Pioneer DJがDJアプリをアップデート、ストリーミングサービス対応に。DJコントローラー「DDJ-200」もリリース

「WeDJ for iPhone」では音楽ストリーミングサービスのBeatport LINKから音源をロードすることができる。
SHARE
2019.05.14 11:30

Pioneer DJが新たに無料DJアプリ「WeDJ for iPhone」をアップデート、あわせてDJコントローラー「DDJ-200」を発表した。



「WeDJ for iPhone」と最新DJコントローラー「DDJ-200」でDJを楽しむ


今回のアップデートにより、「WeDJ for iPhone」は、音源を購入する必要なく音楽ストリーミングサービス「Beatport LINK」からロード可能に。また、初心者向けのサポート機能として「チュートリアル機能」や「TRANSITION FX機能」などが追加されたことで、これまで以上に簡単にDJを楽しむことができるようになった。 


一方、5月23日に発売されるDDJ-200は、先述の「WeDJ for iPhone」やサードパーティーDJアプリの「djay」などと組み合わせて使うことができる初心者向けのDJコントローラーだ。基本的にはスマホとコントローラーを付属のUSBケーブルでつなぐだけで使用可能で、本体自体も小型軽量化ボディとコンセントがない環境でもモバイルバッテリーから電源を供給して駆動する仕様になっているため、いつでもどこにでも持ち運びできる。





Pioneer DJ製コントローラーの基本機能を踏襲した「DDJ-200」 


またコントローラーのデザインは、2つのプラッターと3バンドEQ、縦とクロフェーダー、8つのバッドなど、Pioneer DJ製コントローラーの基本機能を踏襲。初心者だけでなく、これまで同社のコントローラーを使用したことがある人も使いやすいデザインになっている。


さらにスマホだけでなく、Pionner DJのDJソフト「rekordbox」をダウンロードしたPC/Macとの接続することで、PCDJ用のコントローラーとしても使用可能だ。ちなみにメーカーサイトによると「WeDJ for iPhone」に対応しているBeatport LINKは、rekordboxにも今年秋頃に対応が予定されている。そちらの続報も気になるところだ。


なお、DDJ-200は、気軽にDJプレイを楽しんでもらうために販売価格も2万円以下という他のコントローラーに比べて安価な価格に設定されている。是非、無料の「WeDJ for iPhone」と組み合わせてリーズナブルにDJプレイを楽しんでほしい。


詳細が気になった人はPioneer DJの公式サイトをチェックしてみよう。 


written by Jun Fukunaga


source:

https://www.pioneerdj.com/ja-jp/news/2019/ddj-200-smart-dj-controller/

https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/controller/ddj-200/black/overview/


photo: Pioneer DJ



SHARE