DrakeやSnoop Doggが出演も…。失敗作と言われるラッパー出演のコマーシャル

当時は話題になっても今見ると恥ずかしいかも...。注目を引くはずのCM作品が逆効果に!?
SHARE
2021.01.07 11:00

ラッパーがCMに出演!! 確かに注目を集めやすく、プロモーションとしては成功しやすいが過去には失敗作と言われるものも多い。Complexの「The Worst Rapper Commercials」という特集記事の中から、有名アーティストが過去に出演し、今でも疑問視されているCMをいくつか紹介。きっと覚えている映像も出てくるはず!?





Drake出演のスプライト


今では全米1位を獲得する常連アーティストであるDrake(ドレイク)が2011年に出演したスプライトのCMも失敗作の一例として話題となっていた。当時セカンドアルバム『Take Care』のリリースに向けて動いていたDrakeにとってもいいプロモーションとなるはずだったが、今見てみると不思議な点も多いCMだ。


スタジオに入ったDrakeの調子が上がらず、スプライトを飲むとスイッチが入るという展開はいいのだが、なぜかそこでロボットに変身してしまうDrake。これはその後もミーム化してネット上で使われるほどネタにされてしまった。最後には元のDrakeに戻り代表曲「Forever」を歌い出すのだが、今のDrakeでは拒否するだろうなという内容だ。




予算をかけすぎた!! Snoop Dogg出演のコマーシャル


幅広く多くの業種のCMに出演してきたSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)。そのひとつがアメリカで人気のジャンクフード「Hot Pocket」だ。このCMにはSnoop Doggの他にもモデルのKate Upton(ケイト・アプトン)、俳優のOliver Cooper(オリバー・クーパー)らも出演しており、1個1ドル(多くは5個入りで5ドルで販売されている)の商品にしては予算をかけすぎているのでは!?


個人的には好きなラッパーがCM用に曲を書き下ろすのは好きなのだが、4分越えの作品となるとヘビーな気が...。




サイドメニューを歌うMary J. Blige


ラッパーだけではなく、レジェンドR&BシンガーのMary J. Blige(メアリー・J・ブライジ)もまた失敗と言われるCMに出演した経験を持つ。バーガーキングと言えばメインメニュー、ワッパーシリーズではなく、サイドメニューのチキン・ラップをステージに立ち歌い出すMary J. Blige。


さらにこのバーガーキングのCMは人種差別問題に発展するまでの深刻なものになってしまったのだ。これについてはMary J. Bligeもラジオ番組出演し謝罪。動画もすぐに削除されていた。




Complexの特集記事では、Flo Milliが出演したBeats By DreのCM、MC Hammermが出演したKFCのCMなど、上に挙げた以外でもラッパーが出演したオモシロCMを掲載している。興味のある人は以下のリンクからチェックしてみてはいかがだろうか。


https://www.complex.com/music/2021/01/worst-rapper-commercials/




written by BsideNews


source

https://www.complex.com/music/2021/01/worst-rapper-commercials/


photo

https://www.youtube.com/watch?v=mh6vHoyBs58




SHARE