Spotify、音楽業界支援を目的にした「COVID-19 MUSIC RELIEF」プロジェクトを始動!

1000万ドル規模の寄付を始め、総力をあげて新型コロナウイルス禍に直面している音楽業界を支援する。
SHARE
2020.03.26 03:00

音楽ストリーミングサービスのSpotifyが、世界的な感染拡大を見せる新型コロナウイルスの影響により、経済的にも重大な被害を受けていることが報告されている音楽業界の支援を目的にしたプロジェクト「COVID-19 MUSIC RELIEF」を開始した。



Spotify「COVID-19 MUSIC RELIEF」始動、音楽業界への寄付を募る 


 このプロジェクトではMusiCares、PRS Foundation、Help Musiciansといった3つの音楽業界の支援団体に向けた直接寄付を特設サイトにてユーザーから募り、Spotifyはその集まった寄付金額と同額の寄付を行う(寄付金額の上限は1000万ドル、日本円で約11億1185万円に設定)。 さらに今後、サービス内のアーティストページにユーザーが直接アーティストに寄付を行える機能の追加や、公共の健康関連団体と連携し、寄付のための広告の表示、新型コロナ関連ニュースや健康情報などをユーザーに向けて発信していくという。




傘下の関連サービスでも業界支援施策がスタート 


また傘下の関連サービス、音楽制作者のマーケットプレイス「SoundBetter」とポッドキャスト配信サービス「Anchor」でも通常、サービス側が受け取る収益をアーティストやクリエイターたちに期間限定で還元。さらに都市封鎖による休校により、教育機会が損なわれている学生たちに向けて、クラウドベースのオンライン音楽教育ツール「Soundtrap for Education」の無料トライアル期間を延長することが発表されている。  


なお、音楽ストリーミングサービスではSoundCloudやMixcloud、販売プラットフォームでは先週のbandcampに引き続き、Beatportが新たに業界支援のための施策を打ち出している。


Spotifyによる「COVID-19 MUSIC RELIEF」の詳細はリンク先にて。 


関連記事:

SoundCloudとTwitchが提携、アーティストがライヴストリーミングで収益化可能に

Mixcloud、クリエイター向け収益化プログラム「Mixcloud SELECT」全収益の還元を発表

Beatport、24時間ライヴ配信イベント「ReConnect」実施! Nina Kraviz、Carl Coxら24組が出演 


written by Jun Fukunaga 


source: 

https://covid19musicrelief.byspotify.com/en-us 

https://artists.spotify.com/blog/spotify-covid-19-music-relief


photo: Spotify Twitter



SHARE