冨田ラボの新曲「MAP for LOVE」4/21リリース bird、WONK長塚、Ryohu、Nazら9名のシンガーが集結

昨年のSTAY HOME期間にリモートで制作されラジオ特番のみで披露された楽曲が配信リリースとなる。
SHARE
2021.04.15 09:00

冨田恵一のセルフプロジェクトでもある冨田ラボが2021年に再始動。2020年に冨田恵一が書き下ろしたPOPS、HIP HOP、R&B、SOUL、JAZZなど様々なジャンルの要素のメロディー・ビートを一つにまとめ上げた10分を越えるインスト楽曲「MIXTAPE」を2月3日に発表し、2021年の活動をスタートさせた。





そして、第二弾となる作品『MAP for LOVE』を4月21日にリリースすることが明らかとなった。これは総勢9名のシンガー、坂本真綾、長岡亮介(ペトロールズ)、長塚健斗(WONK)、Naz、bird、藤原さくら、堀込泰行、吉田沙良(モノンクル)、Ryohu(KANDYTOWN)がボーカルで参加する大作となっている。


ジャケットアートワークは東京を中心に活動をする、オランダ人の画家Tymen Visser(タイメ ン・フィッセル) による描き下ろし。


この曲はJ-WAVEをきっかけに誕生した曲となっている。J-WAVEは2020年5月6日(水)にSTAY HOMEで楽しめる15時間の音楽フェスを開催。冨田ラボもこのプロジェクトに賛同し、新型コロナウイルスの影響で残念ながら開催中止となったライブイベント「TOKYO M.A.P.S」でも何か出来ることはないかとイベントオーガナイザーでもある冨田が「TOKYO M.A.P.S」に出演予定だった一部アーティストたちと共に、この日のためにリモートワークで曲を制作。


プロデュース、作曲、編曲は冨田恵一(冨田ラボ)、作詞を角田隆太(モノンクル)、ラップパートをRyohu(KANDYTOWN)が担当した。各アーティストのボーカルデータを受け取った冨田が自宅スタジオでミックスまで手掛け、曲制作の全工程はわずか数日間で完成させた。





また、4月16日(金)の J-WAVE「〜JK RADIO〜 TOKYO UNITED」で「MAP for LOVE」の先行オンエアが決定。1年前にリモートワークで制作されて以降、冨田がさらに手を加えた2021年ヴァージョンが初解禁となる。


そして初の試みとして、昨年に続きオーガナイザーに冨田ラボを迎え、J-WAVEのオンエアと六本木ヒルズ内でのAUDIO ARで「TOKYO M.A.P.S SPIN-OFF」の開催が決定。4月29日(木・祝)に「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL TOKYO M.A.P.S SPIN-OFF 〜TOMITA LAB EDITION〜」と題し、冨田ラボ自身のプロデュース作品をはじめ、関わったアーティストの楽曲、さらに冨田ラボのおすすめの曲、最近注目している曲など、「TOKYO M.A.P.S」ならではのオーガナイズされた音楽世界を9時間にわたってお届け。「TOKYO M.A.P.S 」に出演予定だったアーティストのゲスト出演も予定している。


冨田ラボ選曲の5曲を六本木ヒルズを歩きながら楽しむAUDIO ARも4月29日より展開予定。





【リリース情報】




冨田ラボ 配信シングル「MAP for LOVE」

2021年4月21日リリース

https://jvcmusic.lnk.to/MAPforLOVE


Produce, Arrangement, Instruments & Treatment : 冨田恵一 

Music : 冨田恵一

Words : 角田隆太(モノンクル)、Ryohu(KANDYTOWN)

Singers(五十音順) : 

坂本真綾 

長岡亮介(ペトロールズ) 

長塚健斗(WONK)

Naz

bird

藤原さくら

堀込泰行 

吉田沙良(モノンクル) 

Ryohu(KANDYTOWN)


Recording Engineer : 冨田恵一 at TOMITA LAB STUDIO & The singers themselves 

Mixing Engineer : 冨田恵一 @ Tomita Lab Studio

Mastering Engineer : 内田孝弘 @ FLAIR

Cover Artwork : Tymen Visser


番組情報

番組名:J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL TOKYO M.A.P.S SPIN-OFF 〜TOMITA LAB EDITION〜 

放送日時:2021 年 4 月 29 日(木・祝)9:00~17:55

放送局:J-WAVE(81.3FM)

ナビゲーター:冨田ラボ、藤田琢己

レポーター:小林麗菜

提供:森ビル株式会社

WEB:https://www.tokyomaps.jp/

      


【プロフィール】




●冨田ラボ(冨田恵一)

冨田ラボとして今までに6枚のアルバムを発表、最新アルバムは2018年発売の『M-P-C “Mentality, Physicality, Computer"』。冨田ラボの元に今の音楽界に欠かせないアーティストたちが集結、次の時代のPOPSを提示する名盤。そして、2021年遂に再び始動。

2/3には秘蔵のビート&メロディーを使い、10分越えの壮大なインスト楽曲『MIXTAPE』をリリース。4/21には昨年開催中止となった冨田ラボがオーガナイザーを務めるライブイベント 「TOKYO M.A.P.S」に出演予定だった一部アーティストたち(長塚健斗 frm WONK、坂本真綾、 長岡亮介 frm ペトロールズ、Naz、bird、藤原さくら、堀込泰行、吉田沙良 frm モノンク ル、Ryohu frm KANDYTOWN、角田隆太 frm モノンクル)と共にコロナ禍で制作された「MAP for LOVE」をリリース。

     

音楽プロデューサーとしても、キリンジ、MISIA、平井堅、中島美嘉、ももいろクローバーZ、 矢野顕子、RIP SLYME、椎名林檎、木村カエラ、bird、JUJU、坂本真綾、夢みるアドレセンス、Uru、藤原さくら、Negicco、鈴木雅之、VIXX、スガシカオ、新しい地図、Naz、kiki vivi lily、高野寛、早見沙織、Ryohu等、数多くのアーティストにそれぞれの新境地となるような楽曲を提供する他、自身初の音楽書「ナイトフライ -録音芸術の作法と鑑賞法-」が、2016年度横浜国立大学の入学試験問題にも著書一部が引用され採用されたり、1つの曲が出来ていく工程をオーディエンスの前で披露する “作編曲 SHOW” の開催や、世界中から著名アーティストが講師として招かれることで話題のRed Bull MusicAcademy にてレクチャーなども行うなど、音楽業界を中心に耳の肥えた音楽ファンに圧倒的な支持を得るポップス界のマエストロ。





SHARE