Teki LatexとNick Dwyerが日本のゲーム音楽をテーマにしたDJミックスをリリース予定

名作ゲーム音源のほかに食品まつり、Kode9などのエクスクルーシヴ音源、Migos、Outkastのアカペラ、Gqom曲も使用されている。
SHARE
2020.02.19 12:00

フレンチエレクトロ、ヒップホップ界隈の有名DJ/プロデューサーのTeki Latexと日本のゲーム音楽をテーマにしたドキュメンタリー『Diggin' in the Carts』の仕掛け人として知られるNick Dwyerの2人がタッグを組み、日本のゲーム音楽をテーマにしたDJミックス『Teki and Nick’s Mixtape Quest Adventure』をリリースする予定だ。



日本のゲーム音楽をテーマにしたDJミックスにはヒップホップやGqom曲も収録! 


同ミックスは、『ファイナルファンタジー』、『ベア・ナックル』、『ポケモン』など日本生まれの有名ゲームサントラ音源を軸に構成されたもので、そこに日本人アーティストの食品まつり aka Foodmanや日本のゲーム音楽にも造詣が深いKode9、Ikonika、Mumdanceといったアーティストたちのエクスクルーシヴ音源も使用される。 



また公開された収録曲リストには、Migos「Bad And Boujee」、Outkast「B.O.B」といった大物ヒップホップアクトのアカペラも使用されているほか、昨年公開された映画『ライオンキング』のインスパイアードアルバムにも収録され、世界的にも注目を集めたGqomプロデューサーのDJ Lag「Switz」なども収録されるなど、ゲーム音楽を軸に縦横無尽にミックスが行われている印象を受ける。



3月2日に無料配信される予定  


リリースは3月2日が予定されており、フリーダウンロードで配信予定。昨年のMutek.JPに出演した古代祐三の曲も使用されているので、同イベントで”ゲームミュージック・レイヴ”を体験した人は、この『Teki and Nick’s Mixtape Quest Adventure』はマストでチェックしておくべきだろう。リリースが楽しみなDJミックスであることは間違いない! 


関連記事:【MUTEK.JP 2019レポート】レトロゲームサウンドを爆音で聴く。Yuzo Koshiro & Motohiro Kawashimaによる”ゲーム・レイヴ”


written by Jun Fukunaga 


source: 

https://www.residentadvisor.net/news/71993

https://www.dummymag.com/news/teki-latex-nick-dwyer-golden-era-video-game-mixtape/ 


 photo: Resident Advisor

SHARE