ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    METEORとSUMMIT増田『オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』を語る

    2022/04/01 (Fri) 20:00
    みやーんZZ

    『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』の公開を記念して、 ゲストにキャラクター「ヤノ」を演じ、アニメ『オッドタクシー』のインスパイア音楽作品『2019』をリリースしたMETEORさんをお迎え。

    この記事をシェア

    METEORさんがblock. fm『SUMMITimes』にゲスト出演。SUMMIT・増田さん、平林さんと映画『オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』について話していました。

    増田:本当にMETEORくんは13、4年とか知ってると思うんですけど。METEORくんがお勧めしてた人とかはみんな、やっぱりかっこいい人が多いですよ。俺、SIMI LABを知ったのもMETEORくんのアメブロのブログで知ったんですよ。

    METEOR:『オッドタクシー』の劇伴でもばっちりぶちかましているOMSBが所属するSIMI LAB。

    増田:「ラッパー、モテる」って言っていましたよ。

    METEOR:そうそう。やってもらって。で、SIMI LABを最初見た時はびっくりしましたね。もうね、QNが16歳ぐらいでOMSBが17歳ぐらいかな?

    増田:『SIMI CITY』っていうイベントにもMETEORくん、ゲストで出てもらって。

    METEOR:ぜひ『オッドタクシー』のスピンオフ、SIMI LAB版も作ってほしいぐらい。

    増田:どういうことかな?(笑)。

    METEOR:SIMI LABの人たちが全員、動物になって。今のSIMI LABの変換をアニメにしたら、これ絶対売れます。クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』ぐらい行くと思います。

    増田:それもやっぱり大企業が絡まないとなかなか……。

    METEOR:大企業が絡まないとダメなんですよ。お願いしますよ、大企業の皆様。

    平林:大企業の皆様(笑)。

    増田:星の数ほどありますけどね(笑)。やっぱり底辺から自分は見てるから。自分とかよりも上の人たちはもう全員、大企業に見えてしまうんよね。

    METEOR:本当、サク山チョコ次郎の正栄デリシィ。あそこも大企業ですよ。

    増田:そうですよ!

    METEOR:いや、ありがとうございます。本当に。チョコビスケットの……。

    増田:「オトナ味~!」って言ってましたからね。

    METEOR:「オトナ味~!」って。知ってる? 見たことないでしょう、レンくんは。テレビ、見てないでしょ?

    平林:いや、あります、あります(笑)。

    METEOR:あります?

    平林:僕、一番目撃しているかもしれないです。社員の中で。

    METEOR:ああ、本当? お願いしますよ、レンくん。

    増田:あれ、楽しかったね。

    METEOR:あれ、めちゃくちゃ楽しかった。レコーディングもすごくよくて。PUNPEEが来てくれて。「僕がMETEORくんのメンターだから。いいラップを……METEORくんがダメな時の喉、わかるから。じゃあ、僕が教えるよ」って。「あ、あ、あ……サク山チョコ次郎!」「今の声、かすれていた。もう1回!」とかって(笑)。

    増田:でも、割とスムーズでしたね。

    METEOR:あれは最高でしたね。

    増田:本当にね、METEORさんは芸達者っていうか。繊細な方なんで。いろんな人のことを汲み取って……。

    METEOR:汲み取り式……便所じゃないけども(笑)。

    増田:きれいなところに行けないよ(笑)。名字がもう汲み取り式だから。名前がどんだけ高貴なものでも無理やね(笑)。

    METEOR:「ベン・ジョンソン」って言おうとしたんですけど。ベン・ジョンソンもドーピングで。ちょっと疑惑があるから。どっちにしても、いけなかったんですけど(笑)。

    増田:回転がやっぱり速いですね(笑)。

    METEOR:今日はフルスロットルで行こうと思いました。とにかくSUMMITには……SUMMIT、入れてください。SUMMIT、固定給でしょう?

