ネタバレトーク①『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』 ☆Taku Takahashi、TAAR、MARMELOが語るエヴァ

3/12に放送されたTCY Radioはエヴァ特集。ゲストにTAARとMARMELOを迎え、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の感想をトーク。
SHARE
2021.03.15 08:00

毎週金曜日夜9時、block.fmで配信中のTCY Radio。ゲストにTAARさん、MARMELOさんを迎え、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』についてネタバレトーク。


アーカイブ視聴はこちらから。

▶︎TCY Radio



※この記事はネタバレが含まれています。『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を未視聴の方はご注意ください。




☆Taku:今日は『シン・エヴァンゲリオン』特集ということでゲストにTAARさん、そしてMARMELOちゃんに来てもらっています。ジョンさん、俺が『シン・エヴァ』の予告編を見ている時、俺と一緒にいたんだよね。


TJO:そう(笑)。あのさ、年末の『BLOCK.FESTIVAL』の準備の時。☆Takuさんが「予告編、来たよ」っつっていきなり見始めたの。みんな、仕事をしている中で。そしたら、その場でホロホロと涙を流し始めて(笑)。


☆Taku:フフフ(笑)。


TJO:それで「ええっ? どうしたの、☆Takuさん?」っつったら「いや、これがもうすぐ見れるんだよ、俺……」って(笑)。


☆Taku:いや、違うの、違うの! あれはシンジくんが……もうボロボロのシンジくんのはずなんだけども。そこでパッて……今まで、旧エヴァでシンジくんって何もしないキャラなんですよ。最後まで自分の意思でロボットに乗らない。自分の意思で何もせずに、みんなに……その流れのままに流されて。1個だけ、「傷つく世界でもいいから、やっぱり戻る」っていう決断をするんだけど、それ以外には何も決断しないっていう、本当にズタボロのキャラなのね。そんな彼がパッと……しかも、その『Q』の終わりでボロボロになっていた彼が、すごくいい目をしてたのね。それを見て、もう僕、感極まっちゃったんですよ。


TJO:そう。だからびっくりしちゃって。やっぱり本当にね、長年待ち続けてきた人ってのいうはこういう気持ちになるんだなっていう。まあ、僕もほら。『アベンジャーズ』の映画とかで思い入れがあるからわかるんだけども。


☆Taku:そうね。ジョンで言うと、前にも話したけども。『インフィニティ・ウォー』で指パッチンされた後、『エンドゲーム』でどうなるのか、みたいな感じ。そうなんだよね。それで、今回は僕の中では旧エヴァ。旧劇場版でトラウマ映画になったんですよ。大好きなんだけども。なんかひどい失恋をしたみたいな感じで。なんて言うんだろうな。ひどい失恋をして、振り回されて。でも、なんかめちゃくちゃMな自分がいて。振り回されまくって。それで振られて。で、いきなり……もうあれですよ。瑛人の『香水』みたいな感じですよ。


TJO:なるほどね(笑)。


☆Taku:いきなり『序』が始まって。もう深夜3時に呼び出されて……「全部考察のせいだよ」みたいな(笑)。っていう状況で見てて。「でも、今回はきっとやり直してくれるんじゃないか」って期待をしてたんだけど。ここ、ちょっとMARMELOちゃんとTAARくんに聞きたいんだけども。『シン・エヴァ』を見る前に期待してるものがあったか? もしあったとしたら、どんなことを期待してたか?っていう。


TAAR:そうですね。もう……「終われ! 終わってくれ! どうするんだよ、ここまで風呂敷を広げて……どうしてくれるんだよ? 終われ……終わってくれよ!」っていう。ただただ、それだけですね。というか、「作品がちゃんとみんなに届けられるような状態になってくれればいいな」って思いつつ、「終われ……終われ!」って思っていました(笑)。


☆Taku:フハハハハハハハハッ!


TAAR:「もう、終われ!」って(笑)。


TJO:いわゆる、その過度な期待とかはあんまりしなくて、本当にもう「終わってほしい」っていう感じだったの?


TAAR:うーん……もう、なんとなく『Q』までの流れだったり、その新劇場版の流れ、旧作の流れ、旧劇場版の流れを踏んで。「たぶん、終わらせるとしたらこういう感じなんじゃないのかな?」っていうのは1回、エヴァをちょっとかじった人ならなんとなく、「こういう風に終わるんじゃないのかな?」っていうのは各々に持ってるんですよ。少しずつ違うんですけど。「たぶんこういう終わり方をするんだろうな」みたいな。「とりあえず、その方角に進んで」みたいな。「お願いだから、ここからまた空中爆散しないでください」みたいな。そういうハラハラドキドキみたいなのですかね。そういう気持ちで。


☆Taku:うんうん。MARMELOちゃんは?


