ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    Taylor Swiftの全米ツアーチケットが販売中止。35億件もの申し込みがあったことが明らかに

    2022/11/21 (Mon) 20:00
    Eva Rinaldi

    チケット販売中止騒動を受け、チケットを販売会社の親会社に対して米司法省による調査が行われているとの報道も。

    この記事をシェア

    Taylor Swift(テイラー・スウィフト)が2023年に予定している全米ツアー「The Eras Tour」のチケットの一般販売が中止される事態が発生した。全米ツアーのチケットの一般販売中止は、申し込みが殺到し、チケット販売会社のシステムが対応できないことが理由だ。

    全米ツアーの申し込み数は約35億件?

    The Eras TourはTaylor Swiftにとって5年ぶりとなる全米ツアーで、2023年3月から8月までの予定で行われるもの。チケットの販売の一部を請け負っているTicketmasterによると、事前に350万人超が公式ファンとして登録し、このうち約150万人が先行販売の対象として招待され、残る200万人はキャンセル待ちとなった。

    しかし、先行販売初日の現地時間11月15日には約35億件の申し込みがあったという。これはTicketmasterの過去の最多記録より4倍多く、システム障害も起きる事態が発生した。この事態を受けて、Ticketmasterはシステム障害の理由をBotや、招待を受けていないファンの申し込みが殺到したためと説明。しかし、招待を受けたファンが長時間待たされる例も多く、ネット上などで批判が起きていた。

    また11月18日からは一般販売が始まる予定だったが、Ticketmasterは17日午後に中止を発表。理由を「システムへの極めて高い負荷が起き、需要に見合うだけの残されたチケットがないため」としている。

    チケット販売停止を受けてTaylor Swiftは、全米ツアーのチケット販売が停止になったことは「耐え難い」とコメント。Ticketmasterから大量の需要に対応できると何度も確約を得ていたことを明かしている。

    このようなトラブルを受けてNY Timesは、司法省がTicketmasterの親会社であるLive Nation Entertainmentを独占的地位乱用の有無を巡り調査していると報じている。

    最新アルバム『Mignights』収録曲がBillboard Hot 100の上位10曲を独占

    なお、Taylor Swiftは先月、最新アルバム『Mignights』をリリース。今月は収録曲がBillboard Hot 100の上位10曲を独占するなど大きな話題になっていた。

    またTaylor Swiftは同アルバムの人気曲「Anti-Hero」のリミックス盤をリリースしており、同リミックス盤にはJayda GやRooseveltといった人気ダンスミュージックプロデューサーがリミキサーに起用されている。

    関連タグを見る:

    この記事をシェア