    増田:リリース、出してもらっているじゃないですか。

    METEOR:ああ、そうですね(笑)。

    増田:METEORくん、本当にいっぱいやってもらいたいです。だって俺、もっと言うと2012年にアルバムを1回、作ろうとしたじゃないですか。

    METEOR:そう。SONPUBさんとか参加する予定でね。でも本当、SONPUBさんもこれ、聞いていたらまたあのトラック、使わせてください。あのビート。まだ誰も使ってないと思うから。あのね、とにかくミチヨシもそれこそ参加する予定で。

    増田:そうね。ミチヨシくんもバース録ってた。あ、じゃあ10年前や!

    METEOR:10年前よ。

    平林:やりましょうよ。

    増田:俺はやりたいんですけど……。

    METEOR:「10年前に買ったターンテーブル、今じゃ”YO!”見れる東京のケーブル♪」ってね、ギドラのZEEBRAさんが言っていましたけども。

    増田:そういえば10年前なんですよね。トーマくんのスタジオのところで。それで俺、ハイボールを1ケース、スタジオに持っていって。「好きなだけ飲んでいいから」って。

    METEOR:増田さんは涙を飲んでましたよ。

    増田:なけなしのね、お金でね。で、5、6曲ぐらいやりましたもんね。その時にちょっとMETEORくん、「ラップするの、しんどいね」ってなって。一旦、ちょっと休憩して。で、そこからずっと関係はあって……っていうね。

    METEOR:もういつでもね、SUMMITのためだったら手弁当で行くぞ!っていうね。まあ、「手弁当で行く」って言ってもちゃんとお金払ってくれるんですけども。とにかく『オッドタクシー』の話もそうだし。

    増田:ねえ。『オッドタクシー』で。METEORくん、「参加してもらえませんか?」っていう話が来た時も、どんな心境でした?

    METEOR:その時、最初にたぶん増田さんが言ってくれたんですよね。なんだけど、最初に連絡が来たのはPUNPEEからで。LINEかなんかで「わかんないけど」っていうのがすごく多くて。「わかんないけど動物の、わかんないけどアニメの、わかんないけどなんかをやるみたいなんですけども」って。

    平林:ああ、言いますね。Pさん。

    METEOR:そうそう。「わかんないけど」ってすごく言っていて。PUNPEEも全然わかってないんだな。まあいいや、とりあえず飛び込んでみるかってなって。「じゃあ、俺はそこにベットするぜ! 1月28日に行くぜ!」ってなって。で、録って。

    増田:デモをね。『オッドタクシー』チームへのプレゼン用のデモを録ったんですよね。

    METEOR:そう。それで結構最初、いろんな声で録って。で、この声で録ろうかなって。今の自分の。そしたらPUNPEEが「ちょっとオクターブ、上げた方がいいかもしれない。なぜならアニメってコミカルだから」って。それで録ったら……。

    増田:ちょっと誇張するぐらいがちょうどいいみたいなね。「僕、ドラえもん」みたいな。

    METEOR:そうそう。あの矢野のラップだったら「痛え、痛えって言ってんだ♪」みたいな、割とフロウしているっていうか。ケツでカチッと文字をはめているみたいな感じだったんだけども。それで通りまして、本番に言ったら木下麦監督に「ヤノはプロのラッパーじゃないから。ゆったりと韻を踏む……言葉遊びしてる感じでお願いします」って言われて。

    増田:なるほどね。日常の流れの中の……みたいな。

    METEOR:そうそう。それが結果、よかったっていう。

    増田:それで、言ったらアニメが放送して。反響はどうですか?

    METEOR:反響なんて最初、見れなくて。『オッドタクシー』っていうワードをミュートしていて。「METEOR」もミュートしていて。

    増田:怖くて?

    METEOR:怖くて。なぜなら最初、出来上がった第7話。ヤノ登場のところを見た時に、他の声優さんと違和感がありすぎて。結構自分が割と……。

    増田:浮いているみたいな?

    METEOR:そうそう。「ちょっとこれはきついな」と思ったんで。で、もう暫く……3年ぐらい身を隠すかって思って。

    増田:だいぶほとぼりが冷めるまで……。

    METEOR:そうなんですよ。そしたら、これがまさかの大人気で。びっくりしました。

    増田:フォロワーとか、増えた?

