The Weeknd、TikTokで最新アルバム『After Hours』をフィーチャーしたバーチャルライブを実施

バーチャルライブ「The Weeknd Experience」では本人がアバター化して登場。イマーシヴな体験が提供される。
SHARE
2020.07.31 05:00

今年3月に最新アルバム『After Hours』をリリースしたThe Weekndが、TikTokにてバーチャルライブ配信イベント「The Weeknd Experience」を行う。





The Weeknd『After Hours』をフィーチャーしたイマーシヴなバーチャルライブ


「The Weeknd Experience」はXO、Republic Records、TikTokとバーチャルライブ関連のスタートアップ企業「Wave」が共同で企画するもの。『After Hours』をフィーチャーしたイベントでは、The Weekndがアバター化して出演する。


TikTokによると『After Hours』収録曲の「Blinding Lights」は、これまでにTikTok上で150万個以上の動画で使用されており、"#BlindingLightsChallenge”というハッシュタグも登場するなど、ユーザーの間で人気を博しているという。



イベントはARライブとなり、3Dレンダリングとピクチャー・イン・ピクチャー・カメラを駆使することで、イマーシヴな体験が提供されるほか、ライブ配信中にプラットフォームとなるTikTokを通じて視聴者同士が交流することもできる。  





イベントは8月7日にプレミア配信後、リピート配信もあり  


イベントは8月7日の午後8時30分(アメリカ東部時間)/午後5時30分(アメリカ太平洋時間)よりTikTok上にあるTikTok公式アカウントにてプレミア配信後、リピート配信もあり。日本のTikTok公式アカウントでも8月10日午前4時(アメリカ東部時間)より配信されることが発表されている。
TikTokの日本語版情報によると、日本でのリピート配信は8月9日(日)19時20分より開始される。 




人種平等を支援する団体への寄付も募る 


またイベントでは人種平等を支援する「Equal Justice Initiative」のための募金活動も行う。ファンはイベント期間までにTikTokアプリから直接支援することが可能で、TikTokは上限を設けた上で、集まった金額と同額を「Equal Justice Initiative」を寄付する。さらに8月6日~10日までの期間には、イベントにインスパイアされた限定グッズも販売。そちらの収益も同様に「Equal Justice Initiative」に寄付される。  


TikTokにとっても初のクロスリアリティ・ライブ配信イベントとなる「The Weeknd Experience」。今からその内容に期待せずにはいられない。 


Written by Jun Fukunaga 


source: 

https://newsroom.tiktok.com/en-us/the-weeknd-experience-on-tiktok-live

https://variety.com/2020/digital/news/the-weeknd-tiktok-after-hours-concert-livestream-1234720674/ 


photo:TikTok




SHARE