ボリス・ジョンソン英首相をディスる曲がUKチャートでトップ10入り、クリスマス時期のNo.1シングル候補に

The Kuntsというバンドによる曲がMariah CareyやEd Sheeranとともにヒットチャートを席巻している。
SHARE
2020.12.24 02:00

新型コロナウイルスの変異種による感染がロンドンとイングランド南東部で急速に拡大していることを受け、ロンドンやイングランド南東部と東部の各州がティア4に指定されたことで事実上のロックダウンが再び行われるなど、クリスマス期間の規制緩和が取りやめとなったイギリス。

同国では今月8日に新型コロナウイルスのワクチン接種が開始されており、コロナ禍収束に向けた動きが加速するかのように思われたが、現在は、先述のような問題が起きているため、まだまだ収束には程遠いといった状況だ。そんな同国の音楽シーンでは、政府が取り組む新型コロナ対策に対して、国民の不満が高まっているためか、奇妙な現象が起きている。



イギリスでボリス・ジョンソン英首相ディス曲がスマッシュヒット、なぜ?


最新のUKチャートでは、The Kuntsという無名のバンドが今年7月にリリースしたアルバム『Kunts Punk in Your Face』に収録された「Boris Johnson Is A Fucking C**t」という曲がトップ10入りし、SpotifyのUKバイラルチャートでも1位(12月24日現在)を獲得するなどスマッシュヒットを記録。Mariah CareyやEd Sheeranの曲とともにクリスマス時期のNo.1シングル争奪戦に参加するような状況になっている。



「Boris Johnson Is A Fucking C**t」は、曲のタイトルどおり、イギリスのボリス・ジョンソン首相をディスする曲だが、 再生回数が最近になって急増した理由は、先述の事実上のロックダウンの再開やクリスマス期間の規制緩和の取りやめが原因のひとつになっていると考えられている。



曲調はSex Pistols風のシンプルなパンク曲  


ちなみに曲調は、イギリス人にはなじみのあるSex Pistols風のシンプルなパンク曲で、「Boris Johnson Is A Fucking C**t」という歌詞が1分21秒の曲の中で延々と繰り返されるのみ。



なお、イギリスのクリスマス時期のNo.1シングルの発表は、12月25日にBBC Radio1で発表される。果たして、同曲は、大物歌手の曲を抑えてNo.1シングルを獲得することになるのだろうか? その結果ににわかに注目が集まっている。 


written by Jun Fukunaga

source:
https://www.thelineofbestfit.com/news/latest-news/kunts-boris-johnson-protest-song-in-top-10-for-christmas-number-one-race

https://www.bbc.com/japanese/55391157

photo: The Kunts



SHARE