    METEOR:フォロワー、7倍ぐらいになったんじゃないですかね?

    増田:そんなに? 今、何人ですか?

    METEOR:9000人ぐらい。8700人ぐらい。

    増田:すごい! たぶんアニメの前、4000人とか?

    METEOR:うん……2倍でした(笑)。すぐ嘘つくっていうね。盛る癖があるっていう(笑)。

    増田:いや、でもすごいよ。

    METEOR:いや、ありがとうございます。本当に。

    増田:自分らも『オッドタクシー』さんのおかげやと思うんすよね。

    METEOR:いやいや、もういろんなおかげですよ。やっぱり民衆のおかげですよ。

    増田:地球のおかげ。宇宙の。

    METEOR:宇宙の。

    増田:酸素。

    METEOR:酸素(笑)。とりあえずね、もう今、『オッドタクシー』のパワーっていうのは目を閉じれば感じますよ。「風が来てるな!」っていう。

    増田:この間ね、試写会に行かせていただいたんですよね。劇場版の。

    平林:はいはい。そうですよね。先週、あったんですよね。

    増田:その後ね、もう俺は夢のようで。終わった後、夕方やったんですけど。「ちょっと飲みに行こう」ってなって。木下さんとオムスとVaVaちゃんとMETEORくんと堀井さん。関口の役の。だからヤノと関口が居酒屋で揃っていたんですよ。これはもう、ファンの人からしたら……。

    METEOR:垂涎モノ。

    増田:そうですよ。

    METEOR:よだれ、垂れていたと思いますよ。写真、上げたんですけども。

    増田:ああ、写真アップした?

    METEOR:許可を取った上でインスタのストーリーズで上げたんですけども。そしたらファンの人がそれを見てよだれを垂らしちゃうから。口から落ちたそのよだれでいいねを……。

    増田:すごいですね(笑)。

    METEOR:で、「METEORさん、すいません。よだれを垂らしちゃって……」「大丈夫。画面だから。離れているから大丈夫です」って。そういう一幕がありましたね。

    増田:防水やしね。

    平林:でも、すごい一幕ですね。それは。

    増田:すごかった。堀井さんも最高の人でしたね。

    METEOR:堀井さん、相当ライトでいい感じで。ジメジメしてない。さっぱりしてる。レンくんぐらいさっぱりしている。

    平林:ああ、本当ですか?

    増田:俺は結構ジメジメ系やで?

    METEOR:いやいや、さっぱりですよ。カラッとしています。2人ともね、いい。やっぱりドライな方がいいんですよ。だって増田さんとかレンくんとか、「METEOR、あの時やってあげたよな」とか言わないじゃないですか。「あの時、仕事を振ってやったからちょっとお願いしますよ」とか。

    増田:やっていたら言うかもしれないけど。やってないから。

    METEOR:いや、やってます。やってます。後ろからこう、プラスドライバーでぐんぐんやって。ちょっとチクチクしてるなって思ったら増田さんが「お前、いくら持っているんだよ? あの時、『オッドタクシー』をやってあげたから金を出せよ」とか……言わないじゃないですか。

    増田:今のところ、言ってないね。

    METEOR:そう。チクチクしないからいいですよね。

    増田:劇場版、どうでした?

    METEOR:劇場版、最高ですね。もう、アカデミー賞を取りますよ。

    増田:なんか「劇場になるんです」っていう話を聞いて聞いたのは7、8ヶ月前ぐらいだと思うんですけど。アニメの13話以外の、アディショナルが約20分ぐらいあるらしくて。

    METEOR:うん、そうそうそう。新しいシーンがね。

    増田:それを7、8ヶ月というか、半年ぐらいかな? で、やるなんて……すごいなって。

    METEOR:「麦ちゃんは才能あるな!」っつって。この間もね、「お前はもっと自信を持て!」って……まあ説教はしなかったんですけど(笑)。

    増田:パンクブーブーのネタみたいな(笑)。

    METEOR:「さん」付けですよ。敬語ですよ。年下と言えども、激リスペクトなんで。

    増田:木下さんはめっちゃ最高ですよね。

    METEOR:物腰も柔らかいし。

    増田:でも、ちゃんとこだわりの人で。P.I.C.S.のね、神戸さんとか平賀さんも。本当にすごいですね。プロで。

    METEOR:そう。あの人たちは柔らかくてね、本当にいいんですよね。のんびりしてる。

    増田:学ぶところがいっぱいありますね。

    METEOR:いや、でも増田さんも相当柔らかいけどね。

    増田:ああ、そう?

