テクノの名作をアナログレコードで再盤化。名門レーベルTresorからジェフ・ミルズの名盤など5作品

そのほかにはホアン・アトキンスの別名義Infinitiの作品などもリイシューされる。
SHARE
2018.11.09 02:00

ベルリンの有名クラブ兼レーベルとしてテクノファンの間で知られる名門レーベル「Tresor」が、レーベルの過去音源からデトロイトテクノの名盤をアナログ盤(一部CD)でリイシューする。




Jeff Mills『Waveform Transmission Vol.3』など名盤がリイシュー 


今回リイシューされるのは、今月、MUTEK.JP 2018にも盟友Mad MikeことMike BanksとのユニットX-102として出演していたデトロイトテクノのレジェンド、Jeff Millsによる『Waveform Transmission Vol.3』を始め、デトロイトテクノのオリジネーターJuan Atkinsの別名義Infinitiによる『Skynet』、Robert Hoodによる『Internal Empire』、Drexciyaによる『Neptune’s Lair』、ベルリンの有名レコード店HardwaxのスタッフでもあるSubstanceとVainqueurのユニットScionによる『Arrange and Process Basic Channel Tracks』の5タイトル。




これらの過去作品はデトロイトとベルリンのテクノシーンをつなぐ意味で重要な作品であり、特に1994年にリリースされた先述のJeff Mills『Waveform Transmission Vol.3』、Robert Hood『Internal Empire』は、2人が所属していたUnderground Resistance(UR)以降のソロキャリアでの成功につながる作品だといえるので、テクノ好きにとってはありがたいリイシューなのでは?



デトロイトとベルリンを結びつける『Arrange and Process Basic Channel Tracks』


また個人的には今回のデトロイトテクノ関連リイシューでは厳密にいえば、デトロイトテクノではないものの、90年代のベルリンテクノシーンにおける最重要ユニットでデトロイトとベルリンを結びつけたBasic Channelの音源をScionが再構築した『Arrange and Process Basic Channel Tracks』のリイシューにも注目したい。




なお、これらのタイトルは11月から順次リリースされる予定で、第1弾となるJeff Mills『Waveform Transmission Vol.3』が11月2日にリリースされたばかり。そのほかのタイトルのリリース日が気になる下記のスケジュールをチェックしてほしい。 


▶︎リリース情報


Jeff Mills 'Waveform Transmission Vol.3'

TRESOR25 - 2018/11/2

Limited, stamped and hand-numbered 2LP Vinyl 


Infiniti 'Skynet'

TRESOR105 - 2018/11/16 

2LP Vinyl 


Scion 'Arrange and Process Basic Channel Tracks'

TRESOR200 - 2018/11/23

Limited CD edition


Drexciya 'Neptune’s Lair'

TRESOR129 - 2018/11/30

2LP Vinyl 


Robert Hood 'Internal Empire'

TRESOR27 - 2019/02/01

2LP Vinyl / CD


written by Jun Fukunaga


source:

https://mixmag.net/read/tresor-records-to-reissue-five-essential-detroit-techno-albums-news


photo: Southbank Centre




SHARE