スペインで実施の5000人規模のソーシャルディスタンスを確保しない音楽イベント、コロナ陽性6人という結果に

感染病専門家はイベント中に感染が起こったことを示唆するものはないと明言。また「スーパースプレッド」の場とはならなかったとの見解示す。
SHARE
2021.04.29 02:00

先月27日にスペイン・バルセロナにて、5000人規模のソーシャルディスタンスを確保しない音楽イベントが実験的に行われたが、このほどその実験の結果が明らかになった。



感染病専門家が「コンサート中に感染が起こったことを示唆するものはない」と明言 


1万7000人収容可能な会場の「Palau Sant Jordi」で行われたイベントは、スペイン政府と会場の試験プロジェクトでコロナウイルス研究の一環として行われたもの。コロナウイルス感染を判定する迅速検査システムを利用することで、大規模イベントでのコロナウイルス発生を効果的に防ぐことが可能かを検証する目的で行われた。 


新型コロナウイルスの流行発生以降のヨーロッパで最大の屋内ロックコンサートとして注目を集めた同イベントには現地の人気インディーズロックバンド「Love of Lesbian」が出演。AFPの報道によるとイベントでは、観客は全員、事前に集団スクリーニングと抗原検査を受けており、イベント後には集団検査は行われなかったが、その後15日間で陽性反応が出たと申告した人は6人だけだったという。


関連記事:スペインで5000人規模のソーシャルディスタンスを確保しない音楽イベントが行われる

実験に関わったバルセロナ近郊にある病院の感染病専門家Josep Maria Llibre氏は記者会見で、「コンサート中に感染が起こったことを示唆するものはない」と明言。大規模な集団感染が起きる「スーパースプレッド(超拡散)」現象の場とはならなかったとの見解を示している。また、観客の中に新型コロナウイルスワクチン接種を受けた人はいなかった。

また、Llibre氏によると、陽性反応が出た6人のうち4人は、イベント中に感染したわけではなかったことが確実とみられているという。イベントでの感染対策策定に関わったウイルス学者のBoris Revollo氏も残りの2人がイベントで感染した可能性は完全には否定できないとしたものの、そうでなかった可能性は「非常に高い」と述べていることから、このような形での開催であれば、音楽イベントでの感染リスクを大幅に下げられることが明らかになった形だ。

すでにスペインでは昨年末に今回のイベントと同様の形の1000人規模のソーシャルディスタンスを確保しない音楽イベントの実験が行われており、その際の新規感染者が0人だったことも報告されている。バルセロナのJaume Collboni副市長は、今回の実験結果について、新型ウイルス対策の制限緩和と文化活動の再開が可能であることを示すものだとの見解を示している。


関連記事:15分で完了するコロナウイルス検査実施のソーシャルディスタンスを確保しない試験イベント、コロナ感染者数は0



新型コロナウイルスのワクチン接種回数は全世界で10億回を突破


NHKによると現在、新型コロナウイルスのワクチン接種回数は、今月24日の時点で全世界で10億回を超えている。BBCによると世界のクラブカルチャーを牽引するシーンを持つもロックダウンによりシーンの停滞を余儀なくされていたイギリスでは、4月初旬の時点で1度目の接種を受け終えた人は3140万人に上る。これは約6700万人の人口のイギリス国民のおよそ半数にあたる数字だ(統計局によると2日には24万6631人が2度目の接種を受け、計520万人になっている)。


また、News Weekによるとワクチン摂取が進み、同国では感染者数が激減していることから、全人口の8割を占めるイングランドでは4月12日にロックダウンを緩和。イギリス政府は今年2月にロックダウンを段階的に緩和していくロードマップを示しており、それによると1年以上、営業自粛を余儀なくされていたナイトクラブの営業も6月21日より再開できる見通しだ。そのことから、最近では同国で行なわれる夏以降のフェスなど大規模イベントやクラブの営業再開の告知も見られるようになってきた。



スペインだけでなくイギリスでも事前・事後に検査を行う実験イベントを実施


それに先駆けてリヴァプールでは、4月30日と5月1日に各日程で3000人を収容するトライアルイベントが開催される。このイベントは政府のイベント研究プログラム(ERP)がクラブ環境とコロナウイルスの蔓延の関係性を調査することを目的に実施されるもの。スペインの実験イベント同様に参加者は事前に迅速検査を受けた上で参加し、イベント後に2回目の検査を受ける必要があるとのことだ。


一方、日本では4月25日から4都府県を対象にした3回目の緊急事態宣言が発令されたことを受け、クラブやライブハウスほか、映画館など多くの文化施設が再び営業自粛を余儀なくされている。そのことを考えるとこれまでにスペインで行われたような事前・事後の検査を課した実験イベントは、日本のライブエンタメシーンにとっても今後の感染リスクと安全性を考える上でも必要なのではないだろうか? スペインやイギリスのように行政がこのような取り組みを行うことに期待したい。


written by Jun Fukunaga


source:

https://www.afpbb.com/articles/-/3344312

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210426/k10012997771000.html
https://www.bbc.com/japanese/56629391#:~:text=%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%81%AE%E7%B5%B1%E8%A8%88%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B,%E4%B8%87%E4%BA%BA%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/04/post-96158.php

https://www.bbc.co.uk/news/uk-56158405

https://djmag.com/news/covid-safe-trial-club-event-liverpool-announces-fatboy-slim-jayda-g-blessed-madonna-more


photo: Festardor Oficial




SHARE