Soulja Boyが遂にカムバック成功!? ニューシングル「She Make It Clap」がバイラルヒット中

2007年に「Crank That」をヒットさせダンスチャレンジの元祖とも言えるラッパー。MVにはChief Keef、Desiignerも出演。
SHARE
2021.05.05 05:00

インターネットを騒がせることが得意なラッパーの1人、Soulja Boy(ソルジャー・ボーイ)が遂にチャート上に舞い戻る“カムバック”モードに突入し、各ヒップホップメディアで話題になっている。4月にリリースしたニューシングル「She Make It Clap」はビルボードにおけるショート動画アプリ「Triller(トリラー)」のチャートでランクインを果たし、5月に入って公開されたMVも順調に再生回数を伸ばしている。






MVにはChief Keef、Desiignerも出演


2分30秒ほどの「She Make It Clap」のMVではダンスチャレンジに使われる振り付けを踊りを自らも踊り、2007年リリースの代表曲「Crank That」でも見せているスーパーマンポーズも披露。MVにはシカゴ・ドリルシーンのChief Keef(チーフ・キーフ)、「Panda」で全米1位を獲得したDesiigner(デザイナー)も出演している。


2017年には中止とはなったが、Chris Brown(クリス・ブラウン)とボクシングの試合を企画したり、2019年には逮捕。その前後にも出演したラジオ番組では旬なアーティストに対して挑発的なコメントをするも、イロモノ扱いされミーム化してしまうなど、自分の思った通りの人気を維持できなかったSoulja Boy。今回の「She Make It Clap」がきっかけとなり再びヒットメーカーとなれるか!?




過去の代表曲


2007年に世界的ヒットを生んだSoulja Boyは旬な20歳前後のラッパーからはレジェンドと呼ばれることも多い。今でこそ曲をヒットさせることで重要なダンスチャレンジにおいてもその先駆者の1人と言っていいだろう。「Crank That」の他にも2009年の「Bird Walk」のように踊らせるヒット曲を次々とリリースしてきた。



そうかと思えば「Kiss Me Thru The Phone」「Blowing Me Kisses」のような女の子ファンに向けた曲もリリースしてきた。当時彼のスタイルは“子供っぽい”と揶揄されていたが、当時聴いていたリスナーにとってはいい思い出となる曲だ。今後のリリースにも様々なスタイルを期待したいところ。



2月には14曲入りのプロジェクトを、他にもゲームやアクションフィギアを販売するなどビジネスマンとしてのアイデアはたっぷりのSoulja Boy。日本でも再び人気に火がつくかも。




written by BsideNews


source

https://www.hotnewhiphop.com/soulja-boy-unleashes-the-official-video-for-his-viral-hit-she-make-it-clap-new-video.46531.html


photo

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=317621919720884&set=pb.100044192358189.-2207520000..&type=3




SHARE