WHO'S NEXT? 88risingからTERIYAKI BOYZ「TOKYO DRIFT」フリースタイルが配信。ANARCHYやJP THE WAVYが参加

Rich Brian、Suboiに始まりAUDREY NUNA、日本からはJP THE WAVY、ANARCHYによるフリースタイルが配信されている。
SHARE
2020.04.09 08:30

88risingのYouTubeアカウントから各アーティストによる「TOKYO DRIFT」のフリースタイル動画が配信中。





おうち時間にスクスク!! 88risingがTERIYAKI BOYS「TOKYO DRIFT」のフリースタイル動画配信中。日本からはJP THE WAVY、ANARCHYが参戦


88risingのYouTubeアカウントから、TERIYAKI BOYZの「TOKYO DRIFT」をカバーした動画が配信されている。同所属のRich Brianやベトナム・サイゴンのヒップホップクイーンSuboi、注目を集めるコリアンアメリカンのアーティストAUDREY NUNA、日本からはJP THE WAVYとANARCHYが参加。次は誰が参戦するのか楽しみな企画である。








JP THE WAVY、ANARCHYによる「TOKYO DRIFT」


アルバム『LIFE IS WAVY』をリリースしたばかりのJP THE WAVYはポップなアイテムとともに彼らしい軽妙な「TOKYO DRIFT」を披露。部屋にちりばめられたBABY MILO、VERDYによるGirls Don't Cry、村上隆のアートピースクッションといったグッズや、何体も置かれたベアブリックがキャッチーだ。ラップと同時に、BILLIONAIRE BOYS CLUB、BAPEといったさまざまなファッションスタイルでも楽しませてくれている。今の日本でTERIYAKI BOYZとの親和性という点でJP THE WAVYほどのハマり役はいないだろう。



そして次に登場したのはANARCHY。自身のレーベル1%の看板がかかげられた部屋で(これスタジオかと思ったけどお家? )BlackEyePatchのフーディに身を包み、ANARCHYらしい重厚さとユーモアを含んだフリースタイルを投下。消毒液、“マスク2枚”などピリっと効いた風刺も絶妙だ。ANARCHYらしいふてぶてしさがどこか不穏な空気すら漂わせる、キャラクター性が存分に発揮されたフリースタイルとなっている。さて、次に登場するのは誰だろうか。88risingの呼びかけによって行われた企画のようなので、そのキュレーションが楽しみである。




#おうち時間を楽しむために


新型コロナウイルスの影響による緊急自体宣言の発表などで、家にいる時間が長くなり、そんななかでアーティストたちは#おうち時間を楽しむため、工夫を凝らしたアプローチを行っている。星野源による #うちで踊ろう 企画や、DJの人たちは日々InstaライヴやTwitchを使ってDJ Mixを配信。Instaストーリーでは、お絵かきチャレンジやグラビアチャレンジといったバトン形式の懐かしいチャレンジが流行中。


先日、最新作『TBEP』をリリースし、収録曲「クラブ(CLUB)」のMVを公開したtofubeatsは「#ミュージシャン対抗炒飯選手権」なるタグを用いて一風変わったチャレンジ企画をInstagramで発信。SeihoやG.Rinaらが参加しそれぞれのお手製炒飯をポストしている。


炒飯はいいよな〜。


関連記事

星野源「うちで踊ろう」にSTUTS、三浦大知らアーティストが反応、コラボ動画を公開


tofubeats、最新ミニアルバム収録「クラブ」のMVを公開。「この曲があればクラブに行っていたときのことを思い出せる」


今回の「TOKYO DRIFT FREESTYLE」もそうだが、こういったときだからこそ、クリエイティブな発想で生活を豊かに彩る提案が必要だ。block.fmを運営する☆Taku Takahashi所属のm-floも、新曲「tell me tell me」のリミックスコンテストを開催中。チャレンジ企画の選択肢のひとつとして検討してみては。


m-flo♡Sik-K & eill & 向井太一「tell me tell me」リミックスコンテスト開催決定!! オフィシャルリリースのチャンスも



written by TOMYTOMIO

Photo:88rising Youtube





SHARE