「SUSHI RADIO終了」その真意をJAXX DA FISHWORKSに聞いてみたら、深い答えが返ってきた

6月28日はSUSHI RADIOの最終回! 7年間block.fmで番組パーソナリティーを努めてきたJAXX DA FISHWORKSにインタビュー。
SHARE
2019.06.27 09:00

驚いたファンも多いだろう。block.fm開局当初からパーソナリティーを務めるJAXX DA FISHWORKSが放送する番組「SUSHI RADIO」が終了するという。突然の報告に戸惑う声もTwitter上に多く見られた。「辞める」選択をした真意をJAXX本人に聞いてみたところ、想像以上に深い答えが返ってきた。




ーSUSHI RADIOが終了する理由を教えてください。


JAXX:まぁ一番の理由は、Twitterで「もう今月で終わるよ」って言っちゃったから、かな(笑)。


終わることを最初に考えたのは、去年の暮れくらいかな。アメリカから帰ってきた直後に、Insomniac Radioを担当しないかっていう話がきて。それでblock.fmを切ろうとかではなく、今自分が向かってる方向性がアメリカに向いてるからなんだよね。Insomniac Radioはワールドワイドな力(特にアメリカ)があって、アメリカのマーケットに一番直接リーチできるから。その話はスケジュール待ちなんだけど、そのときからblock.fmでの番組を終了するっていう選択肢が初めて生まれた。俺も今年40歳だから、日本で売れたい、ヨーロッパで売れたい、アメリカで売れたいとか全てを望める歳じゃない。だからひとつに絞ってアメリカ1本にしたときに、それに直結することに時間を費やしたいって考えたんだよね。


この7年間、SUSHI RADIOの前はMinistry Of Sound Radioをやらせてもらってて、block.fmがあったからこそ色んなことが起きたっていうのはある。blockが始まってから都内での仕事が激増したりとか。本当にお世話になった。


ただ、block.fmが大切にしてるのって日本のリスナーだと思うし、俺も日本のリスナーは大切なんだけど。オーバーグラウンドの活動がメインとされる日本において、俺が日本で成り上がるのは難しいだろうな。だからこそアメリカにフォーカスしていきたいと思ってる。悲観的に捉えてるんじゃなく、自分の持ってる武器を最大限に活かせる場所、生かしたい場所はアメリカだってこの1年で確信した。



ー6月28日のSUSHI RADIO最終回は、WOMBメインフロアでの公開生放送だとか。どんな内容になる予定ですか?


JAXX:1時間しっかり話そうと思ってる。まずは、block.fmに「7年間ありがとうございました」っていうことだよね。あとはリスナーさんにも。いつも聞いてくれる人も多いし。SUSHIのリスナーには、俺たちがやりたいこと、俺たちの色がすごく伝わってる感じがする。それは自分でもブレずにやってこれた成果かなとも思うよ。


今月からSUSHIの新しいイベントがWOMBで始まるんだけど。で、RADIOは終わるんですって話をしてたら、「最終回はWOMBで」っていう話になって。WOMBのメインフロアでラジオの生放送をするなんて昔なら想像もできなかったんだけど、そういうありがたい機会に感謝をこめてトークして、俺のターニングポイントになったような楽曲をプレイしながら放送しようと思ってる。これからのこともだけど、やっぱり俺たちの色はこういう色だ、ってのを伝えられたら。


ー最終回にゲストは来ますか?


JAXX:悩んだんだよね。REMO-CONさんとか、あとは☆Takuさんを呼ぼうか、とか。でもいろいろ考えて、今のところは一人でしゃべり倒す予定。当日にならなきゃわからないけどね。blockのDJで直接的に影響を受けたのは、☆Takuさんとリモさんなんだよね。blockがあったからこの二人といろんな話ができるようになったというか。まぁ、大沢さんはblockがどうとかではなく、自分での猛アプローチだったけど(笑)。その日はLAらしいけど、☆TakuさんにTV電話とかできないかな?朝早いかな?できたら嬉しいけどね。泣いちゃうかも、目薬さして(笑)


ー今後はどういう活動をされる予定ですか?


JAXX:まずは、100%アメリカにフォーカスを置いて活動しようと思ってる。自分が音楽をやりにっていうのもあるんだけど、別の意味もあって。


俺が50歳になったときにレーベルのフロントマンとしてDJやってたり、自分の楽曲を自分の名義でリリースしてるってことはちょっと考えにくい。今50代以上で音楽をやってる人は、みんな90年代にバカ売れした天才たちで、俺が今の日本のミュージックシーンを見たときにそこまで行くことはない。オレは海外で活動しながらもメジャーレーベルと契約をしてこなかったってことなんだよね。だから、アンダーグラウンドな思想、ストリート的な発想が主にあり、資金力や組織力がなくても「ここまで成り上がれた」っていう教科書みたいなものを、自分が50歳になったときに完成させたい。そうすれば20歳の子に「お前は才能あるから、俺が書いたこの教科書をフルに使って海外でチャレンジしてみろ」って言えるんじゃないかと。メジャーレーベルとの契約や大きな組織力というのはあるに越したことない、でもそれだけが成功の方法じゃない。大きな後ろ盾がなくても海外で活躍できる人材を育てるっていうのを最終着地点にしたい。完全に裏方の仕事だけどね。


オーストラリアもヨーロッパも見てきてるからこそ、日本のいいところと足りてないところがわかるし、今俺が言ったようなやり方は日本より海外の方が当てはまる。海外でも通用する人材がたくさんいるからこそ、そういう子たちに自力をつけさせて、全部を自分でできるようにしなきゃいけないなと思ってるんだよね。なんにもわからなくてもいいから海外に行ったほうがいい、それは迷いなく全員に言えるな。言語だったりルールがわからないところ、自分が居心地が悪いところにいるってことは自分のレベルを上げてくれるからね。



ーフックしたアーティストがその後も自らの力で伸びていけるサポートをするっていうイメージ?


JAXX:そうだね。自分でマネージメントもできる、自分をブッキングすることもできる、有名アーティストに直接電話して自分の曲に対するコメントを聞ける、それってアンダーグラウンドの「雑草魂」なんだよ。音楽だけじゃなくて、人間的にもいろんなことを考えられるようにならなきゃダメだし。それができたら確実に海外で通用する人材はこの国にたくさんいる。そういうアンダーグラウンドな思想とか、その思想を持って自分に蓄積してきたものをちゃんと後世に残したい。


また今後block.fmでなにかやるってこともあるかもしれないけど、そうなったときでも、「アメリカにリーチする」っていう目的に合ったことをやると思うよ。



SUSHI RADIO最終回はWOMB メインフロアより生放送が決定している。6月28日(金)はWOMBに集合だ!


SUSHI RADIO

6月28日(金)22:30-23:30放送

https://block.fm/radios/101


イベントページ:https://iflyer.tv/event/315463/





written by 編集部



SHARE