The Weekndが自身のキャリアを振り返るアルバム『The Highlights』をリリース

スーパーボウルのハーフタイムショーでは、スケールの大きなパフォーマンスで独自の世界観を余すことなく見せつけた。
SHARE
2021.02.08 06:00

TikTokでの「#エアロビチャレンジ」をきっかけにバイラルヒットとなったことで知られている「Blinding Lights」で、2020年のビルボード全米年間チャート1位を獲得したThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)が、10年間のキャリアを振り返るアルバム『The Highlights』を2月5日(金)にリリースした。




数々のヒット曲を含む全18曲が収録


『The Highlights』には2020年にリリースされたアルバム『After Hours』に収録されていた「Save Your Tears」などに加え、Daft Punk(ダフト・パンク)と制作し、全米1位を獲得した「Starboy」2015年にビルボードR&Bチャートにおいて、1人で上位3位を独占するという、同チャート史上初の快挙となった「Can't Feel My Face」、「The Hills」、「Earned It」、さらにAriana Grande(アリアナ・グランデ)のアルバム『My Everything』から「Love Me Harder」など全18曲が収録されている。


キャリアを振り返るキャリア・スパン・アルバムとの位置付けだが、ほぼベストアルバムといっても過言ではないだろう。『After Hours』のヒットでThe Weekndを知った方には絶好のアルバムとなっているはずだ。またThe Weekndはフィーチャリングワークも多いので、それらを集めたコラボ・ワーク・アルバムのようなものも期待したい。






スーパーボウルでも圧巻のパフォーマンス


第55回スーパーボウルのハーフタイムショーでパフォーマンスを披露したThe Weeknd。今年は新型コロナウイルスの感染予防で2万5000人に制限された会場であったが、逆にそのスペースを有意義に使いスケールの大きなパフォーマンスとなった。イルミネーションで作り上げた街をステージに、ミラールームに映し出されたThe Weeknbと同じ格好をしたバックダンサーたちと独自の世界観を余すことなく見せつけた。


The Weeknd以外のダンサーたちは物議を醸した白い包帯を顔に巻いて登場したが、スーパーボウル直前にThe Weekndはインタビューで包帯を巻く姿の意味について「承認欲求のような表面的な理由で、自分自身をも操ってしまっているハリウッドセレブのバカバカしい文化を表しているんだ」とコメントしている。




【アルバム情報】


The Weeknd / 『The Highlights』

デジタル配信/輸入盤:2021年2月5日(金)発売

国内盤CD:2021年3月5日(金)発売 

UICU-1327 / 2,750円(税込)


全18曲収録 / 歌詞対訳、解説付き/ 国内盤ブックレットにはザ・ウィークエンドの年表を掲載

予約&購入:https://umj.lnk.to/TheWeekend_TheHighlights


■LINK

日本公式サイト:https://www.universal-music.co.jp/the-weeknd/




written by BsideNews





SHARE