TuneCore Japan、2020年度のアーティスト還元額は71億円 前年比168%に

国内のインディペンデントアーティストの勢いおよび市場におけるシェアはさらに拡大していることが明らかに。
SHARE
2021.05.12 09:00

音楽デジタルディストリビューションサービスTuneCore Japanが、2020年度のアーティストへの還元額が約71億円(前年比168%)となったことを発表した。2012年のサービス開始以来、累積でアーティストへの還元総額は170億円を突破。


さらに、2020年のTuneCore Japanの動向やインディペンデントアーティストの活躍を振り返る特設ページ『MUSIC YEARLY STATS 2020』も公開された。


▼TuneCore Japan『MUSIC YEARLY STATS 2020』特設ページ

https://www.tunecore.co.jp/music-yearly-stats/2020


TuneCore Japanは、自分で作った楽曲を利用者であれば誰でも55以上の配信ストア・185ヶ国以上へ配信できる音楽デジタルディストリビューションサービスで、利用者への収益の100%還元が大きな特徴の一つ(※楽曲の売上から配信ストアの手数料を除く、すべての収益をアーティストに還元)。


前回の還元額の発表時には利用アーティストへの累積還元額が100億円を突破、そして今回2020年度だけで約71億円をアーティストへ還元(前年比168%)する結果となった。国内でもインディペンデントアーティストの勢いおよび市場におけるシェアはさらに拡大している。






楽曲配信先の追加、機能のアップデートも実施


TuneCore Japanでは、“自分のスタンスを貫きながら独立した活動をする”新しい時代のインディペンデントアーティストのムーブメントを伝えサポートするため、昨年末から「#IndependentAF」キャンペーンを国内でも立ち上げ。


また、様々な機能のアップデートも実施。新たな配信先として『Amazon Music Free』を追加。さらにFacebook、Instagramへの楽曲提供が可能になる「Facebook Music プロダクト」をリリースし、配信楽曲がさらに多くのリスナーと出会うことのできる機会創出を強化。


要望の多かった歌詞の登録にも対応し、主要な配信ストアに歌詞を配信できるようになった。Video Kicksビデオ配信サービスにおいても新たな配信先に『Amazon Music Unlimited』、『dミュージック月額コース』を追加し、各配信ストアへのリンク一括機能 LinkCoreにも対応開始している。


http://www.tunecore.co.jp/




SHARE