たった16歳で、全米の大人気バンドにギタリストとして加入した心境は!? 驚異の19歳、Steve Lacy(The Internet)の魅力に迫る

躍進を続けるOdd Futureの若手バンド、The Internet。そのメインギタリストを務めるのは、なんと若干19歳の少年だ。ソングライティングなどもこなす彼の魅力に迫る。
SHARE
2018.02.13 02:30

2015年にリリースされた「Ego Death」がビルボードチャートで初登場9位を獲得し、The Internet(ジ・インターネット)は全米に、ひいては全世界に名を知られるようになった。


ディジーな世界観に思わず呑み込まれてしまう彼らの楽曲は、もちろん比類ない素晴らしさがあるが、このアルバム発売と同時に驚かされたのは新メンバーの存在だった。


メインギタリストを務める19歳、Steve Lacy


「Ego Death」


左端で屈託のない笑顔を浮かべているのが今回紹介するSteve Lacy(スティーブ・レイシー)だ。バンド加入時の年齢が16歳、まだ高校に通っていたというからさらに驚かされる。その後、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)やTyler The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)ともコラボするなど、多方面で活躍している。そんな彼にフォーカスが当たり、インタビューが敢行された。


高校生当時であったのに、全米で人気のバンドに加入して驚くことが多かったのではないか、との問いに「いや、全然。周りの反応があったのはもっと後のことだったと思う。卒業してからは"ワオ!"って感じだったよ」と応えた。意外にも校内では、加入したことはおろか、バンドの存在自体あまり知られていなかったそう。


彼が卒業するまではツアーに出ない、というバンドの方針があった。早く卒業したいと思った?と聞かれ、「なんとなくは。でも、高校生活を楽しみたかった。家庭教師を雇ってツアーに出ることもあるんだろうけど、僕はセレブじゃないし、プロムにだって行きたかったからね」と、普通の高校生らしい一面も持ち合わせていることを明かした。


ソングライターとしての才能も発揮する


2017年に入ってから、バンドとしての今後の活動の幅を広げるため、という名目でメンバーそれぞれがソロ作に専念することに。Steveも「Steve Lacy's Demo」をリリースし、楽曲すべてをiPhoneに録音したというその斬新な作曲方法でも注目を集めた。



「バンド内でそれぞれのソロ作を作ることが決まるまでは、ソロ活動をしようなんてまったく考えたことがなかった」とSteveは話した。「Matt(Matt Martians、マット・マーシャンズ、The Internetのメンバー)におまえは歌うべきだって言われたんだ。僕はそんなことしたくなかったけど、彼が、おまえなら絶対ひとりでできるんだから、ってさ」と、無理矢理に近い形で気持ちをソロに集中させたそう。


「僕は恋する少年なんだよ。知らない人に出会ったり、辛いことを乗り越えることだったりが一番の刺激になってるかな」と自身の歌詞表現についても語った。


クリエイター紹介番組、TEDx Teenにも出演


さまざまな分野のクリエイターが自身の職業についてプレゼンし、その魅力を伝えるビデオコンテンツ「TEDx Teen」に、昨年彼もソングライターとして出演した。


「楽しそうだからやってみたけど、ものすごく緊張したよ」と話し、「ステージに立つときはいつでも緊張するよ。みんな僕のことを嫌うんじゃないかって、未だに思ってるからね。いつでも悪い方悪い方に考えてしまう」と、実はかなり気弱であることを吐露した。


今後、また新たにソロ作に取り掛かることは考えられるかとの質問には、「今のところはないかな。プロデューサー業に集中したいしね。どんどんソングライティングスキルを伸ばしていきたい」と回答している。


2月9日に発表されたRavyn Lenae(レイヴン・レネー)の新EP「Crush」のプロデュースを担当し、フィーチャリングをしている曲もある。




十分にSteve節が感じられる内容で、気づけば一緒にシンガロングしてしまうハミングも心地いい。


現在、The Internetのニューアルバムの制作にも取り掛かっているそう。ツアーも重ねており、今年1月には来日もしていた。新作にも期待がかかる。


ミレニアル世代にとっては、誰もが憧れてしまうような存在であっても、なんと言ってもまだ19歳だ。誰にでもある恐怖や不安と闘いながら、ステージに立っている。そんな目に見えない部分を赤裸々に語る彼は、実に謙虚で愛される人柄を持ち合わせている。ソングライターとしての器量だけではなく、そのチャーミングさが多くの人を惹きつけるのだろう。


参考元:

https://acclaimmag.com/music/steve-lacy-interview-the-internet/#0


Written by Kenji Takeda

Photo:Allmusic

SHARE