スペインで5000人規模のソーシャルディスタンスを確保しない音楽イベントが行われる

大規模イベントでのコロナウイルス発生を効果的に防ぐことが可能かを検証する目的で行われた。
SHARE
2021.04.01 03:00

スペイン・バルセロナで、3月27日に5000人規模のソーシャルディスタンスを確保しない音楽イベントが実験的に行われた。

指定検査センターでの迅速検査、会場内ではマスク着用を義務付け 


1万7000人収容可能なPalau Sant Jordiという会場で行われたイベントは、スペイン政府と会場の試験プロジェクトでコロナウイルス研究の一環として行われたもの。コロナウイルス感染を判定する迅速検査システムを利用することで、大規模イベントでのコロナウイルス発生を効果的に防ぐことが可能かを検証する目的で行われた。

チケット保有者は指定された検査センターで検査を受ける必要があったが、検査をパスした入場者はマスクの着用は義務付けられたものの、ソーシャルディスタンスを確保することなく、地元のインディーロックバンド・Love of Lesbianのパフォーマンスを楽しんだ。



スペインでは昨年にもソーシャルディスタンスを確保しない実験イベントを実施


スペインでは昨年末にもPrimavera Soundによって、コロナウイルス感染を判定する迅速検査を利用することでソーシャルディスタンスを確保しない実証実験イベント「PRIMACOV」が実施されている。約1000人を収容したイベントでは新規感染者が0人だったことも報告されているが、なにしろ今回のイベントの収容人数はその5倍だ。 今後、明らかになる実験の結果に注目したい。


関連記事:15分で完了するコロナウイルス検査実施のソーシャルディスタンスを確保しない試験イベント、コロナ感染者数は0



written by Jun Fukunaga


source: https://djmag.com/news/5000-people-attend-gig-barcelona-part-coronavirus-study


photo: Festardor Oficial

SHARE