SPOTLIGHT:イギリスのヒップホップ/ソウルシーンに現れた新しいデュオ、Mr Jukes & Barney Artist

block.fmがスポットライトを当てたい海外アーティストを紹介するミニインタビューシリーズ【SPOTLIGHT】。アップリフティングなニューアルバム『The Locket』をリリースしたMr Jukes & Barney Artistにインタビューをおこなった。
SHARE
2021.08.05 09:00

Bombay Bicycle Club(ボンベイ・バイシクル・クラブ)のフロントマンJack Steadman(ジャック・ステッドマン)のソロプロジェクトであるMr Jukes(ミスター・ジュークス)と、イギリスのヒップホップとソウルシーンで注目のラッパーBarney Artist(バーニー・アーティスト)によるデュオ、Mr Jukes & Barney Artist。


そんな彼らが8月6日にニューアルバム『The Locket』をリリース。ジャズ、ソウル、ヒップホップなどが混在した、イギリスのサウンドが味わえるアップリフティングな作品となっている。


アルバムのリリースを記念して、一緒にアルバムを制作することになったきっかけ、アルバムに参加したKofi Stone(コフィ・ストーン)との楽曲について、認めたくないけど実は好きなものや今年嬉しかったニュースについて答えてもらった。


***



ー今あなたはどこにいて、何時ですか?どんな環境でこのインタビューに答えてくれていますか?


Mr Jukes:イギリスのジュラシックコースト(イングランド南部のイギリス海峡に面した海岸)で僕のキャンピングカーの中にいるよ。小麦畑と海が見えていて、もう夕方で寝る準備をしてる。


Barney Artist:家の向かい側にある公園にいるよ。朝10時半でとても平和。


ー新しいファンへ、あなたのサウンドについて教えてください。


Mr Jukes:A Tribe Called Quest(ア・トライブ・コールド・クエスト)のような90年代のアメリカンヒップホップとKano(カノ)のようなモダンなUKアーティストのミックス。


Barney Artist:僕のサウンドは、ロンドンのエネルギーが強いジャズをルーツを持つヒップホップ。感情的でバイブスも盛りだくさん。


ーアーティストになったきっかけを教えてください。


Mr Jukes:13歳の時に、学校で誰もベースを弾いてなかったから習い始めた。弾けるようになれば自分に需要があると思っていたんだよね。始めてみたらベースが得意だと気づいて、それからさらに音楽にのめり込むようになったんだ。


Barney Artist:自分の作ったストーリーを他の人にもシェアしたかった。言葉から絵を描くことも大好きだよ。


ー新しいファンに一番最初にオススメする楽曲は?


Mr Jukes:「Blowin’ Steam(Open Up Your Mind)」。Barney Artistと初めて一緒に制作した曲で、考え過ぎずにナチュラルに制作できた曲。2人で想像していた音を表現できたよ。


Barney Artist:「Vibrate」はムードを上げるのにオススメ。とても楽しくて、僕とJackの関係が伝わる曲だ。



ー一緒に制作することになったきっかけを教えてください。また、制作中の面白いエピソードがあれば教えてください。


Mr Jukes:元々Barney Artistのファンで、一緒に曲を作りたくて連絡したんだ。すぐ友達にはなったけど、数年間は真剣に音楽を作ってなかった。ふだん一緒にいる時はチルアウトしたり、ストーナー映画(大麻を吸う人が好きそうな映画)を見てた。


Barney Artist:Jackから最新アルバムの最後のバースをやって欲しいと連絡がきて、会った瞬間にブラザーズと言えるほど仲良くなったよ。ロックダウンになって、2人でソーシャルバブルを作った結果、アルバム『The Locket』ができたんだ。


ーKofi Stoneも参加した曲「Check The Pulse」について教えてください。


Mr Jukes:僕らが一番好きなグループ(A Tribe Called QuestやThe Roots)はMCが2人いるから、同じようにMCが2人いる曲を作りたかった。BarneyとKofiの声のコントラストが素晴らしくて、リスナーにも聴きやすいと思う。ジャズバンドのある2人の楽器プレイヤーが別々でソロパフォーマンスをする感じだよ。


Barney Artist:元々Kofiは僕の友達で、最後のツアーのサポートアクトも務めた素晴らしいラッパー!JackとはCypher(サイファー)のようなトラックを作りたいと思っていて、Kofiがそのフィーチャリングにピッタリだったんだ。



ー今年嬉しかったことはなんですか?


Mr Jukes:パパになること。


Barney Artist:観客の前でパフォーマンスすること。パフォーマンスが恋しくて、嬉しかった。


ー認めたくないけど実は好きなものはありますか?


Mr Jukes:タラマサラタ(魚の卵とマッシュポテトのペースト)を乗せたクランペット。


Barney Artist:実はABBAの大ファンなんだ。


一番印象的だった出会いを教えてください。


Mr Jukes:最新のBombay Bicycle ClubのアルバムをプロデュースしたJohn Congletonに細かいところを気にしないように教えてもらった。自分が重要だと思っていてもほとんどの人はそれに気づかない、ってことを忘れやすいから。


Barney Artist:Jackだね。彼のエネルギーとフレンドシップは永遠に宝物。とても才能ある人で彼と一緒に制作できてとても勉強になった。彼に出会えてとても感謝してる。


一元気にさせる一曲を教えてください。


Mr Jukes:Deftones(デフトーンズ)の「My Own Summer」。


Barney Artist:Sister Sledge(シスタースレッジ)の「Lost in Music」。


ーありがとうございます!







【リリース情報】




アーティスト名: Mr Jukes & Barney Artist

(読み:ミスター・ジュークス・アンド・バーニー・アーティスト) 

タイトル名:The Locket(ザ・ロケット)

発売日:2021 年 8 月 6 日(金)

レーベル:Virgin Music Label & Artist Services

試聴/購入: https://virginmusic.lnk.to/Vibrate


<トラックリスト>

1.The Locket 

2.Blowin Steam (Open Up Your Mind) 

3. Poems 

4.Déjà Vu 

5. Vibrate 

6. Autumn Leaves (feat. Lex Amor) 

7.All For You 

8.Check The Pulse (feat. Kofi Stone) 

9.Leaving Us In Light 

10. Gratitude


【プロフィール】

Bombay Bicycle Clubのフロントマンとしても知られてるJack Steadmanのソロ・プロジェクトMr Jukesと、Tom MischやAlfa Mist等と楽曲制作を行うイースト・ロンドンのラッパーBarney Artistによるプロジェクト。2021年8月、Mr Jukes & Barney Artistとしてコラボレーション・アルバム『The Locket』をリリースする。


Written by Amy 






SHARE