MARMELO:私は、「鬱展開だけはもう懲り懲りだ」って思いましたね(笑)。一気に見たクチなので、やっぱり鬱展開が一気に襲ってきたので。すごい心がズーン……ってなっちゃったんですよ。それで、私は新参者ですから、そこまで「待たされた」っていう気持ちがないので。うん。あんまり期待はしていなかったんですよね。期待というか……結末がどうであれ、鬱展開だけはやめてほしいなっていう気持ちでした(笑)。


☆Taku:俗に「鬱アニメ」とも呼ばれてるからね。作品としてね。かたや「終われ」。かたや「鬱展開にならないでほしい」っていうところですごく気になるのが……ちょっとここは避けられないところで。『シン・エヴァ』の話をしているんだけども、『Q』の終わりを見た時、どう思った?


TAAR:『Q』の終わりか。『Q』の終わりに関しては、そんなに不安にはならなかったですね。


☆Taku:マジで? でも、あれこそ鬱展開じゃん?


MARMELO:「気持ち悪い」って終わる感じですよね?


☆Taku:「ここから『気持ち悪い』が待ってるよ」っていう感じで。


MARMELO:なんだろう? 世の男性陣が思ってることが……私は女なので。それは丸々理解はできなかったんで。そんなに最後に関しては、うん。そんなにはズーンってならなかったですね。


☆Taku:ああ、「気持ち悪い」って……旧劇場版の方に戻っちゃうけども。それは『Air/まごころを、君に』の「気持ち悪い」だよね。今、MARMELOちゃんは旧劇場版の話をしていて。僕らは新劇場版の『Q』の話をしていたんだけども。で、このノリで旧劇場版の『Air/まごころを、君に』の終わりの「気持ち悪い」っていうフレーズ。あれはどういう風に感じたんですか? その「男子と違う」っていうのはすごい興味があるんだけども。


MARMELO:なんだろう? その、『Air/まごころを、君に』の最初のシンジくんのシーンがあるじゃないですか。それをアスカが見ていたっていう風に言われていますよね?


☆Taku:あれ、どう思った?


MARMELO:いや、なんか思春期の少年の、なんだろう? まあ必要不可欠な部分を描いてるって点では、うーん。まあ、いい意味で生々しかったなって思いました。


☆Taku:あ、寛大だね。


MARMELO:そうですか?


☆Taku:普通に気持ち悪くない?


MARMELO:うーん(笑)。でも、たぶん私がアスカの身になったら気持ち悪いなって思いますよ。


☆Taku:ですよね?


TAAR:でも、なんかアスカがあの時に「気持ち悪い」って言ったことと、新劇場版の『Q』で窓越しに殴ったのってたぶん、同じ気持ちだと思うんですよね。


☆Taku:おおーっ、繋がっていると?


TAAR:繋がっている、繋がっていないじゃなくて、その……自分に対して好意を持っていて、それを表に出さずに何も伝えようともしなかった旧劇場版の方のシンジ。それはテレビ版から続く、好意は持っているけども、何も言ってこないシンジ。にも関わらず、そういう心情があって、そういうことをしちゃうっていう旧劇場版のシンジと、新劇場版の『破』でアスカが「3号機に乗って」って言われて、それで乗って。で、シンジは「アスカを殺すぐらいなら自分が死んだ方がマシだ」ぐらいの感じでそこで何も行動を起こさなかったっていう。そのことへの嫌悪……だから、その選択をする立場だったり、選択をできる権利があるにも関わらず、物事から目を背けて何もしなかったことへの件っていうところは共通してるのかなって思って。


☆Taku:ああ、なるほど。


TAAR:なんかそこの、あの「気持ち悪い」っていうのはたぶん、新劇場版の……その後、答え合わせをするじゃないですか。最新作で。「なんであの時に……」って。


☆Taku:「なんであの時、あんたを殴ろうとしたか、わかる?」って。しかも、最初は「それすらも聞かないの?」って言ってくるよね。


TAAR:それで、アスカが「少しは大人になったのね」的なことを言うじゃないですか。なんか、旧劇場版のあそこの「気持ち悪い」っていうところとすごく対になってるなって思って。


☆Taku:なるほどね!


TAAR:あそこはすごい印象的だなって……今だから思えるのかなとも思いつつ。


☆Taku:MARMELOさんはその新劇場版の『Q』。頭でアスカがバーン!って殴りに行った時、記憶の中でもいいですし、『シン・エヴァ』を見た後だからでもいいんだけども。あのアスカって何で殴ったと思った?


