25周年を迎えたWu-Tang ClanがニューEPをリリース! スキットにはNasも参加

ヒップホップ最強グループが満を持してニューEP『Of Mics and Men』をリリース。先日放送開始となったドキュメンタリーシリーズも話題になっている。
SHARE
2019.05.20 08:00

伝説のデビューアルバム『Enter the Wu-Tang (36 Chambers)』から25周年を迎えたWu-Tang Clan(ウータン・クラン)がニューEP『Of Mics and Men』をリリースした。4曲の新曲に加え、Nas(ナズ)も参加しているスキットを含む全7曲入りのEPは、昔からのファンも唸るであろう往年のウータンサウンド全開で、怪しげなストリート感溢れるニューヨークラップが最高な作品!


今回のEPではメンバー全員が参加しているわけではなく、グループのリーダーであるRZA(リッザ)を筆頭にGhostface Killah(ゴーストフェイス・キラー)、Raekwon(レイクウォン)Harley(ハーレー)、Cappadonna(カパドンナ)そしてMasta Killa(マスタ・キラ)が参加。あえての人選なのか、はたまた次なる作品の予定もあるのか。相変わらず自由で謎なところもWu-Tang Clanの魅力のひとつだ。






ドキュメンタリー・シリーズも放送開始


ヒップホップのドキュメンタリーでは必ずと言っていいほど名前の上がるWu-Tang Clan。5月10日にはグループのキャリアを追った全4話にわたるドキュメンタリー・シリーズ『Of Mics and Men』がアメリカのケーブルテレビ局、Showtimeにて放送された。ベテランプロデューサーDJ Scratch(DJ・スクラッチ)は自身のTwitterで「オスカーにノミネートされるだろう」と大絶賛! トレイラーを観る限りでも昔の映像がふんだんに使われており、彼らがどのように最強のヒップホップ集団となったのかがわかる作品となっている。


スキットで参加しているNasは「Wu-Tang Clanの凄いところは8人、9人いるグループなのに、それぞれが自分のスタイルを持っていることだ」と語る。Nasはクイーンズ、Wu-Tang Clanはスタテン島と別の場所で育った“プロジェクトキッズ”でありながら通じるものがあったようだ。




ワールドツアーも実施中!


25周年を迎えて、再び勢いを増してきたWu-Tang Clanは現在ワールドツアーの真っ最中だ。5月にはヨーロッパを周り、8月まではアメリカ国内の公演を控えている。残念ながら今のところ日本やアジア圏でのスケジュールは発表されていないが、過去に来日したこともあるので期待したいところ!


来日した際の映像は1995年にリリースされたヒップホップ・ドキュメンタリー『The Show』に収められており、ライブの直前まで寝ていたり、日本の新幹線の中で口喧嘩するメンバーの様子などWu-Tang Clanらしさが伝わってくる映像なので、是非チェックしていただきたい。






グループとしてのアルバムはこの世にたった1枚しか存在しない。2015年リリースの『Once Upon a Time in Shaolin』以来制作されておらず、『Of Mics and Men』を皮切りに他のメンバーも参加したフルアルバムも待ち遠しい。現在でも圧倒的な存在感を誇るヒップホップ最強グループ、Wu-Tang Clan。今一度『Enter the Wu-Tang (36 Chambers)』から聴き直してみよう。




written by BsideNews


source:

https://hypebeast.com/2019/5/wu-tang-clan-of-mics-and-men-ep-stream

https://www.rollingstone.com/music/music-news/wu-tang-clan-announce-new-ep-inspired-by-of-mics-and-men-docuseries-835515/


photo: wutangclan.net


SHARE