TYO GQOM主催の新レーベル発足、コンピアルバム『TYO GQOM Compilation Vol.1』をリリース

KΣITO、mitokon、K8、Hiro "BINGO" Watanabe、DJ MOROからなるDJクルー、TYO GQOM主催の新レーベル『USI KUVO Records』が発足した。
SHARE
2020.05.22 12:30

南アフリカ発祥のハウス・ミュージック "GQOM(ゴム)"を中心に様々な現代アフリカン・エレクトロニック・ミュージックをプレイするコレクティブ『TYO GQOM』が、レーベル『USI KUVO Records』を始動、コンピレーション・アルバム『TYO GQOM Compilation Vol.1』を5月22日にリリースした。



TYO GQOMは、KΣITO、mitokon、K8、Hiro "BINGO" Watanabe、DJ MOROの5名からなるDJクルー。


南アフリカ・ダーバンで生まれたGqomをはじめ、Amapiano、Singeliなど現行のアフリカン・ミュージックを東京的解釈でクロスオーバーさせるDJスタイルが注目を集めている。


幡ヶ谷Forestlimitにてクルーと同名のレギュラーパーティーを不定期開催しており、これまでにMars89、xiangyuをゲストに招き毎回他にない盛り上がりを見せている。また、WWWのパーティー"LOCAL X8 WORLD"にて行われた、Planet Mu等からもリリースしているRian Treanorとのツーマンや、渋谷Contactで開催された "TREKKIE TRAX VS TYO GQOM"ではTREKKIE TRAXとAhadadreamと共演し大きな話題を呼んだ。


記念すべきレーベル第一弾となる本作には、TYO GQOMのメンバーに加えT5UMUT5UMU、Indus Bonze、Strange Contentsの日本勢と、Drumetic Boyz、Loktion Boyzの南アフリカ本国のプロデューサーが参加。Gqomを基軸に、UK Funky、Gorgeなど各自のバックグラウンドが感じられる内容に仕上がっている。


Bandcamp、Spotify、Apple Music等で一斉リリース。


【関連記事】

次に流行る新しいハウスはこれだ。今、盛り上がる”Gqomゴム”とは?




【リリース情報】




V.A. - “TYO GQOM Compilation Vol.1”


参加アーティスト:

Drumetic Boyz (from South Africa)

Hiro "BINGO" Watanabe

Indus Bonze

KΣITO

K8

Loktion Boyz (from South Africa)

DJ MORO

Strange Contents

T5UMUT5UMU

(A to Z)


レーベル:USI KUVO Records


リリース日:2020年5月22日





SHARE