MARMELO:ああ、TAARさんと一緒でその「自分で決めない」っていうことに対してだったのかなって思いました。


☆Taku:ああー。でも、あの状況……そもそもさ、あの状況って「アスカが乗っているから殺すのは嫌だ」っていう意味では、まあ、その「アスカを助けるか、殺すか、どっちかにしてよ」っていうセリフを見直して……そこのセリフを俺はしっかり吟味をするまでは「シンジくん、何もできなかったわけじゃないんじゃないの?」っていう風に思っていたの。


TAAR:でも、なんか止めるために戦う……「戦うことすら放棄している」っていうから、その手前な気がしていて。ただただそこにいるだけじゃんっていう風な、考えることすらも放棄しているっていうところがアスカは嫌だったんじゃないのかなって。


☆Taku:なんなら、殺してもらった方がよかった、ぐらい?


TAAR:うーん……でも、それがシンジの意思でそうなったんだとしたら、またアスカの受け止め方は違うんじゃないかなって。


☆Taku:これは恋愛のメタファーだよね。たぶん。


TAAR:結構、そんな感じですね。


☆Taku:「好意があるなら、振られるのも怖がらずにちゃんとアクションをしろよ」っていう風にTAARくんが言っているように聞こえるんだけども。


TAAR:庵野さんはたぶんそう言っているんじゃないですか? わからないですけども(笑)。僕は単純に、その状況の……戦いとかストーリーの話ですけども。たしかに、そういう風にも捉えられますよね。


☆Taku:そうか。MARMELOちゃん的に……解釈じゃなくて、MARMELOちゃんだったらどう思います?


MARMELO:「どう思う」って……自分がアスカだったら? でも、たしかに恋愛の面とかで考えると、お弁当の時とか、あったじゃないですか。で、そういういろんな過程を挟んで、今回の『シン・エヴァ』で「あの時、好きだったよ」って言っていたじゃないですか。


☆Taku:「好きだったんだと思う」っていう。「好きだった」とは言わないんだよね。「好きだったんだと思う」っていう言い方をするんだよね。


MARMELO:そうですね。それで、その当時のアスカはなんとも言えない感情だったっていうことですよね。まあ、そういうモヤモヤした気持ちを抱えながらバーン!って殴って……っていうところだったんですけども。でも、そのアスカ自身もなんとも言えない気持ちだったから。だから「自分の気持ちを理解できていなかったんじゃないかな?」って思ったんですよ。


☆Taku:ああー、うんうん。でも、あのセリフって「私、あなたのことを好きだったんだと思う。でも、先に大人になっちゃった」って言ってるんだよね。なんか今、MARMELOちゃんの言っていることと繋がるなっていう。その、「モヤモヤしたことに気づいた時には私はもう大人になっていた」っていう。「その時にはモヤモヤしていてよくわからないんだけども。で、そのことに気づいた時には私はもう大人になっていた」っていう感じ。


MARMELO:シンジが寝ている間に。


☆Taku:寝ている間にね。まあ、シンジくんが悪いのかっていうと、シンジくんがかわいそうになってくるんだけども。


MARMELO:『Q』は本当にかわいそうでしたよ。


☆Taku:「あんた、メンタル弱すぎ」って言われていたけどもさ。でも、地球を滅ぼして。それで……いや、エヴァのパイロットなのはわかるけどもさ。それで目の前で親友が爆発して死んでさ。それで「メンタル弱すぎ」って……。


MARMELO:メンタルで収まる話じゃないですもんね。


☆Taku:って思うんだけども(笑)。あのシーンはちょっとクスッと笑っちゃったんだけども。で、そろそろ1曲、曲をかけたいんですが。軽く恋愛の話になっていたので「この曲、いいな」っていうのをかけたいのですが。これ、TAARくんの曲です(笑)。


TAAR:本当、すいません(笑)。


☆Taku:むしろ、曲名が合っていないですか?


TAAR:「愛の話」ですか。そうですね(笑)。


☆Taku:じゃあ、曲紹介をお願いします。


TAAR:TAAR『LOVE feat. haruy』。



続きはこちら。

ネタバレトーク②『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』 ☆Taku Takahashi、TAAR、MARMELOが語るエヴァ



番組情報


TCY Radio

EVERY FRIDAY 21:00 - 22:30


☆Taku Takahashi&TJOが世界中から集めたまだ発売されていないエクスクルーシヴチューンや、これからのクラブフロアを賑わすであろう最新キラーチューン等を紹介、また注目のDJ/アーティスト達によるここでしか聴けないインタビュー等も数多くフィーチャーしているプログラム。


https://block.fm/radios/1


written by みやーんZZ


photo:

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

西暦2021年3月8日公開

総監督:庵野秀明

©カラー





SHARE