TuneCore Japanがアーティスト同士で曲の収益を自動分配できる新機能「スプリット」提供開始

楽曲制作において複数のアーティスト、プロデューサーらが関わる現代の制作における収益分配事情に対応する。
SHARE
2019.09.10 09:00

音楽デジタルディストリビューションサービスのTuneCore Japanが、現代の音楽制作事情に対応する新たな新機能として、音楽アーティスト・ミュージシャン同士で曲の収益を自動分配できる「スプリット」機能の提供を開始した。



新機能「スプリット」リリースの背景  


TuneCore Japanによると、同サービス利用者への還元額は2018年度で約25億円(前年比168%)、過去累計で約55億円と、インディペンデント・アーティストやレーベルによるiTunes, Apple Music, Spotifyなど各種音楽プラットフォームからの収益は増加傾向にあるという。  


だが、現代の音楽シーンでは、楽曲制作においても、バンド・グループでの活動以外にほかのアーティストとのコラボレーションやフィーチャリングや複数のプロデューサー、アレンジャーの参加など複数人が関わることが少なくない。そういった時代的な背景から、今回、TuneCore Japanは、各関係者ですべての音楽ストリーミング・ダウンロード収益を自動分配、再生回数などのアナリティクスデータを共有することで楽曲の可能性を広げるとともに、より安心できる音楽活動の場を提供することを目的に「スプリット」機能の提供を開始した。





収益を自動分配する「スプリット」の機能 


「スプリット」では、作品に関わったアーティスト、フィーチャリング、プロデュース、ディレクション、レコーディング、ミキシング、マスタリング、リミックス、レーベル、マネージメント、エージェント、プロモーション、アートワーク、ビデオ、作詞、作曲、編曲、訳詞、演奏等を行った関係者へ、楽曲の収益を自動で分配することができる。


設定は分配したい相手のメールアドレスと%(割合)を入力するのみと非常に簡単。コラボレーター側は承認するだけで収益を受け取ることができ、自身が関わる楽曲の速報レポート・確定レポートを閲覧することができる。またTuneCore Japanにアカウントを持っていれば、当初は無償でスプリット機能を利用可能だ。  




インディペンデントで活動するアーティストにおいても自分の曲以外に客演、リミックス、楽曲提供など様々なかたちがあり、収益を得る方法も買切りであったり、収益の何%を得るかなど様々な契約形態があるだろう。しかし、特に成功報酬的な収益の分配は、個人で活動している場合、管理するのはなかなか手間がかかる。そういった作業をあらかじめ取り決めたルールに則り、自動で分配してくれる機能は非常にありがたいはず。 


また最近では、思いがけないバイラルヒットなどもあり、一夜でスターの座を手にするアーティストも決して少なくない。そういった可能性を踏まえて、コラボの際にオプションの収益分配する契約を結ぶ場合もこの機能なら収益状況の確認が明瞭かつ分配作業の手間がかかることもなさそうだ。今後、様々なかたちでのコラボリリースを予定しているインディペンデントアーティストはこの機会に「スプリット」を試してみてはいかがだろうか?


written by Jun Fukunaga



SHARE