ファッションブランド「Off-White」とWeezerがコラボ、噂の「Off-White Album」の正体とは?

ナイキとのコラボスニーカーが話題のOff-WhiteがファッションショーでWeezerの曲をセレクト
SHARE
2018.01.22 03:20

ナイキとのコラボスニーカーがネットで大きな反響を得ているVirgil Abloh(ヴァージル アブロー)のファッションブランド「Off-White」。


先日行われた2018年/2019年秋冬コレクションのファッションショー動画が公開された。 


◼︎関連記事:ネットで反響! ナイキ「Air Jordan 1」「VaporMax」とVirgil AblohのOff-whiteの新作コラボスニーカー 


ウィーザーの曲をフィーチャー  


ファッションショーでは、サウンドトラックとして、ラッパーのタイラー・ザ・クリエイター(Tyler the Creator)の「See You Again」が使用されたが、それ以上に注目を集めたのは、オープニングで日本で高い人気を誇る大物パワーポップ・バンドであるウィーザー(Weezer)の「Only in Dreams」という曲が使用された。



ウィーザーといえば、エモーショナルで涙を誘うような叙情的なメロディーで人気のバンド。今回使用された「Only in Dreams」は、1994年にリリースされたバンドのデビューアルバムでセルフタイトルの『Weezer』に収録されている。また同アルバムは青を基調としたジャケになっていることから通称『Blue Album』と呼ばれており、これにあやかり、それ以降に発売されたバンドのセルフタイトルアルバムは『Green Album』、『Red Album』、『White Album』といった感じで同じようにジャケカラーがアルバム名として認知されている。 


Instagramでコラボを示唆  


今回のOff-Whiteのファッションショーについて、ウィーザーは以前にInstagramで、自らのカラーネームアルバムを引き合いに出し、Virgil Ablohと”Off-White”アルバムを作っていることを示唆していた。


バンドとブランド両方のファンが歓喜し、コラボに対する期待をその投稿に寄せていた。


実際のコラボは、残念ながら新曲というわけではなかったが、バンドには現在、次のカラーネームアルバム『Black Album』をリリースするという噂があり、先述のInstagram投稿はそれを引用したものだったようだ。


個人的にはこのファッションショーをきっかけに久しぶりに『Blue Album』を聴き返してみたがやはりエモい。90年代ブームの今、リアルな90年代の名盤の持つ、古びれない音楽の魅力を再確認。ウィーザーの曲をまだちゃんと聴いたことがないという人は是非この機会に聴いてみて!! とりあえず入門編としては『Blue Album』がやっぱりオススメ。


参考: 

https://pitchfork.com/news/weezer-soundtrack-virgil-ablohs-off-white-fashion-show-watch/ 


Written by Jun Fukunaga 

Photo: Off-White Facebook

SHARE