SUPER DOMMUNEにて特番「ライヴエンターテインメントの現状と今後」が配信決定!

音楽フェス主催者、ライブハウス、マネージメント&レーベルなど音楽関係者、有識者が多数登壇する。
SHARE
2021.04.13 12:30

新型コロナウイルスによるパンデミックから1年以上が経つ今でも、世の中は「不要不急の外出・移動の自粛」「営業時間短縮要請」「イベントの人数制限」「海外渡航の厳しい制限」といった感染防止対策による措置で、クラブやライブハウス営業の正常化、音楽フェスティバルの開催は困難な状況にある。



ライヴエンターテインメントの現状と今後について音楽関係者、有識者が意見を交わす


このような状況下で、ライヴエンターテインメント業界や都市が文化存続・事業存続のために「現在」と「未来」に向けて、やるべき事、向き合う現実などについて実践的な議論を行う生配信番組「ライヴエンターテインメントの現状と今後」が、4月14日(水)SUPER DOMMUNEにて配信されることが決定した。



大規模フェスからXR系フェスなど4つのテーマでトークセッションを実施


 第1部は、コロナ禍において日本を代表する音楽フェスが今年の夏以降の開催発表を始めている中、日本中の音楽ファンが待ち望むフェスティバルの再開に向けての取り組みと想いについて登壇者が意見を交わす。第2部は、オンラインフェスなど新しい手法を入れて継続しているダンスミュージックフェスのこれからについて語られる。


第3部はYOU MAKE SHIBUYAクラウドファンディングから生まれた、新しいバーチャルライブハウスやイベントについてトークが行われるほか、都市におけるカルチャーをつなぐために、渋谷区が様々な組織と連携して進めている環境整備や、エンターテインメントにおけるフィジカルとバーチャルの接続と融合についても語られる。 そして、第4部は急速に発展しているXR系フェスやAR & VRクラブの実現を行うコレクティヴがオンラインイベントの新しい可能性について語る。


現在も困難な状況にあるライブエンターテイメントシーン。その未来や今後の可能性について語られる内容にぜひ、耳を傾けてほしい。


【配信情報】

Talking About With / After CORONA 

「ライヴエンターテインメントの現状と今後」 


日 時:

2021年4月14日(水)19:00-23:00 

※プログラム登壇者は変更となる場合がございます。


視 聴:

SUPER DOMMUNE 

https://www.dommune.com/streamings/2021/041401/


第1部 19:00-20:00 (60min)

■大規模音楽フェスの課題と解決

日本中の音楽ファンが待ち望むフェスティバルの中止決断〜再開に向けて

坂口和義(クリエイティブマンプロダクション 邦楽部部長 / 洋楽宣伝部)

松本裕介(スペースシャワーネットワーク イベントプロデュース部 部長|SWEET LOVE SHOWER 統括プロデューサー)

鈴木幸一(アースガーデン代表) 

司会:柴那典(音楽ジャーナリスト)


第2部 20:00-21:00 (60min)

■ダンスミュージックフェスの課題と解決

オンラインイベントの開催〜リアルイベント実現に向けて

岩波秀一郎(MUTEK)

土谷正洋(Rainbow Disco Club)

司会:立川智宣(フリーランス音楽PR)


第3部 21:00-22:00 (60min)

■エンターテイメント業界と街が連携した文化創造のあり方

音楽業界、ライブハウスやアーティストの現状やクラウドファンディングを活用した街と連携したバーチャルライブハウスなど新たな取り組みに向けて

野村達矢(日本音楽制作者連盟理事長|ヒップランドミュージック代表)

河野太輔(渋谷La.mamaプロデューサー)

山崎和人(ヒップランドミュージック執行役員|FRIENDSHIP. プロデューサー)

齊藤耕太郎(ミュージシャン|作曲家|音楽プロデューサー)

スージー(ミュージシャン|ゴホウビ)

司会:長田新子(渋谷未来デザイン理事)


第4部 22:00-23:00(60min)

■オンラインイベントの現在と未来の可能性

XR系フェスの現状、AR & VR CLUBなど、急速に発展している今世紀的フロアのあり方について

Moment Tokyo x VJ REZ

H2KGRAPHICS ほか

司会:宇川直宏(DOMMUNE|現”在”美術家)


written by Jun Fukunaga




SHARE