『ストレンジャー・シングス』のキャスト達が現実でも男の子を救う!! ファンの寂しい誕生日を祝福

ファンの男の子がストレンジャーシングスをテーマにした自身の誕生日パーティを開催。しかし招待したクラスメイトが1人も来ない事態に。
SHARE
2018.04.04 11:00

昨年、作品賞をはじめとするエミー賞主要5部門にノミネートされたNetflixオリジナルドラマ、『Stranger Things(ストレンジャー・シングス)』。物語の中心となるキッズたちが救ったのはホーキンスの田舎町だけではないようだ。これは現実の世界で、エルことイレブンを演じるMillie Bobby Brown(ミリー・ボビー・ブラウン)と、劇中のムードメーカー、ダスティン役のGaten Matarazzo(ゲイテン・マタラッツォ)があるファンの男の子を元気づけた話。



「エル」と「ダスティン」がTwitterで誕生日を祝福。「来年は招待してね」「おいおい。僕も入れてくれよ」


熱心なストレンジャー・シングスのファンであるアーロンくん。彼は自身の誕生パーティを企画し、クラスメイトを招待した。バースデーパーティのテーマはもちろんストレンジャーシングス。裏の世界に連れ去られてしまったウィルと母親のジョイスが交信するための電飾を模したデコレーションで部屋を飾り付け、ドリンクには、裏の世界の生命体「デモゴルゴン」の血を用意。(そいつを飲むのはやばいよアーロン)といった具合にめちゃくちゃ気合い入れて準備したにも関わらず、当日、同級生たちが現れることはなかったそうだ。そんなことあるの? 不憫に思った男の子の姉が、その様子をツイッターにポストした。



このポストが世界中の『ストレンジャー・シングス』フォロワーのTLを駆け巡り、エルがリアクション! 「なんで誘ってくれなかったの? 来年は招待してね? 」




劇中きってのパーティボーイ、ダスティンも加わり“チョコレートプディング”で援護。


こんな風に相手に気負わせることなく、傷付けることもなく元気づけるって素敵だよね。すごくセンシティブな事なのだけれど、それを平然とやってのける。そこにシビれる! 憧れるゥ! すっかり笑顔を取り戻したアーロンくん。お姉ちゃんも嬉しそうだ。



Netflixオフィシャルアカウントも反応! ついに“あの男”がアーロンくんの誕生日を祝う


本稿作成時点で、アーロンくんのお姉ちゃんのツイートは29万を越える「いいね」と6万回以上のリツイートを獲得している。5,000を越える祝福のリプライが寄せられ、アーロンくんは結果的に世界一幸せなバーズデーボーイとなったのだ。さらに、Netflixのオフィシャルアカウントもアーロンくんをお祝いするスペシャルビデオを用意。ホーキンスの町を守る、頼れる男ホッパー署長がメッセージを送った。うらやましいぜ。




男の子を元気づけた人々の無償の優しさ


このニュースで肝心なのは、見知らぬたった1人の男の子のことを思ってたくさんの人が動いたことだ。何の見返りもない、純粋に優しい世界がそこにはある。エルもダスティンも、ホッパーも、アーロンくんの姉ちゃんもみんな思いやりにあふれている。来なかった友達だって、今回の件で何か思うことがあったはずだ。アーロンくん、来年もきっと幸せな誕生日が過ごせるといいね。





大人こそ楽しめるドラマ『ストレンジャー・シングス』に学ぶ


『ストレンジャー・シングス』は少年たちの友情と家族の絆が物語の軸だ。そこに見返りは存在しない。少年期特有の複雑な感情と愚直なまでの好奇心、行動力。環境はまるで違っても、誰しもにある少年期のノスタルジーを沸き立たせてくれる。気づくとその不思議で奇妙な『ストレンジャー・シングス』現象にハマってしまうのだ。まだ観ていないひとはぜひNetflixで視聴してみてほしい。本稿と地続きの友情と感動が味わえるはずだ。いよいよ、シーズン3の断片的な情報も出始めたので、楽しみは膨らむばかりである。最後に、余談ではあるが出演キッズたちのギャラもシーズンを追うごとに膨れあがっているそうだ。








参考:

https://www.huffingtonpost.com/entry/stranger-things-birthday-party_us_5ab22240e4b0decad0456162


Written by TOMYMOCHIZUKI

Photo: Melvin Thambi on Unsplash,ABC NEWS

SHARE