    METEOR:うん、柔らかい。大丈夫です。

    増田:「厳しい」とかよく言われますがけど。

    METEOR:ああ、そう? ドライなんじゃないですか?

    増田:愛情がないのかもしれない。

    METEOR:ああ、でもね、お金っていうものを渡している人は、やっぱり社長とか、思われがちなんですよね。時間がないから。時間がない人はお金を渡すしかない。お金がない人は親身になる。

    増田:ああー、両方ほしい。

    METEOR:いや、でも親身にならなくていい。忙しいから。

    増田:欲張りな人間やねん。

    METEOR:いや、欲張りな人は向こうですよ。受け手ですよ。増田さんからそうやって仕事をもらってるのに、更に親身さまで……親身な相談する、聞き上手の兄貴っていうところでもらっちゃうと、それはもう増田さんが壊れちゃうから。やっぱりある程度、ドライな方が。レンくんとかすぐ親身になっちゃってね。すぐ一蓮托生、心中するってなっちゃう。そのアーティストと一緒にね。すぐ「俺は心中する!」っていうじゃないですか。口癖が「心中」じゃん、お前(笑)。

    増田・平林:フハハハハハハハハッ!

    METEOR:口癖が「心中」だからね。そんなのはやめとけっていう。バッド入るから。だからね、「心中」なんて口癖はやめなさい。「栄光」っていう口癖にした方がいいよ(笑)。

    平林:本当に勉強になります。

    METEOR:勉強にならなすぎるよ(笑)。

    映画情報
    『オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』
    2022年4月1日公開
    公式サイト:https://oddtaxi.jp/

    番組情報

    ▶「SUMMITimes」

    放送日:毎月第4月曜日 21:00 - 22:00 O.A.

    番組URL : https://block.fm/radio/summitimes

    ヒップホップレーベルSUMMITがお送りするラジオ番組。その時々でテーマを変えて、いろんな音楽を紹介する気ままな番組です。司会者のトーク・スキルには問題アリですが、構えず楽しんで聞いてもらえたらうれしいです。

    written by みやーんZZ

    関連タグを見る:

    この記事をシェア

    あわせて読みたい

    関連する番組はこちら

    06/27 UPDATE
    日本のヒップホップレーベルSUMMITのプログラム
    増田 “takeyan” 岳哉Ren “Reny” Hirabayashi

    SUMMITimes #110

    今回はニューアルバム「ALONE」を発表し、先日ワンマンライブを終えたOMSBをゲストに迎えてお送りします!

    2022/06/27 21:00
    |
    60 min

    TOP NEWS

    06/27 UPDATE
    カワムラユキがお送りするチルアウトプログラム
    カワムラユキ

    shibuya OIRAN chill out Radio EPISODE 32。Chillout Music For Vacation第7弾、京都嵐山を舞台に選曲&トークを繰り広げます。

    2022/06/27 23:00
    |
    60 min
    06/27 UPDATE
    TOKYO's NO.1 HIP HOP RADIO
    Yanatake渡辺志保

    沖縄から唯一無二の個性を放つラッパー、MuKuRoが1stアルバム「The 1st」を引っさげて番組初登場!
    Beyoncé サプライズ新曲/BET AWARDS速報

    2022/06/27 22:00
    |
    60 min
    06/27 UPDATE
    日本のヒップホップレーベルSUMMITのプログラム
    増田 “takeyan” 岳哉Ren “Reny” Hirabayashi

    SUMMITimes #110

    今回はニューアルバム「ALONE」を発表し、先日ワンマンライブを終えたOMSBをゲストに迎えてお送りします!

    2022/06/27 21:00
    |
    60 min