黒人やLGBTQI+アーティストのためのレーベル「BEAUTIFUL」が始動! オーナーはUKの人気DJのSHERELLE

レーベルでは今後、音楽クリエイターを目指す人のためのワークショップを行うほか、活動拠点となるベニュー所有を目指すという。
SHARE
2021.05.27 01:00

UKの人気クィアDJで、DJクルー「6 Figure Gang」メンバーや「Hooversound Recordings」の共同設立者として知られるSHERELLEが、新レーベル兼プラットフォーム「BEAUTIFUL」設立を発表した。



レーベルではリリース以外に音楽クリエイターを目指す若者のためのワークショップなども開催


黒人やLGBTQI+のアーティストのためのレーベルである「BEAUTIFUL」は、第1弾リリースとして、SHERELLEがセレクトしたお気に入りのアーティスト作品を集めたコンピレーションをリリースする。 


レーベルは、これまで黒人やマイノリティアーティストが音楽業界でキャリアを築いていく上で、業界の不平等さに直面せざるを得なかったことを背景に設立。また、コロナ禍は、白人よりも黒人に対して、大きな影響を与えており、それがブッキングや収入の減少につながっているとSHERELLEは述べている。 


そういった人種差別の現状やそれに伴う格差の是正のために今後、「BEAUTIFUL」では、音楽クリエイターを目指す若者のためのワークショップの開催やテクニカルリソースの提供を行う予定。また、レーベルは将来的に所属アーティストの活動場所となるベニュー所有も目指すという。




UKでは音楽業界におけるジェンダー格差是正を目的にしたプロジェクトも始動


UKでは今月、DJのJaguarと音楽スクール「FutureDJs」がタッグを組み、音楽業界におけるジェンダー格差是正を目的にしたプロジェクト「Future1000」が始動させている。


UK Music Diversity Surveyによると、音楽業界の全アーティストに占める女性の割合はわずか16%に過ぎず、業界で活躍する女性は少数だと言わざるを得ない状況だ。

「Future1000」ではこの問題を解決するべく、女性、トランス、ノンバイナリー学生1000名を対象にキャリアアップの機会を無償で提供することを目的としている。

関連記事:音楽業界におけるジェンダー格差是正を目的にしたプロジェクト「Future1000」が始動 

ワクチン接種が進んだことで、徐々に復活の兆しを見せるUKクラブシーン。しかし、SHERELLEが述べたようにコロナ禍は、人種差別など様々な社会問題を改めて浮き彫りにしている。それだけに今後はクラブシーンが抱える課題解決のための動きにもさらに注目が集まることになりそうだ。

関連記事:のべ5万人が参加したイギリスのソーシャルディスタンスを確保しない実験イベント、コロナ陽性反応はわずか15人

なお、SHERELLEは、今春ロンドンで開催された同地の名所を舞台にDJ配信を行うライブ配信イベントシリーズ「London Unlocked」にも参加。Tim ReaperとのB2Bセットをロンドン・コロシアム(London Coliseum)にて披露している。


written by Jun Fukunaga

source: https://ra.co/news/75384


photo: SHERELLE Facebook 


SHARE