フジロック出演決定Tom Mischが「Smells Like Teen Spirit」カヴァー公開! 再解釈によるエモさ際立つ

「Quarantine Sessions (隔離セッション)」と題した動画では独自のギタープレイで再解釈されたカヴァーになっている。
SHARE
2020.03.20 09:30

今年8月に行われるフジロック’20に出演することが決定したTom Mischが、「Quarantine Sessions (隔離セッション)」と題した動画を公開した。



Tom MischがNirvanaの「Smells Like Teen Spirit」をカヴァー  


Tom Mischの音楽スタイルはJ.Dillaに影響を受けたビートについて語られることも多いが、その一方でJohn Mayer、Eric Claptonといったレジェンダリーなギターヒーローも認める”新世代のギターヒーロー”としても注目が集まっている。


 公開された動画でTom Mischは、Nirvanaの名曲「Smells Like Teen Spirit」カヴァーを披露。同カヴァーはギターとループマシーンを駆使したギタープレイでロック・アンセムを再解釈したものになっており、オリジナルとはまた違った泣きのエモさが際立つアレンジが特徴だ。そのためファンのみならず全ギターキッズ必聴の音源だ。





『Beat Tape 1』やコラボアルバム『What Kinda Music』リリースを控える 


デビュー・アルバム『Geography』(2018)が大ヒットを記録し、音楽ファンはもちろん、「Ain’t Nobody Know」での共同プロデュースも話題の星野源をはじめ国内の様々なアーティストからも支持を獲得しているTom Misch。いよいよ来週3月27日には、彼が19歳の時に発表し、シーンに衝撃を与えたセルフリリース作『Beat Tape 1』のCDリリース、そして4月にはドラマーのYussef Dayesとのコラボアルバム『What Kinda Music』のリリースも控えている。



これまでにSUMMER SONICやGREEN ROOMといった大型フェスティバルでも多くのオーディエンスを魅了したTom Misch。その洒脱なサウンドと美声、そしてスタイリッシュなギタープレイが今年は苗場で披露されることに期待したい。  


なお、block.fmでは『Geography』やTom Mischが参加した星野源『Same Thing』のレビューも公開中だ。  


関連記事: 

【レビュー】GREENROOM FESTIVAL'19出演 Tom Mischのカラフルな音楽観を感じる『Geography』

【レビュー】星野源『Same Thing』EP PUNPEEらとのコラボで引き出された新たな魅力


written by Jun Fukunaga



SHARE