鈴木京香がtofubeatsの「水星」を歌う。30周年記念EPにオフィシャルカバーが収録

鈴木京香の芸能生活30周年を記念して、藤井隆プロデュースのEP『dress-ing』が発売。tofubeatsの新アレンジによる「水星」が収録されている。
SHARE
2019.02.27 04:15

芸能生活30周年を祝いtofubeats(トーフビーツ)のヒット曲「水星 feat.オノマトペ大臣」を女優、鈴木京香がカバー。




藤井隆プロデュース、DE DE MOUSEも参加した鈴木京香のアニバーサリーEP『dress-ing』に「水星」カバーが収録



和モノレアグルーヴとして世界的な流行を見せ、tofubeatsがカバーしたことでも話題の竹内まりや「Plastic Love」。1985年に発売された楽曲を、トレンディなバイブスはそのままにディスコ、ガレージ、シティポップをテン年代に復刻、アップデートするtofubeatsがカバーする構図は、音楽ファンにとっては待ち望んでいた展開だっただろう。


【関連記事】

tofubeats、竹内まりや「Plastic Love」カバーリリースに先駆け、Future Funkリミックス版「PLA棒愛」公開


tofubeats、話題を呼んだ竹内まりや「Plastic Love」カバーを限定7インチ盤でリリース



その逆説的発想で、今年女優業30周年名女優、鈴木京香がtofubeatsの代表作「水星」のカバーを発表。平成元年デビューの鈴木京香の芸能生活30周年を記念して、藤井隆が“女優 鈴木京香”を全面プロデュース。「水星」のカバーを収録したEP『dress-ing』を本日2月27日にリリースした。


EPは3曲入りとなっており、藤井隆と親交のある冨田謙、DE DE MOUSEが参加。3曲目に収録された「水星」はtofubeatsの新アレンジによるものということで、超豪華な布陣となっている。




 
 




今までの「水星」と(たぶん)平成最後の「水星」


「水星 feat.オノマトペ大臣」はキャッチーでレトロなメロディが印象的なtofubeatsの出世作。マニアックなダンスグルーヴを掘る神戸のディガーが、コアな音楽ファンだけでなく、“平成のトラックメーカー”として全国的に名を馳せることになった楽曲であり、幅広いリスナーに親しまれている。

「水星 feat.オノマトペ大臣」の元ネタはテイトウワプロデュースKOJI1200(コージ・トゥウェルブ・ハンドレッド)の1996年リリース「ブロウ ヤ マインド 〜アメリカ大好き」(タイトルがヤバすぎる)。90年代、和モノのネタ使いに、tofubeatsのクリエイティビティの根源を見ることができる。


 

KOJI1200はかの今田耕司が浜田雅功と小室哲哉によるH Jungle with tの「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」の大ヒットに影響され、テイトウワとユニットを組んだプロジェクトだ。代表曲「Now Romantic」は藤井隆もカバーしており、この頃からtofubeatsと吉本、ダンスミュージックのつながりを感じる。やっぱり関西のキッズに吉本はマストなんだね。




そしてKOJI1200の「ブロウ ヤ マインド 〜アメリカ大好き」から15年、「水星 feat.オノマトペ大臣」が2011年にリリース。多くのリスナーを魅了し、オリジナル以外に女性アーティストによるリミックスやカバーが存在しているのも特徴だ。


代表的なオフィシャル作品としては2018年にBECK(ベック)のアルバム『Colors』に参加し、紅白出場も成し遂げたネット発のニューヒロイン、DAOKO(ダオコ)の「水星」や、「水星 feat.オノマトペ大臣」MVに出演したシンガーソングライター仮谷せいらのボーカルバージョン「水星(Young & Fresh mix)」がポピュラー。


 
 




そして今回、藤井隆とtofubeats、そして平成の名女優、鈴木京香がチームアップし、平成最後の「水星」が誕生した。鈴木京香はラップパートをポエトリーリーディングしており、その透明感のある声で読み上げられる言葉から、詩的で叙情的な世界観が広がる。名フックを優しくしっとりと歌い上げる艶やかな「水星」は必聴だ。ハイレゾヘッドフォンで聴きたい。そしてそのまま眠りにつきたい。


 

西暦表記ではなく、平成31年という元号表記も抜け目ない。平成も残すところあとすこし、tofubeatsの竹内まりや「Plastic Love」カバーと、鈴木京香による「水星」カバーで、昭和〜平成歌謡をトリップしてみては。





鈴木京香

『dress-ing』


【収録楽曲】

    1: 海岸線より

  作詞 鈴木京香 作曲・編曲 冨田謙

    2: わたしの左岸

  作詞 鈴木京香 作曲・編曲 DÉ DÉ MOUSE

    3: 水星

  作詞 鈴木京香

                 オノマトぺ大臣・tofubeats

  作曲 tofubeats

        ※tofubeats 新アレンジによる水星カバー


仕様:CD+32P特製ブックレット+スリーブ

本人から応援していただいている皆さまへメッセージカード封入


価格:¥2,700(税込)¥2,500(税抜)

品番:YRCN-90295

発売元:SLENDERIE RECORD / よしもとミュージックエンタテインメント




SLENDERIE RECORD OFFICIAL WEBSITE

https://slenderierecord.futureartist.net/



タワーレコード

https://bit.ly/2BTX0yX


Amazon

https://amzn.to/2XnD1Su



お問い合わせ

株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー 


©SLENDERIE RECORD


▶発売記念お渡し会開催決定!

日時:2019年3月2日(土) 13:00スタート

会場:タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」     

アクセス: http://tower.jp/store/kanto/Shibuya

出演:鈴木京香(司会:藤井隆) 

※参加方法などイベント詳細は決定次第、スレンダリーレコードHPにて発表致します。 

https://slenderierecord.futureartist.net/


written by Tomohisa“Tomy”Mochizuki


photo:SLENDERIE RECORD YouTube



SHARE