音楽クリエイター必見! 誰でもシングル配信無料の特別キャンペーンをTuneCore Japanが開始

今回のキャンペーンは新規ユーザーだけでなく、すでに同サービスで配信を行なっているユーザーも含めた全員が対象となる。
SHARE
2020.01.22 11:00

音楽デジタルディストリビューションサービスのTuneCore Japanが、2020年の最初のキャンペーンとして、誰でもシングル1曲分の配信利用料が無料になるキャンペーンを実施する。



全員対象の配信無料キャンペーンを利用して音楽を配信しよう! 


キャンペーンは、すでにTuneCore Japanを使って楽曲を配信しているユーザーも、まだTuneCore Japanを使ったことがない新規ユーザーも、全員が対象となるスペシャルなキャンペーンになっている。 


キャンペーン期間は2020年1月22日から2020年2月2日まで。利用方法はTuneCoe Japanのアカウントへログイン後(初めての方はアカウントを作成した後にログイン)、「シングルリリース」を作成、音源やジャケットデータ、楽曲情報等の登録を進め、「STEP4 決済画面」にて「1年間配信」を選択後にクーポンコードの「2020」を適用。「”2020" シングル配信無料キャンペーンクーポン」を選択するだけで利用することができる。 

*配信1年分・1アカウント1回のみ、シングルリリース登録はPCで行う。 


2019年、アメリカでは音楽ストリーミングサービス売上が全体の80%に到達。これにより音楽ストリーミング売上は、2010年の7%から10年間で音楽市場のシェアを書き換えるほどの成長を遂げたことが報告されている。


関連記事:Justin Bieber、ファンに対するいき過ぎたストリーミング再生呼びかけが物議を醸す 


日本国内においてもストリーミングサービスの存在感が強まっている中、これまではフィジカルリリースのみでストリーミングサービスで楽曲配信をしたことがないアーティストにとって、今回のキャンペーンはストリーミングサービスでの楽曲配信にチャレンジする絶好の機会だといえる。 


また先述のとおり、TuneCore Japanを使って楽曲配信をしたことがあるアーティストも適用されるため、配信を検討していた新曲や未発表楽曲がある場合、このキャンペーンを利用してみてはいかがだろうか?



昨年、提供開始されたTuneCore Japanのサービスもあわせてチェック! 


なお、TuneCore Japanは昨年、アーティスト同士で曲の収益を自動分配できる新機能「スプリット」や店舗向けBGMストリーミング配信サービス「PlayNetwork」への楽曲提供も開始している。音楽クリエイターは、今回のキャンペーンとあわせてチェックしておくべし!



関連記事: 

TuneCore Japanがアーティスト同士で曲の収益を自動分配できる新機能「スプリット」提供開始  

TuneCore Japanが「PlayNetwork」楽曲配信を開始! 自作音源を店舗BGMとして配信可能に 


written by Jun Fukunaga



SHARE