「サマーソニックフェスティバル2018」出演アーティストは? 日程は? 気になる最新情報をお届け!

サマーソニックフェスティバルとは?
SHARE
2018.06.30 15:47

サマーソニックフェスティバルとは?


あなたは、サマーソニックフェスティバルをご存知だろうか。サマーソニックフェスティバルとは、毎年8月に千葉と大阪で開催される、都市型ロックフェスティバルのことである。今回は、サマーソニックフェスティバル2018の開催日や出演アーティストなどの、最新情報をお届けする。


サマーソニックフェスティバル2018の日程


サマーソニックフェスティバル2018の開催日は、8月18日(土)と8月19日(日)の2日間。東京会場と大阪会場の2箇所で、それぞれ同時に開催される。東京会場は海浜幕張から徒歩15分の「ZOZOマリンスタジアム」と海浜幕張駅から徒歩7分の「幕張メッセ」、大阪会場は地下鉄コスモスクエア駅からシャトルバスが出ている「舞洲SONICPARK(舞洲スポーツアイランド)」を予定している。東京会場、と言っても幕張メッセなので、正確には千葉会場だ。

 

幕張メッセは両日ともに午前9時開場、11時開演、舞洲SONICPARKは両日ともに午前10時開場、11時開演となっている。




サマーソニックフェスティバル2018の出演アーティスト


サマーソニックフェスティバル2018に行きたいと思っている人にとって、1番気になるのが出演アーティスト。2000年に初の開催を果たした当初は、洋楽のアーティストが中心に出演していたが、現在では国内アーティストも多く参加するようになってきた。観客の世代も10代~40代と幅広く、音楽好きなら1度はお目にかかりたい、国内、国外の一流アーティストが集う。今年も、知る人ぞ知る一流アーティストが目白押しだ。

 

8月18日(土)の幕張メッセでは、Noel Gallagher's High Flying Birds(ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ)Marshmello(マシュメロ)9mm Parabellm Bullet(キューミリ・パラベラム・バレット)フレデリック、さユりなどが出演予定。


8月19日(日)の幕張メッセでは、BECK(ベック)Chance the Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)NICKELBACK(ニッケルバック)Alessia Cara(アレッシア・カーラ)ちゃんみな、George Clinton & Prliament Funkadelic(ジョージ・クリントン・パーラメント・ファンカデリック)などが出演予定。


8月18日(土)の舞洲SONICPARKでは、Mike Shinoda(マイク・シノダ) of LINKIN PARK、RIRI(リリ)Tom Misch(トム・ミッシュ)WALK THE MOON(ウォーク・ザ・ムーン)THEORAL CIGARETTES(ジ・オーラル・シガレッツ)などが出演予定。


8月19日(日)の舞洲SONICPARKでは、never youg beach(ネバーヤングビーチ)The Bloody Beetroots(ザ・ブラッディ・ビートルーツ)Friendly Fires(フレンドリー・ファイアーズ)Dream Wife(ドリーム・ワイフ)Pale Waves(ペール・ウェーヴス)向井太一などが出演予定。

 

ここで注目したいのが、1日目の幕張メッセに出演したアーティストの多くが、舞洲SONICPARKの2日目に参加するという点だ。どうしても見たいアーティストがいるのに、1日目に外せない予定が入ってしまった場合などは、思い切って別会場の2日目のチケットを取ってみてはいかがだろうか。

 

また、現在参加が発表されているアーティストはほんの一部であり、まだ参加が決定していないアーティストもたくさんいる。そのため、今後更新される情報にも目が離せない。





チケットの予約方法


サマーソニックフェスティバルに初めて参加する場合、チケットの予約方法のチェックも必須だ。開催されるのが8月だからといって、油断していてはいけない。すでに第1弾、第2弾のチケット予約が終了しており、直前に購入するのは危険である。購入しようと思ったときには売り切れていた、なんて事態を防ぐためにも、早めの予約をおすすめしたい。

 

現在購入できるのは、e+(イープラス)とO-チケの予約サイトだ。いずれも電話でのチケット受け付けはないので、公式サイトにアクセスして会員登録をし、購入する必要がある。あらかじめアカウントをとっておき、余裕をもってチケットを購入しておこう。


photo:

http://www.summersonic.com/2018/

https://www.facebook.com/pg/summersonicfestival/photos/?ref=page_internal


written by 編集部

SHARE