SoundCloudが新たなロイヤリティ支払いモデル導入! インディーズアーティストにより公平で有利なものに

アーティストのファンベースに由来する支払いモデルによって現在よりも25%以上多く収入を得られる可能性があるという。
SHARE
2021.03.05 03:00

SoundCloudが、新たなロイヤリティ支払いモデル導入を発表した。この支払いモデルは、インディーズアーティストにより公平で有利なものになることを想定したもので、これによって、現在よりも25%以上の収入を得られる可能性があるという。

関連記事:SoundCloud、ファンがアーティストにストリーミング料金を直接支払える機能実装か!?



アーティストのファンベースに由来する新しい支払いモデルを導入 


この支払いモデルが採用する"ファンパワー(Fan-powered)"型のロイヤリティは、アーティストのファンベースに由来するものだ。


現在、主要音楽ストリーミングサービスは、"プロラタ(pro-rata)"モデルを採用しており、加入者から徴収するサブスクリプション料金をプールし、最も多くのストリーム再生をもたらしたアーティストに収益が優先的に分配されるため、収益のほとんどが世界の大物アーティストたちによって占められている。しかし、新しい支払いモデルではファンが実際に聴いているアーティストにそのファンのサブスクリプション料金が割り当てられるようになり、ファンの全体的なリスニング時間に基づきロイヤリティが分配されるようになるという(ボットやフェイク再生は無効になる)。



4月1日から導入が開始される予定 


SoundCloudのCEOであるMichael Weissmanは、業界の多くの人が何年も前から待ち望んでいたというこの支払いモデルについて「SoundCloudは、私たちのプラットフォーム上で行われるアーティストとファンの間の強力なつながりにより、この革新的な新しいモデルを提供できるユニークな立場にある」と述べている。 


新しい支払いモデルは、4月1日から導入が開始される予定で、現在SoundCloud Premier、Repost、Repost Selectで音源を収益化している約10万人のアーティスト全員が利用できるようになる。以前、この支払いモデル導入が噂された際、SoundCloudが導入した場合、主要音楽ストリーミングサービスでは初となるといわれていたが、今後は、Spotify、Apple Musicなど業界大手がこれに続く動きを見せるか気になるところだ。 


なお、この支払いモデルの詳細はこちらのリンク先で確認することができる。 


written by Jun Fukunaga 


source: 

https://www.musicradar.com/news/soundcloud-introduces-fan-powered-royalties-promising-a-fairer-and-more-lucrative-payment-model-for-independent-artists 

https://help.soundcloud.com/hc/en-us/articles/1260801306810


photo: Flickr



SHARE