最注目の就任劇!! ルイ・ヴィトン初となるアフリカ系アメリカ人ディレクターは、元カニエ・ウェストのクリエイティブ・ディレクター

前任のKim Jones(キム・ジョーンズ)からVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)へ。ビッグメゾンの垣根を越えた最高の“コラボレーション”が実現する。
SHARE
2018.03.28 11:00

「家族とともにパリへ拠点を移す予定だよ」The New York Timesの電話取材に応えたのは、キム・ジョーンズ退任ののち、噂というか、もはや期待の声で名前が挙がっていたヴァージル・アブロー。このたびLouis Vuittonのメンズクリエイティブディレクターに就任した。コラボするブランドは軒並みソールドアウト。最強の“バズメーカー”が世界最高峰のビッグメゾンのメンズラインを手掛けるニュースは1日も経たず世界中を駆け巡った。



ラグジュアリーとデザインを両立させる希代のクリエイター、ヴァージル・アブロー


ヴァージル・アブローはKanye West(カニエ・ウェスト)のクリエイティブディレクターを10年間務めた人物であり、ストリートウェアブランド、OFF-WHITE ℅ VIRGIL ABLOH(以下:オフホワイト)の創始者である。今でこそ主流になったラグジュアリーストリート(この言葉はあまり好きではないが)という概念はオフホワイトによる影響が大きい。「Pyrex Vision」や「RSVP Gallery」などのブランドを手掛け、Nike、Jimmy Choo、Levisなどとのブランドとコラボレーションラインを発表。性別、ジャンルを問わずその手腕を発揮してきた。名実ともに、キム・ジョーンズの後任として名前が挙がっていたが、ヴァージル・アブローはもともと建築を学んだ人物である。ファッションスクール出身でないことから、ビッグメゾンは起用しないだろうという理由で噂の域を出なかったのだ。しかし、LVMH Moët Hennessy Louis Vuitton(LVMHグループ以下:LVMH)は伝統よりも、新しい価値観とヴァージル・アブローの洗練された感性を重要視した。





ただのブームじゃない。LVMHとヴァージル・アブローの関係性


最高経営責任者(CEO)であるマイケル・バーク氏は、「ヴァージルは、古典と時代精神の橋渡しをするのにこれ以上ない人物だ」と評する。バーグ氏との出会いはかつてカニエ・ウェストとヴァージルアブローが6ヵ月間Fendi(以下:フェンディ)でクリエイションを行ったときまで遡る。当時のフェンディ最高経営者だったのがバーグ氏だ。その創造性にすでに魅せられていたという。“伝統”に対するメタファーとしての破壊と再構築。それはヴァージル・アブローのクリエイションに一貫して見られるオリジナリティだ。また、オフホワイトは2015年のLVMH若手デザイナー賞のファイナリストに選出されている。ヴァージル・アブローはファイナリストとして初のLVMH主要デザイン部門を担うディレクターとなり、Louis Vuittonで最初のアフリカ系アメリカ人ディレクターが誕生した。ヴァージル・アブローは語る。「ラグジュアリーの頂点といえるブランドと、デザインとラグジュアリーの新たなページを創造できるこの機会は、僕のもっとも野心的な夢であり常に目標だった。若い世代にも新しい価値観、多様性を提示したい。それには非常に現代的な精神が必要だと思う」






キム・ジョーンズからヴァージル・アブローへ。LVMHが目指すものとは


今回の采配は今年1月に始まったLVMH社のメンズウェア部門改革の一環だ。前任者であるキム・ジョーンズは退任に伴い、LVMHグループ傘下のChristian Dior(クリスチャンディオール)のメンズデザイナーに就任している。加えて、今回のヴァージル・アブローのLouis Vuitton起用は、消費者のニーズが高級既製服とストリートウェアに混在し、激化していることを反映している。伝統を重んじるだけでなく、現代の文化に新しい形で対応しなければならないというラグジュアリー業界の認識が表れているのだ。バーク氏いわく、「そもそもLouis Vuittonはステレオタイプのクチュールハウスではなかった。 19世紀半ばから1920年代にかけては、古い貴族ではなく常に新しい裕福な階級に対応しようしていた」と語る。そのマインドは時代を越え、数々のアーティストとのクロスオーバーや、キム・ジョーンズが行ったSupreme(シュプリーム)、藤原ヒロシのFragment Design(フラグメントデザイン)とのコラボレーションにも反映されている。一方、ヴァージル・アブローは今年、アーティスト村上隆とロンドンで個展を行い、来年は家具ブランドIKEAとのコラボを予定。それぞれ、数々のブランドやアーティストと共演を果たしてきたLouis Vuittonとヴァージル・アブロー。世界一有名な“コラボレーター”同士が手を組んだコレクションは6月のパリで明らかとなる。New York Timesが昨年9月に公開したムービーでは、スタジオでクリエイションするヴァージル・アブローの様子が詳細に映し出されている。ドレスもTシャツもラグジュアリーに。ヴァージルの仕事の流儀を見て、来たるコレクション発表にそなえよう。






ヴァージル・アブローはファッション界のオスカーといわれる「CFDA(CFDA(Council of Fashion Designers of America)」でメンズ、レディース部門ともにノミネート。その他のノミネートデザイナーについて紹介しているblock.fmニュース記事も併せてチェックしてみてほしい。

参考:https://www.nytimes.com/2018/03/26/business/louis-vuitton-virgil-abloh.html?partner=rss&emc=rss&smtyp=cur&smid=tw-nytimes


Written by TOMYMOCHIZUKI

Photo:The New York Times



SHARE