アメリカ2021年上半期アナログレコード販売枚数が昨年比108%増、話題のNFTもアーティストの重要な収入源に

アメリカ2021年上半期アナログレコード販売枚数が昨年比108%増、話題のNFTもアーティストの重要な収入源に
SHARE
2021.08.04 10:00

2021年上半期のアナログレコードの販売枚数が昨年比108%増の1920万枚だったことがわかった。



今やアナログレコードの販売枚数はCDの販売枚数を凌ぐものに


MRCデータによるとアメリカでは昨年、1986年以来、初めてアナログレコードの販売枚数がCDを上回ったが、今年上半期もCDの販売枚数は1890万枚にとどまっており、昨年に引き続きアナログレコードの人気はCDを凌ぐものになっている。また、この結果は右肩上がりで成長を続けていたアメリカでのアナログレコード人気の高まりが今も続いていることを物語る結果だ。

これまでのところ、今年好セールスを記録しているアナログレコードは、Taylor Swift『Evermore』、Harry Styles『Fine Line』、Billie Eilish『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』、Kendrick Lamar『Good Kid M.A.A.D City』など。

しかし、アナログレコード市場が活況の裏にはコロナ禍でのロックダウンが、かねてからのレコードブームによるレコードプレスの遅延に拍車をかけたことで、サプライチェーンが混乱。小規模なインディレーベルの経営を圧迫していることも報告されている。また、今夏は猛暑により、アナログレコードの配送時にレコードの盤面が歪むという問題も起きている。

関連記事:記録的猛暑がアナログレコードにも影響、アメリカで熱によるレコード盤が歪む問題続出 



ストリーミングは過去6ヶ月間で15%増加、NFTもアーティストの重要な収入源に 


なお、そのほかにストリーミングは過去6ヶ月間で15%増加していることや、今年に入ってから急速に音楽業界でも急速に注目が集まっているNFTが従来の音楽販売、ストリーミング、チケット販売を超えて、アーティストの重要な収入源となっていることも明らかになっている。Water & Music社のデータによると、2021年4月時点で、アーティストは音源やアートワークをNのNFT販売により約7050万ドルの利益を得ているとのことだ。

written by Jun Fukunaga

source:
https://americansongwriter.com/vinyl-record-sales-up-108-2-in-first-half-of-2021/

photo: piqsels.com



SHARE