フューチャー)やTravis Scott(トラヴィス・スコット)まで参加した注目作となっている。



独自のメッセージを伝え続ける:Chika


アメリカの中でも最南部と言われるアラバマ出身のChika(チカ)。2018年にトランプ大統領への支持を表明していたKanye West(カニエ・ウエスト)に向けたフリースタイル動画をSNSに投稿し大きな話題となったことをきっかけに、彼女のメッセージ性の強いラップに注目が集まっていった。アメリカ南部出身の黒人、さらにLGBTQであることの苦悩などを代弁するかのような彼女のスタイルは今後もさらに幅広い層に受け入れられていくだろう。Freshman Class発表の前日には彼女のインスタライブにSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が参加し、彼女への賛辞を送っていた。



豪華アーティストが参加したリミックスが大ヒット中:Jack Harlow


今年1月にリリースした「What's Poppin」のリミックスにDababy、Tory Lanez(トリー・レーンズ)、Lil Wayne(リル・ウェイン)と人気ラッパーたちが参加したことで、さらに注目を集めることとなったケンタッキー州ルイビル出身のJack Harlow(ジャック・ハーロウ)。2月には人気司会者Jimmy Fallon(ジミー・ファロン)の人気番組「The Tonight Show」に出演したことでも話題となった。


「What's Poppin」のMVではこれまでにEminem(エミネム)やJuice WRLD(ジュース・ワールド)のMVも手掛けてきたCole Bennett(コール・ベネット)が監督を務めたことでもその期待度がわかるはず。これからさらにフィーチャリングで参加する曲なども増えていくだろう。



TikTokで人気に火がついた:24kGoldn


事前に行われたファン投票企画によって選ばれたサンフランシスコ出身の24kGoldn (24kゴールデン)は2019年2月にリリースした「VALENTINO」が話題となったが、その理由はTikTokで同曲が人気となったためで実際にはリリースから半年以上経ってのことだった。


それ以前は大学でビジネスを専攻する学生でもあったのだが、ラッパーとしての道を進むため中退することに。そしてリリースされたのが昨年11月にリリースされたデビューEP『DROPPED OUTTA COLLEGE』であり、今回選出されたことを機にアルバムにも期待したいところだ。




XXLは本来であれば2月に他界したPop Smoke(ポップ・スモーク)が1人目の選出であり本人にも伝えていたことを明かしている。9月にはインタビューや恒例のフリースタイルサイファーも公開されるとのことなのでしばらくはこの12人から目が離せなさそうだ。




written by BsideNews


source

https://www.xxlmag.com/xxl-2020-freshman-class-revealed/


photo: https://www.facebook.com/xxlmag/photos/a.10150102879771814/10157614423866814





SHARE