ロックバンド「the 1975」とは? 人気の秘密に迫る

多くのファンを魅了するロックバンド「the1975」とは?
SHARE
2018.06.03 07:39


多くのファンを魅了するロックバンド「the1975」とは? 


イギリスのマンチェスター出身のオルタナティヴ・ロックバンド「the1975」。2013年9月には、デビューアルバム「the1975」で全英初登場第1位を獲得したほどの人気である。個性的で独自の世界観を持ち合わせる曲調が年代を問わず多くのファンを魅了するのかもしれない。多くの音楽ファンが愛してやまないバンド「the1975」の魅力を探る。




ボーカルのマシューヒーリーと曲の魅力


「the 1975」は、曲の人気と同時にイケメン揃いのルックスによって、メンバー自体の人気も高い。幼馴染の4人で結成されたロックバンドである。なかでも、ボーカルのマシューヒーリは個性的なタトゥーと髪型、抜群のファッションセンスが多くの若者に支持されている。そんなマシューヒーリーの甘いボイスと恵まれたルックスが「the 1975」の曲の魅力をさらに引き立てているのかもしれない。「the 1975」の音楽は、過激な歌詞も多い反面、明るくポップなイメージの曲から、しっとりとしたバラードまで表現されており飽きの来ない曲である。様々な曲調の音楽を表現し、進化し続ける「the 1975」の曲は、音楽界の「カメレオン」と呼ばれている。そんな「the 1975」のヒット曲にはどのような曲があるのだろうか。




「the 1975」の曲の世界観


「the 1975」は、2012年から2013年にかけて、「フェイスダウン」「セックス」「ミュージック・フォー・カーズ」の三部作を発表している。そのなかでもシングル曲「チョコレート」が脚光を浴びてブレイクへとつながった。やがて、日本でも知名度を上げて、2013年8月には初来日をしている。




「the 1975」がブレイクへとつながるきっかけとなった曲「チョコレート」とは、どのような曲なのだろうか。この曲のなかで表現されている「チョコレート」という単語の意味は「マリファナ」のことで、葉っぱに溺れたカップルを描いた曲である。ボーカルのマシューヒーリもマリファナを愛用していたことから、妙にリアリティを感じさせる曲だ。しかし、過激な歌詞とは裏腹に、自然な流れの曲調は心地よく、聞く人に癒しを与えるほどである。ファンにとって歌詞と曲調とのギャップが魅力的であるといえるのかもしれない。


「the 1975」の曲のなかでも、ポップで明るいイメージを感じさせる曲調の「ガールズ」は、17歳の少女との切ない恋愛のストーリーを表現した曲である。最終的には結ばれなかった恋愛の歌詞であるがあえて明るくポップに仕上げていることで「the1975」の世界観が表現されている。「ガールズ」は、マシューヒーリの甘いボイスがマッチした曲のひとつである。




インパクトのある曲といえば「UGH!」である。この曲の主人公は、薬物で体がボロボロになっても抜け出せずに溺れているという過激な曲である。マシューヒーリも、マリファナを愛用し、過去にコカイン中毒になった過去があるため、自分と重ねている部分があるのか、全くの空想なのかは分からないミステリアスな曲といえる。また、テンポのよい曲調からは想像できないストーリーが繰り広げられている一曲である。




視聴する価値がある「the 1975」の音楽


独自の世界観を持つイギリスのロックバンド「the 1975」の曲は、初めて聞いた時から好きになる人も多く、聞いているうちにますます虜にさせる「やみつきソング」である。また、独自の感性とルックスをもつマシューヒーリを中心としたイケメン揃いのバンドのメンバーが表現するパフォーマンスがファンの心を掴んで離さないようだ。まだ、一度も「the 1975」の音楽を聴いたことがないという音楽ファンは一度視聴してみる価値があるといえる。もしかすると、新しい音楽の世界が見えてくるかもしれない。今後も「進化し続けるバンド」として、様々な楽曲の提供をファンは常に待ち望んでいるようだ。




Photo:https://www.facebook.com/pg/the1975/photos/


Written by 編集部



SHARE