sankara・TossがDABDEとのコラボ曲「up and down」を配信リリース ソロとしては1年ぶり

仙台を拠点にするunnunのラッパー/ビートメイカーのDABDEとコラボ。
SHARE
2021.01.27 09:00

sankaraのラッパー・Tossが、仙台を拠点にするunnunのラッパー/ビートメイカーのDABDEとコラボレーションした新曲「up and down」を、1月27日(水)に配信リリース。



DABDEは、Tossが2018年から2019年にかけてsankaraでの活動の傍ら毎週新曲を発信していたソロ・プロジェクト「Weekly Lab」でタッグを組んでいた盟友。同曲も二人での制作が円熟してきた当時に原型ができたもので、Toss自身のフェイヴァリットでもあることから、ソロ活動のニューイヤーを飾る曲に選んだ。


「DABDEとは音楽的な背景や境遇が似ている」と話すToss。レトロでどこかシネマチックな“風景の見える”音色や不思議な和音、ゆったりとしたビートはいわゆる90年代/ローファイなヒップホップの文脈にありながらも、まさに二人の見てきたものが共有できているからこそのタイムトリップ感。そこに、“夢”をテーマに“下を向いて歩くより上を向いて過ごしていきたい”、“自分より下の人を見るより上にいる人達をみていたい”といった想いを込めた、青く普遍的なメッセージが乗ることで、フリーキーでありながら全世代の背中を押すような、ポップな魅力も併せ持つ曲に仕上がっている。


ミュージックビデオの監督は、「Weekly Lab」のクルーであり、sankaraとも切っても切り離せない関係のGyuが努めた。





【リリース情報】




Toss & DABDE「up and down」


配信リンク:

https://lnk.ffm.to/upanddown


【プロフィール】




Toss

sankaraのラッパー Toss。2019年、WEB 上で毎週公開していた“Weekly Lab Vol.1”をSpotifyにて限定配信。 グローバルな一面を持ちつつも、ラッ パーとして、日本での可能性を広げるべくソロとしても精力的に活動中。




DABDE

仙台出身。 2018年に結成したunnunのラッパー兼ビートメーカー。 unnunの全ての曲をプロデュースし、自身の日常を切り取った楽曲は、ヒップホップをベースに、 独特でありながら中毒性がある。




SHARE