Technics、市場の声を反映した最新アナログレコードプレイヤー「SL-100C」を発表

既発モデルのSL-1500Cよりも手頃な価格での提供を目指したモデルとなる。
SHARE
2021.04.24 06:00

Technicsが最新アナログプレイヤー「SL-100C」を発表した。



市場が求めるSL-1500Cよりもさらに手頃な価格のアナログプレーヤー


Mixmagによると販売価格は799ポンド(約12万円)でSL-1500C(現在は899ポンドで発売)よりも手頃な価格での提供を目的にしたものだという。


 以前リリースされた「SL-1500C」に似たデザインのSL-100Cは、ヨーロッパのテクニクス・プロダクトマネージャーのFrankBalzuweitによると、「SL-1500C」はハイファイを求めるオーディオ愛好家に高く評価され、大成功を収めたが、市場からはさらに手頃な価格のアナログプレーヤーに対する期待が多く寄せられるようになったという。SL-100Cは、その要望に応えるべく開発されたもの。Technicsのターンテーブルの核である「コアレス・ダイレクトドライブ・モーター」や、アルミニウム製のユニバーサルトーンアームは引き続き搭載される。


また、カートリッジにはaudio technica製のVMカートリッジ「AT-VM95C」を標準装備。高剛性のキャビネットに制振対策を施した2層構造のプラッターを搭載する。内周まで再生されると自動で針が上がるトーンアームのオートリフト機能も搭載されるとのことだ。



日本国内での導入は未定


ただ、PHILEWEBによると、日本国内での導入などは未定だがイギリスでは7月21日発売で、Amazon.co.ukでのみ販売されるという。クオリティの高いアナログプレイヤーを求めるレコードファンにとっては、日本でも発売を期待したいプレイヤーだ。

written by Jun Fukunaga

source:
https://mixmag.net/read/technics-new-turntable-sl-100c-news https://www.phileweb.com/news/audio/202104/22/22435.html

photo: Mixmag



SHARE